この記事の所要時間: 220

熊本市の北方に位置する玉名市で開催される、玉名納涼花火大会は風物詩となっています。 2014年は8月1日(金)20時~21時での開催予定です。 荒天時は7日(木)に延期となります。

スポンサードリンク

 

玉名納涼花火大会の特徴

 

玉名納涼花火大会は打ち上げ数も多く、今年は1万1発の打ち上げが予定されています。

みどころは音楽花火で、花火と音楽の芸術的な演出が見るものの心をつかんで離しません。

「音楽花」と書いて「おんらくか」と題した演出がなされます。  

 

 

これだけの花火大会なので、混雑は避けられません。 昨年も約9万人もの人出がありました。

今年も同じくらいの人出はあるでしょう。  

 

2016年の日程は8月5日金曜日です。

 

花火大会に先駆けて、ステージイベントが18時30分から開催されます。

そのころにはかなり混雑するので、いい場所を確保したい方は17時くらいまでには 会場入りすることをおすすめします。  

 

車で行く際の駐車場は?

 

ちなみに、立地のよい人気の駐車場は16時半くらいには満車になってしまいます。

とはいえ夏真っ盛りの季節、あまり暑い時間から場所取りをするのも危険です。

 

車で来る方は16時くらいまでに来て駐車場を確保、少し涼しくなるのを待って 17時くらいに会場入りして、場所取りというスケジュールがいいでしょう。  

 

会場の菊池川高瀬大橋上流の付近には、民間の施設をはじめ、 多数の駐車場が確保される予定ですが、9万人の人出ですから満車となってしまいます。

18時から2,000台分の無料駐車場は準備される予定ですが、近隣の商業施設などは 商業施設での買い物が利用条件となっていることもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

くれぐれも駐車違反には気をつけてくださいね。  

 

アクセスは九州道菊水ICから約10分ほどですが、普段は交通量もそれほど多くないため、 当日は人と車であふれかえります。

幹線道路の渋滞は避けられないでしょう。

早めに現地入りするしかありません。

 

交通規制は何時から?

 

19時からは22時までは会場周辺で交通規制が行われるので注意してください。  

帰りは一斉になりますから、より一層混み合います。

混雑を少しでも避けるためには、遠回りをするのがおすすめです。

 

熊本市方面に帰る場合は、一旦逆方向の天水、河内方面に向かって501号線に乗ります。

それでも玉名市の中心部から脱出するのに1時間は最低覚悟しておきましょう。  

 

渋滞を避けたいなら、やはり公共交通機関の利用でしょう。

当日は臨時列車の運行のほか、車両の増結も予定されています。 JR玉名駅からは徒歩約20分ほどです。  

スポンサードリンク