この記事の所要時間: 49

東京都を大きく流れる荒川の河川敷から眺める 花火と夜景と屋形船。夏の暑い日を癒してくれるような川風に吹かれながら、今年も足立の花火大会がやってきます。皆さんは、今年はどんな風に足立の花火大会を楽しまれるのでしょうか?家族で?カップルで?友達と?散歩がてらにワンちゃんと?

  • 足立の花火2016日程は?時間は何時から何時まで?
  • 花火が部屋や建物内から見えるホテルはどこ?
  • 有料席の予約や申込方法は?
  • まとめ

今回は、ギュッと凝縮された花火が楽しめる足立の花火大会を調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

 足立の花火2016日程は?時間は何時から何時まで?

 大正13年の千住新橋の開通を記念して行われた「千住の花火」を始まりとする歴史ある花火大会

  • 日程:2016年7月23日(土)
  • 時間:19:30~20:30

早めに夕食を取って、ブラブラと荒川の土手を散歩しながらと言うのも良いですし。お弁当を持って早めに場所取りがてら土手でピクニックと言うのも楽しそう。

西新井側の河川敷の方が、北千住側よりも広いので場所取りもしやすそうですよ。約13500発の花火を1時間で打ち上げるというなんとも気風のいい感じが、まさに江戸の花火って感じですよね!?

 

○2015年 足立花火大会の様子○

 

1

花火が部屋や建物内から見えるホテルはどこ?

 少し打ち上げ場所から離れますが、高い位置で花火を楽しめるホテルをご紹介します。

東武ホテルレバント東京

  • 錦糸町北口(JR総武線・半蔵門線はA3出口)から歩いて3分

打ち上げ場所からは少し離れていますが、上層階に部屋を取れば大丈夫。もちろん、予約時にはホテルの方に相談してくださいね。

11

http://search.travel.rakuten.co.jp/ds/vacant/searchVacant?f_chu=tokyo&f_shou=tokyo&f_sai=I&f_hi1=23&f_tuki1=7&f_nen1=2016&f_hi2=24&f_tuki2=7&f_nen2=2016&f_no=876&f_kin=&f_kin2=0&f_tab=plan&f_sort=kin&f_heya_su=1&f_otona_su=2&f_s1=0&f_s2=0&f_y4=0&f_kaiin_no=&f_kaiin_tel=&f_jyoken=no&f_cd=04&f_dai=japan&f_image=1&f_page=1&f_hyoji=30&ref=info&f_y1=0&f_y2=0&f_y3=0

 

第一ホテル両国

  • 都営地下鉄大江戸線 両国駅 A1出口直結
  • JR東京駅から秋葉原駅乗り換えで総武線両国駅西口から歩いて約6分

お部屋から足立の花火大会が望めるかは微妙なところなので、こちらも予約時にご相談下さいね。でも最上階のレストランやスカイバンケットからなら少し遠いですが、花火が楽しめると思います。

111

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/7428/7428.html

 

 

スポンサードリンク

 

有料席の予約や申込方法は?

 残念ながら、チケットぴあで販売されていました有料席は6/18日で完売してしまいました。。。残念。今後キャンセルがあった場合は購入できる可能性もあるそうです。もしも、あなたか あなたのお友達が船を持っていたら、西新井橋側水域のAエリアにまだ若干の空きがありそうですよ。提出物などもありますので、公式サイトでご確認下さいね。

2

○公式サイト○

http://hanabi.adachikanko.net/38hanabi/hanabi2016_Boat_001.html

 

なにも、自分たちに船が無くても大丈夫。花火を見る為の屋形船ツアー等もありますから、そちらに申し込むことが出来ると船を持っていなくてもゆったり食事と花火が楽しめます。ただ、こちらも人気のあるものなので、現状は満席のキャンセル待ちと言う事になりそうです。来年はもう少し早めに動かないと難しいのでしょうね。。。でも、キャンセルが出る事もあるので、あきらめずにトライして下さいね!

3

 

まとめ

高層ホテルの涼しい部屋で食事をしながらとか、ホテルの部屋から電気を消して夜景越しに窓からゆったり見るとか、屋形船に乗って天ぷらを食べて船の上から花火大会と言うのも素敵ですが、河川敷をブラブラしながら花火を愛でるというのもオツな感じですよね。。。お金もあまりかかりませんし。でも、花火に見とれても車には注意してくださいね。

やはり、河川敷に行くとなると虫よけスプレーは必須アイテムです。一時間にドドドォ~~~ンと打ち上げられる迫力ある花火をいろんなシチュエーションで楽しんでください。

スポンサードリンク