この記事の所要時間: 453

昨今人気を博している工場見学、その中でも特に人気なのが、航空会社の工場見学です。飛行機好きのお子様は多いですものね。もちろん、大人だって楽しめます。JALでは一年を通して工場見学を開催!展示エリアや航空教室だけでなく、JALの格納庫の中まで入れちゃうJALの工場見学は今や予約殺到の観光スポットになっています。

格納庫に入れるなんて、飛行機好きの方にはたまらないのでは?展示エリアでは、JALの制服を着用して記念撮影も可能!これもうれしいサービスですよね。

ということで今回は、JAL工場見学の日程や申込方法、アクセスなどについて、

  • JAL工場見学日程は?開催場所はどこ?申込方法は?料金は?
  • 一度に参加できる人数の上限は?当選通知の方法は?キャンセル待ち申込方法は?
  • 工場へのアクセス方法は?見学ツアー当時の服装は?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。JALの工場見学では、事前の予約が必須なので、興味ある方は予約方法をしっかりおさえておきましょう。

スポンサードリンク

JAL工場見学日程は?開催場所はどこ?申込方法は?料金は?

JALでは、羽田にあるJALメンテナンスセンター1の工場見学を実施しています。JALの工場見学は年末年始を除き毎日開催されています。土日祝日も開催されるので、社会人の方でも参加しやすいですね。

JALの工場見学は1日4回、1回の見学は約100分です。

①10:00~11:40

②11:30~13:10

③13:00~14:40

④14:30~16:10

JALの工場見学の予約はインターネットから申し込みます。電話やハガキでの申込は受け付けていないのでご注意ください。予約はJALのホームページから行います。

JAL工場見学 SKY MUSEUM:https://www.jal.co.jp/kengaku/application/

ページの右上、赤いボタンから申込手続きに入ってください。申込完了後、予約が確定したら、JALから予約確定のメールが届きます。これで予約完了!見学当日は、プリントアウトしたこのメールと代表者の身分証明書(6、7歳のお子様がいる方は、小学生であることを証明するもの)を持参しましょう。運転免許証や健康保険証でよいです。

JAL工場見学は、見学希望日の6ヶ月前の同一日9:30から申し込むことができます。10月1日の工場見学を予約したいときは、6ヶ月前の4月1日9:30以降に申し込みます。JALの工場見学はとても人気の観光イベントなので、予約開始日の予約開始時間前にパソコンの前にスタンバイ、予約開始時間になったらすぐに申込手続きに入りましょう。

工場見学の狙い目は学校や会社のある平日で、なおかつ午前よりも午後の回の方が予約をとりやすいです。JALの工場見学は無料です。

aa

http://komekami.sakura.ne.jp/archives/1673/p32350301

 

一度に参加できる人数の上限は?当選通知の方法は?キャンセル待ち申込方法は?

1回の参加人数は1~100人です。

当選通知の方法は上記の通り、JALからのメールによって予約確定となります。

JALの工場見学では、キャンセル待ちの受付は行っていません。希望日に予約を取れなかった方、キャンセルが出ることがあります。当日まで、JALの予約ページをこまめにチェックしてください。希望日の2日前など、ぎりぎりで予約をとれることがあります。

 

 

スポンサードリンク

bb

http://komekami.sakura.ne.jp/archives/1673/p32349901

 

工場へのアクセス方法は?見学ツアー当時の服装は?

JALの工場見学は羽田空港のJALメンテナンスセンター1で開催されます。

 

工場見学者用の駐車場・駐輪場は用意されていないので、自家用車・バイク・自転車では行かず、公共交通機関を利用しましょう。

JALメンテナンスセンター1へはモノレールを利用します。

東京モノレールの「新整備場駅」で下車、駅からJALメンテナンスセンター1までは徒歩2分です。新整備場には、快速・区間快速は止まらないのでご注意を。また、よく似た駅名で「整備場駅」という駅がありますが、下車する駅は「新」整備場駅です。間違えないでくださいね。

最後にJALの工場見学に参加するときの服装について、まとめておきます。

見学の中に含まれる格納庫には空調設備はありません。屋外と同じ環境と考えて、当日の服装を決めてください。冬は上着が必要です。展示エリアや航空教室は空調が効いているので、気温に合わせて着脱しやすい格好がよさそうです。また、格納庫の足元は悪いうえに、うっかり転倒したりすると大変です。パンプスやサンダル、厚底(ヒール)靴ではなく、スニーカーなどの運動靴を履いて行きましょう。

見学中、小さな荷物は持ち歩くことができますが、スーツケースやボストンバッグなどの大きな荷物は持ち歩くことができません。荷物の預かりも行っていないので、大きな荷物は事前に駅や空港のコインロッカーに預けておきましょう

cc

https://www.pakutaso.com/20150744195post-5751.html

 

まとめ

以上が、JALの工場見学の開催日程や予約方法、アクセスなどについてでした。上記の通り、JALの工場見学はなかなか予約のとれない人気の観光スポットです。予約を取りたい方は、必ず予約受付開始日に予約をとってください。それでも、土日や夏休みでは予約がとれないことが多いです。

キャンセル待ちをする方は、こまめに予約ページをチェックしましょう。家族4人分となると難しいですが、1人や2人で参加したいときには、キャンセルのおかげで予約をとれることがあります。

当日は、予約確定メールと身分証明書を忘れずに持参すること!これがないと、入館できないので注意しましょう。

では、JALの工場見学を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク