この記事の所要時間: 455

みなとこうべ海上花火大会は、神戸港沖合を舞台に海上花火を楽しめる花火大会です。尺玉やスターマインなどの大型花火が次々と打ち上げられる豪華な花火大会です。さらに、花火の向こうに見えるのは100万ドルの夜景ともいわれる神戸の夜景!とてもロマンチックですよね。

そんなみなとこうべ海上花火大会は2016年で第46回を数え、ここ最近の人出はなんと25万人!!これは多い……場所取りをがんばらなければ、せっかく花火大会に行ったのに、人の頭しか見えなかったということになってしまいそうです。ということで、ここでは、人混みに負けずみなとこうべ海上花火大会の花火を楽しむために、

  • 2016前売りチケットの購入方法は?有料席の場所はどこ?
  • 無料の隠れスポットはどこ?
  • 花火が見えるホテルとカフェは?
  • まとめ

について、調べてみました。この夏、みなとこうべ海上花火大会に行く予定の方、ぜひ参考にしてください。ちなみに、2016年のみなとこうべ海上花火大会は8月6日(土)の19:30~20:30の日程で開催されます。

スポンサードリンク

2016前売りチケットの購入方法は?有料席の場所はどこ?

みなとこうべ海上花火大会では、有料席が用意されています。有料席は、イス自由席で1席3100円前売りの有料席の場所は第二突堤です。

 

有料席のチケットは、チケットぴあのサイトや窓口、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンの店頭端末で購入します。神戸ポートタワーや神戸海洋博物館でも買うことができますよ。有料席の前売りチケットは6月27日(火)から始まっています。まだ用意していない方は、お早めにどうぞ。

チケットぴあ:http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1623761

また、みなとこうべ海上花火大会では、当日券も用意されています。当日券の場所は第二突堤と第四突堤です。当日券を狙っている方、正午ごろまでには購入するようにしましょう。

ちなみに、第二突堤の有料席から見た花火はこんな感じです。

第44回みなとこうべ海上花火大会(20140802 )

 

 

2

https://www.pakutaso.com/20150637168post-5642.html

 

無料の隠れスポットはどこ?

みなとこうべ海上花火大会の打ち上げ場所は、神戸港(新港~メリケンパーク沖海上)です。メリケンパーク、ハーバーランドポート、ポートアイランド付近の沖合ですね。

みなとこうべ海上花火大会の定番観覧スポットといえば、

  • ハーバーランド:16:45から入場規制、シートでの場所取り禁止
  • メリケンパーク:18:00から入場規制
  • 新港第1突堤:企業協賛席の入り口付近(東側)に無料エリアあり、19:00から入場規制

このあたりが有名で、花火もよく見えますが、当然人も多い!入場規制の時間は目安で、想定以上に人が多いときには上記の時間よりも早くに入場規制がかかります。

 

 

スポンサードリンク

人混みを避けてゆっくり花火を楽しみたいという方は、こちらの隠れスポットを目指してください

  • 六甲展望台:海上花火だからといって海岸に集まるのは素人!ここはあえて山に登りましょう。100万ドルの神戸の夜景と花火を一緒に楽しむことができます。
  • ポーアイしおさい公園:ポートアイランドの西側にある公園です。こちらがいっぱいのときにはポートアイランド北公園に行ってみてください。
  • 兵庫ふ頭:神戸港の南西部にあるふ頭です。普段は荷物の積み下ろしをする場所なので、足元に注意!けっこう汚れていたり、釘やガラスの破片などが落ちています。地面にじかに座ることはできないので、敷物か折りたたみいすを持参しましょう。

22

https://www.pakutaso.com/20150652173post-5657.html

 

花火が見えるホテルとカフェは?

みなとこうべ海上花火大会の花火を部屋から観賞できるホテルをご紹介します。大人のデートやゆっくりと花火を楽しみたい方におすすめです。

  • 神戸メリケンパークホテル:打ち上げ場所から近いので、低い階の部屋でも花火を見ることができます。
  • ホテルオークラ神戸
  • 神戸ポートタワーホテルアネックス:打ち上げ場所からは少し離れているので、高い階の部屋を予約してください。

ホテルのご予約はお早めに、毎年みなとこうべ海上花火大会の日の予約は殺到します。また、予約の際には「花火が見える部屋にしてください」とホテルの方に伝えておきましょう。みなとこうべ海上花火大会のプランがあるときにはそちらを利用してください。

花火が見えるカフェをご紹介します

  • ジャンカルド:ヴィーナステラス(ブリッジ)にあるイタリアンレストランです。
  • グラニットカフェ:六甲ガーデンにあるカフェです。テラス席から花火を見ることができます。
  • ブレスカフェ:ハーバーランドにあるカフェです。花火大会当日に特等席で花火を見ながら食べ放題・飲み放題を楽しめるプランがあります。

予約必須です。早めに予約してください。

222

https://www.pakutaso.com/20150607173post-5656.html

 

まとめ

以上が、みなとこうべ海上花火大会の有料席や隠れスポットなどについてでした。有料席やホテル、カフェのチケット購入、予約はお早めに。ホテルやカフェでは、すでに満室・満席になっているところもちらほらあります。無料でみなとこうべ海上花火大会の花火を楽しみたい方、お金を惜しむ分、時間を惜しんではいけません。早めにお目当ての観覧場所に行き場所取りをしてください。

入場規制がかかると、花火を見られないどころか、施設内・公園内に入ることもできなくなります。ちなみに、みなとこうべ海上花火大会には駐車場はありません。打ち上げ場所周辺で花火を見る方、電車などの公共交通機関を利用してください。帰りの電車は大変混みます。切符はあらかじめ買っておいてくださいね。

 

スポンサードリンク