この記事の所要時間: 52

秋田竿燈まつりでは、竿(かん)燈(とう)と言われる竹竿の骨組みに、提灯を46個もつるして、差し手と呼ばれる人たちが、手の平や肩・腰!? 額にまでも!!? 乗せてバランスを取るという妙技を競う日本の伝統芸を堪能することが出来ます。竿燈は全体で稲穂を表し、提灯の一つ一つを米俵と見立てているそうです。

私なんかは、そう聞くとより重みを感じます。掲げられる提灯には、各グループで町紋や社章などそれぞれ違う図柄が描かれており、その図柄が提灯の灯りに浮かび上がる風情も美しいお祭りです。

  • 竿燈まつりへのアクセスは時間は何時から何時まで?
  • 鑑賞スポットはどこがおすすめ?場所取りは必要?
  • 会場近くのホテルは?駐車場は?
  • まとめ

今回は、秋田市で毎年行われる夏祭りに参加する際の気になることを調べてみました。

スポンサードリンク

竿燈まつりへのアクセスは時間は何時から何時まで?

 

メイン会場の入り口には、JR秋田駅から西に向かって徒歩約15分。駅前から西に向かう広い道が2本あります(県道26号線(広小路)と中央通り)。どちらも道なりに行けば、旭川に出ます。

地図で見ると、この2本の広い道の中央辺りに位置する細い道がありますが、その道を通って突き当りの道を左右どちらかに行くと、先程の広い道のどちらかに出る事も出来ます。

(ちなみに、車の場合は一方通行等ありますのでご注意ください。)

 

a

 

旭川に出たら、「二丁目橋」交差点があります。(地図で見るとちょうど26号線と中央通りの真ん中位)その「二丁目橋」から「山王十字路」の間の通称「竿燈大通り」と呼ばれる約800mの区間がメイン会場です。

b

開催日程は、2016年8月3日(水)~6日(土) の4日間。

昼竿燈は8月4日(木)~6日(土)の3日間。

プラス、8月7日(日)午前7:00頃に、「御幣流し」という行事がありお祭りは終了します。

開催時間のスケジュールは、「夜本番」「昼竿燈」の2つあります。

開催期間・エリアも多少異なりますので注意ください。

 

夜本番(エリア:竿燈大通り)

18:50 竿燈入場

19:25~20:35 竿燈演技

20:35 写真撮影や竿燈体験が可能なふれあいの時間

*入場の時間など、日にちにより多少変わる事があるそうです。

 

昼竿燈(エリア:竿燈妙技会場/エリアなかいちにぎわい広場)

こちらは、夜本番のメイン会場よりも、JR秋田駅側の県道26号線/広小路沿いです。

2016年8月4日(木)~6日(土)

9:20~15:20 竿燈の技を競うので、夜よりも技を堪能出来ますよ。

 

各日程の竿燈終了後「戻り竿燈」で各エリアに戻られる竿燈について行くとより近い距離で迫力満点の竿燈演技を見せて貰えます。

お気に入りの図柄の提灯について行くのも良いですね。

 

秋田竿灯まつり公式WEBサイト

http://www.kantou.gr.jp/index.htm

 

鑑賞スポットはどこがおすすめ?場所取りは必要?

夏の夜空に立ち並ぶあの幻想的な風景、竿灯まつりの差し手さん達が竿燈のバランスを取る姿を見ているだけなのに、こちらが「オットット」っと、力を入れてしまいます。お祭りを見物するにはどこが良いでしょうか?

 

c

 

座る場所を確保して見たい人には、有料観覧席がお勧めです。メイン会場の竿燈大通りの中央分離帯にひな壇状に観客席が設置されます。最前列は迫力が楽しめ、4段目の最上段からは見通し良くお祭りを見る事が出来ます。

予約には、団体予約15名以上と個人予約14名以下があり、予約開始日が異なりますので公式サイトなどで確認してくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

立ち見でも構わない人は、有料観覧席の向かい側の歩道から上手な差し手さんを探したり(妙技を競う訳ですから技術にも多少差があるようです)、屋台にも立ち寄ったりと動ける見物を楽しみましょう。やはり、こちらの側で前の方に陣取りたい場合は、早めに場所取りをした方が良さそうですね。

 

d

2015年の竿燈祭りの様子

 

 会場近くのホテルは?駐車場は?

多くの無料駐車場は、メイン会場の竿燈大通りをJR秋田駅から離れる方向(西)の先にある山王大通りとけやき通りの交差点近くに設けられています。一番大きいのは秋田県庁の駐車場(280台)でしょうか。

どの無料駐車場も時間はほとんどが17:30~22:00となっていますが、多目的グラウンド南側駐車場(70台)は10:00から空いているようです。車でお出かけの予定の方は、公式サイトにある“竿燈まつり会場周辺図”などをプリントアウトされて持って行かれるのも良いかと思います。

有料になりますが、この他にも市街地近くの駐車場が結構ありそうです。

e

やはり、夜空に並び立つ提灯を心ゆくまで見たいですよね。

歩いて開催地から帰れるホテルをいくつか紹介します。

 

イーホテル秋田

竿燈大通りからも近くご当地グルメフェスティバルの会場すぐ。

1

 

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/68241/68241.html

 

コンフォートホテル秋田

県道26号線沿いで、JR秋田駅からも徒歩2分と近い。

2

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/52846/52846.html

秋田キャッスルホテル

昼竿燈が開催される竿燈妙技会場のすぐ近く

3

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/588/588.html

まとめ

伝統の技を競うだけあって、本当に「妙技!!」って感じですよね。差し手さん達の技を見物するので、あまりウロウロする必要のないところもある意味このお祭りの良い処ではないでしょうか。もちろん、秋田の地酒や名物・B級グルメやデザートを楽しみに屋台村をウロウロするのは別ですが、私のようなユックリ派には嬉しいところです。

東北3大祭りの一つに数えられるだけあってこのお祭りを目当てに集まる沢山の方がいらっしゃるでしょうから、早めに計画を練って予約などもしっかりしておきたいと思います。

 

スポンサードリンク