この記事の所要時間: 42

マクドナルドが、期間限定商品として「ロコモコバーガー」の販売を始めました。早速すでに食べたという人もいらっしゃるかもしれませんね。ところで、ロコモコって、何でしょう?あまり聞き慣れない人もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、そんな気になる「ロコモコバーガー」について、調査してみました。調査結果の項目としては、以下のとおりです。

  • ロコモコバーガーの特徴は?カロリーは?値段は?
  • 販売期間はいつからいつまで?販売店舗は?
  • ロコモコバーガーのクーポン配布は?食べた人の感想は?

 では、早速噂の「ロコモコバーガー」について探っていきましょう。

スポンサードリンク

ロコモコバーガーの特徴は?カロリーは?値段は?

1

 

まず、「ロコモコ」って何でしょう。何だか言いづらい?かわいい響き?なじみのない言葉、などなど、それぞれの感想があると思います。「ロコモコ」は、ハワイの料理の一つで、いわゆる日本の丼ものに近い料理です。日本では「ロコモコ丼」と表されることも多いようですね。

ロコモコ(丼)の特徴としては。ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを載せ、グレイビーソースをかけたものが基本です。ちなみにグレイビーソースとは、調理された肉から出る肉汁を元に作られるソースで、マッシュポテトにグレイビーソースをかけたものはアメリカ料理の定番として普及しているようです。ロコモコは、もともとは学生向けの安価なファーストフードだったものが、ハワイの郷土料理として定着してきているようです。

さて、ロコモコの意味が分かったところで、これをハンバーガーにしてしまったのがロコモコバーガーということですね。ハンバーグと目玉焼きが入ってるハンバーガーって今までにもあったよね?月見バーガー?という声が聞こえてきそうですが、何と言ってもロコモコバーガー、ボリュームが違います。

「2枚のビーフパティと卵を粉チーズトッピングしたマンズでサンド。グレイビーソースで仕上げ」たもの。実際の商品を見ても、挟まれた肉の枚数の多さと目玉焼きとチーズのボリューム感は一目瞭然です。とってもボリューミー、説明を見ているだけでハワイアンなにおいが漂ってきますね。

リューミーなのはいいけどその分カロリーは気になるところ。カロリーは610キロカロリー!うーん、なかなかですね。日頃カロリーを気にしている方にとっては少々近寄りがたい印象を受けてしまうほどかもしれませんね。期間限定で、ずっと食べ続けるわけではないし、おいしいものをたまには、と言い聞かせる必要があるかもしれませんね。

そんなロコモコバーガー、気になるお値段は、ロコモコバーガー単品では400円、セットは690円とのこと。単品で味わうのであればワンコインで収まるかなといったところですね。セットのお値段で考えても、他で外食することを考えても、そこまで高級、手が出せない、と言ったほどではないのかなと思います。

 

販売期間はいつからいつまで?販売店舗は?

2

期間限定、とうたわれていますが詳しくはいつからいつまで食べることができるのでしょうか。また、マクドナルドであれば全国どこでも食べることができるのでしょうか。販売期間は5月20日(金)~6月下旬の予定。全国のマクドナルド店舗(一部店舗を除く)で販売を行っています。1か月ちょっとの間に一足先にハワイの常夏気分をあなたの街で味わってしまおうというわけですね。

 

スポンサードリンク

 

ロコモコバーガーのクーポン配布は?食べた人の感想は?

3

そんな話題のロコモコバーガー、クーポンを使ってお得に食べることはできるのでしょうか。クーポンについては、公式な情報がないので、チラシのクーポンやケータイアプリのクーポンを随時チェックする必要がありそうです。マクドナルドの株主優待券をロコモコバーガーに使用することも可能なので、こちらを使ってお得に食べるのも手ですね。

そして最も気になる、実際にロコモコバーガーを食べた人の感想です。

「おいしい。中身は月見バーガーと似ているけどソースの仕上げでまた違った味に。」

⇒ロコモコバーガーの特徴として、グレイビーソースを使っていますので、そのソースが引き立てる味がまた既存のハンバーガーとは一味違ったおいしさを出しているようですね。

「めちゃくちゃカロリーが高いぞ。今日だけ、今日だけ。」

⇒やはり一番気になってしまうのはカロリーでしょうか。ハワイの料理が元になっているということもあり、日本人には高カロリーさが際立ってしまうかもしれません。夏を味わうための試練、期間限定だからこそ味わうものと割り切る必要があるかもしれませんね。

まとめ

ロコモコバーガーについて、少しでも知っていただけたでしょうか。お値段的にもカロリー的にも少しリッチだなあと感じてしまう方もいるかもしれませんが、一足先に、日本にいながらハワイの常夏気分を味わえる商品なのではないかなと思います。ぜひ一度召し上がってみてください。

スポンサードリンク