この記事の所要時間: 441

東京都心から約1時間程度、8月に催される[七夕まつり]、国際色豊かな屋台も楽しめる。”そう聞くと、お祭り好きの人なら少なからず興味をそそられるのではないでしょうか?

「今年は忙しくて7月には子供と七夕まつりのイベントが出来ない。」という方も、「沢山お休みが取れないから、遠くのお祭りには参加が無理だな~。」という方も、「屋台大好き!!」という方も今年は福生七夕まつりを一緒に楽しみませんか?

  • 福生七夕まつりは何時から何時まで?アクセス方法は?
  • 当日の交通規制は?電車で帰る時はどの駅がおすすめ?
  • 神輿山車パレードの場所は?時間は?
  • まとめ

今回は、ゆるキャラ“タッケ~”も登場する福生七夕まつりについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

福生七夕まつりは何時から何時まで?アクセス方法は?

字を見ても福々しい“福生七夕まつり”は東京都福生市で1951年から商店街の振興を目的に始められたイベントです。

aa

開催日: 2016年8月4日(木)~7日(日)の4日間

開催時間:13:00~20:40 

(日によって異なることがあるので事前に公式サイトをもう一度ご確認ください)

お祭りのスタートがお昼過ぎからなんて、なんとも都会的だなぁ~と思いますがユックリ派の私にはちょうどいいスタートです。

東京方面からのアクセスは?

基本的にはJR中央線を利用します。主要駅からのアクセスをみますと、

JR東京駅から 

JR中央線(高尾行)中央特快(高尾方面)に乗り、立川駅でJR青梅線(青梅・奥多摩方面)に乗り換えると約1時間

JR新宿駅から 

JR中央線(青梅方面)青梅特快(青梅線に乗り入れる特快)で直通43分

bb

電車での参加をオススメしますが、車でしか行けないという方は、

  • 中央自動車道、八王子I.C.から国道16号線沿いに約10km
  • 圏央道、日の出I.C.から福生方面に約5km

公式サイト

http://www.fussa-tanabata.com/

 

当日の交通規制は?電車で帰る時はどの駅がおすすめ?

 お祭りに当たる4日間は、JR青梅線の西側の主要道路が歩行者天国になります。それにあわせて交通規制も設けられます。開催の4日間“日を追うごとに規制が拡大する“というイメージです。

木~日曜日にかけて3パターンあります。

時間は13:00~21:30が中心ですが、“15:00~規制場所が広がりますよ”とか、“週末は規制区域が広がりますよ”とか、日によって違うので注意が必要です。車をご利用の方は公式サイトの交通規制MAPをよくご覧になり時間帯などもご注意ください。

cc

最寄り駅は、JR青梅線の福生駅西口。駅前通りからつながる銀座通り・栄通りが歩行者天国エリアになります。つまり、混み合います。同じくJR青梅線の一つ東京側(立川側)の牛浜駅も最寄り駅とも言えるでしょう。

牛浜駅の西口を出て、西に向かうと歩行者天国の端辺りにぶつかります。そこから、ブラブラ福生駅方面へ歩いて行く方法なら多少混雑もマシかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

帰りは、時間にも気分にも体調にもよりますが“20~30分なら散歩がてら歩ける”という方なら祭り会場に背を向けて、JR五日市線の熊川駅を利用して立川方面の次の駅拝島駅でJR中央線か青梅線青梅特快に乗り換えて、東京方面に帰るという手もあります。ちょっと時間はかかりますが、祭りの余韻に浸りながらの散歩に如何でしょうか?

 

dd

神輿山車パレードの場所は?時間は?

 米軍横田基地近くという土地柄、外国人の方々が神輿を担ぐというちょっと珍しい風景も見られる神輿・山車パレードは、消防署通りの神明社から始まり駅前通りを渡って栄通りの市役所前に向かいます。

今年の開催日と開催時間の発表を待つ間、2015年の神輿・山車パレードについてお知らせしますと、神輿・山車パレードは開催2日目・時間は15:15~18:00となっていました。

この他にも、星のパレード・民謡パレード、消防少年団パレード・交通少年団パレード・ひょっとこ連パレードなどもあり、開催場所や開催時間が細かく決まっていました。今年の神輿・山車パレードを見たい方は、お祭りの開催前には必ず公式サイトで日程・時間を確認してくださいね。

aaa

今のところ2016年で既に決まっているのは、

福生七夕織姫コンテスト8月4日(木)16:00~予定

民謡パレード    8月5日(金)17:35~20:50 

こちらのパレード会場はA・B2コースありますが、どちらも駅前通りと栄通りは通ります。

この他にも続々決定していくと思いますので、チェック要です。

 

神輿・山車パレードの様子

まとめ

この福生七夕まつりには、商店街の振興を目的に始まったという歴史があるので、屋台はプロのテキヤさんではなく地元の商店さんやサークル・各団体など、地元の人たちが出します。だからこそ、地元色を反映して国際色豊かな屋台も沢山あり他のお祭りとはひと味違います。

去年は福生市の地ビールを作られている酒造メーカーさんも出店されたようなので、“多摩の恵”を飲みながら、多国籍屋台のはしごをする。なんて考えるだけでもワクワクします。

福生七夕まつりのゆるキャラの“タッケー”とハイタッチすると幸せがやってくるとか・・・。見つけたらタッケーと是非ハイタッチしたいものです。お祭りの歴史ってこんな風にして人が作っていくのですね。。。

スポンサードリンク