この記事の所要時間: 521

秋の味覚といえば、マツタケにさつまいも、柿にサンマと色々ありますが、その中でも絶対に外せないのが「栗」ですよね。秋に一度は食べたい!と思いつつ、スーパーで見かけてもなかなか手が出ません。だって一袋にほんのちょっとした入っていないのだもの。秋の味覚・栗を堪能したい!という方におすすめなのが、栗拾いです。

ここでは、栗拾いについて、

  • 栗拾いを楽しめる場所はどこ?予約方法は?
  • 旬のシーズンはいつからいつまで?
  • 栗拾いに必要な服装は?靴は?手袋は必要?棘が刺さったらどうすればいい?
  • 美味しい栗の見分け方は?自宅で保存する時は常温で大丈夫?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。栗拾いでは、栗を食べて楽しむだけでなく、落ちた栗を拾う楽しみもありますよね。今年はぜひ、栗拾いで秋を満喫してください。

スポンサードリンク

栗拾いを楽しめる場所はどこ?予約方法は?

栗拾いのおすすめスポットをご紹介します。

【関東】

フルーツパーク久松農園(茨城県)

http://www.hisamatsu-nouen.jp/hisamatsu-nouen-7.html

栗の他にぶどうやりんご、梨狩りも楽しむことができます。予約は不要、シーズンの確認は、農園のホームページを見るか、直接電話して確認してください。

旅名観光農園フルーツ村(千葉県)

http://www.city-kimitsu.jp/kanko/spot/asobu/nouen-fruitmura.html

栗の他にりんごや梨狩りも楽しむことができます。さらにBBQやオートキャンプ場、バイクWDのトライアルコースまである総合レジャー施設です。一日中遊ぶことができますね予約の要不要はわかりません。農園に直接ご確認ください。

【関西】

観光農園南楽園(大阪府)

http://nanrakuen.jp/

栗拾いの他、釣り堀やアスレチックもあります。基本的に予約は不要ですが、団体で来園する際には事前の予約が必要です。

TEL:072-298-5037  

やまびこ園(大阪府)

http://www.yamabikoen.com/

基本的に予約は不要ですが、10名以上での来園、またはバーベキューを利用するときには予約が必要です。予約はやまびこ園のホームページから行うことができます。「申込みフォーム」のページから予約してください。

上記の農園では、予約不要の施設もありましたが、栗拾いでは「予約が必須」の農園が多いです。これは、農園が1日の入場者数を制限しているため。特に、土日祝日は来園者数が多くなります。お目当ての農園の予約の要不要は事前にチェックしておきましょう。

1

https://www.pakutaso.com/20131235353post-3621.html

 

旬のシーズンはいつからいつまで?

栗拾いのシーズンは9月~10月です。品種ごとのシーズンの目安と特徴はこちら。

銀寄

9月下旬~10月上旬

高級栗です。有名な「丹波栗」もこの品種です。和菓子やマロングラッセに使用されます。

丹沢

9月上旬~中旬

素朴な甘味とホクホクとした食感が人気の品種です。ゆで栗や焼き栗、栗ご飯におすすめです。

筑波

9月下旬~10月上旬

最も一般的な栗で、生産量も多いです。皮がむきやすいので、栗の皮むきが苦手な方におすすめです。

上記のシーズンはあくまで目安です。詳しい旬のシーズンは各農園のホームページでご確認ください。

2

http://ur0.work/ufMG

 

栗拾いに必要な服装は?靴は?手袋は必要?棘が刺さったらどうすればいい?

栗拾いでは、山の中を歩き回ります。動きやすい服装で行きましょう。足元は運動靴(スニーカー)や登山靴で。山の中を歩くので、サンダルやパンプスは×です。また、栗拾いではイガを足で踏んで中の栗を取り出すことがあります。靴底のしっかりした靴がおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

手をイガの棘から守るために、手袋(軍手)は必須です。イガの棘が刺さったら痛いですよ。お子様にはお子様用の軍手を用意しておきましょう。

さらに、栗拾いに行く際は救急セットを持参します。イガの棘が刺さったときの応急処置のためです。救急セットの中身は、棘を抜くためのピンセット、消毒液、バンドエイドです。棘が刺さったときには、まずピンセットで棘を抜き、患部を消毒、バンドエイドを貼っておきましょう。

3

http://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_7026.html

 

美味しい栗の見分け方は?自宅で保存する時は常温で大丈夫?

美味しい栗は、

  • 表面にツヤがある
  • 手に持ったとき重い
  • 穴あきの栗は虫食いなので×

このポイントに注意しながら、美味しい栗を探してみてください。ただし、めぼしい栗がないからといって、木をゆすって栗を落とすのは×、マナー違反です。栗拾いでは地面に落ちた栗だけを拾いましょう。栗拾いにはコツがあるので、行く前に動画でコツをおさえておくとよいですよ。

栗拾い イガから栗を取り出す方法

持ち帰った栗の保存方法はこちら。

  • 皮のまま塩水に10時間浸ける
  • よく乾燥させて穴あきのポリ袋に入れる
  • 2℃~-1℃冷蔵庫(冷凍庫)に入れて保存

この保存方法では、約2ヶ月保存することができます。しかも、保存している間に栗はどんどん甘くなりますよ。長期で保存するときには、冷蔵庫よりも冷凍庫に入れるのがおすすめです。

また、栗料理といえば、難しいのが皮むき!栗の皮はかたいので、包丁にぐっと力を入れた途端、皮ではなく指を切ってしまったり、力を入れすぎて肩が凝ったり。栗の皮むきが苦手な方はこちらの動画を参考にしてみてください。

栗の皮の簡単なむき方(1分間ゆでる方法) – How to peel Chestnuts (a quick and easy way)

 

3

http://ur0.work/ufMT

 

まとめ

以上が、栗拾いができる場所や時期、服装や保存方法などについてでした。栗拾いに行くときには、事前にお目当ての農園のホームページをチェック!予約が必要な場合は早めに予約しておきましょう。特に規模の小さな農園では、予約がとりづらいですよ。遠くの農園に行くときには、クーラーボックスを持参しましょう。

栗をクーラーボックスに入れて持ち帰ることで、栗の鮮度を保つことができます。栗拾いの時期は、地域によってはまだまだ残暑が厳しいです。帽子や水筒など、熱中症対策もお忘れなく。今年の秋は栗を拾って食べて、秋の味覚を存分に楽しみましょう。

スポンサードリンク