この記事の所要時間: 512

コートのクリーニング料金、「高いのは分かっているけれど、では実際にはいくらなの?」という方は多いのでは?コートをクリーニング屋さんに持って行くとき、「一体いくらかかるのだろう」とドキドキしてしまいますよね。コートのクリーニング料金は、コートの丈や生地の素材によって細かに設定しているお店が多く、客の立場からしたらとても分かりにくいもの。自分が利用しているクリーニング店が他のお店と比べて、高いのか安いのかもよく分かりません。

ということで、コートのクリーニング料金にびくびくしている方、あるいは、コートのクリーニング料金を節約したいという方のために、ここではコートクリーニングの相場について、

  • カシミヤコートの料金相場はいくら?
  • ダウンコートの料金相場はいくら?
  • ムートンの料金相場はいくら?
  • ウールコートの料金相場はいくら?
  • Pコートの料金相場はいくら?
  • カビてしまった時はクリーニングで落ちる?追加料金は?

の項目に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

カシミヤコートの料金相場はいくら?

多くのクリーニング屋さんでは、コートのクリーニング料金をコートの丈と生地の素材、装飾・付属品(あれば)によって計算しています。料金体系はお店によって異なりますが、大体、コートの丈が基本料金、生地の素材や装飾・付属品が追加料金となっています

【コートの丈によるクリーニング料金の相場】

  • ロングコート(膝下~くるぶし):1000円~3000円
  • ハーフコート(腰~膝上):数百円~2500円

これがコートのクリーニング料金の相場ですが、実際には生地の素材によってクリーニング料金は変わります。では、生地の素材別のクリーニング料金の相場をご紹介します。

まずはカシミヤコート!

カシミヤコートはドライクリーニングになります。クリーニング料金は、安いお店で500円~、全体の相場は1000円~3000円です。カシミヤコートは高級品ですよね。安いクリーニング店をけなすわけではありませんが、やっぱり高級なコートはそれなりの料金のクリーニング店でクリーニングしてもらった方が安心ですよ。

c

https://www.pakutaso.com/20160205053post-7026.html

 

ダウンコートの料金相場はいくら?

最近では、自宅で水洗いできるダウンコートも増えてきましたが、長く着るためには、クリーニング店できれいにしてもらった方がよいです。羽毛布団が一生ものというように、ダウンコートもきちんとお手入れすれば、一生……とまではいえなくても、とても長い期間、愛用することができますよ。

ダウンコートのクリーニング料金の相場は2000円~4000円です。相場のうち、低い料金はダウンベスト、高い料金は膝まであるような長いダウンコートのクリーニング料金です。

c1

http://www.irasutoya.com/2014/06/blog-post_5664.html

 

ムートンの料金相場はいくら?

本物のムートンは皮革なので、クリーニング料金はとても高いです。あらゆる生地の素材のうちで、クリーニング料金が最も高いのがムートンを含む皮革です。まあ、ムートンコート自体がウン十万円という高級品ですから、クリーニング料金が高いのも仕方ありませんよね。

ムートンのクリーニング料金の相場は5000円~10000円、お店によってはもっと高くなります。

ムートンのクリーニングは、クリーニング店によっては受け付けていません。ムートンコートをクリーニングに出すときには、皮革のクリーニングもしてくれるお店を探すか、専門のクリーニング店に持って行ってください。

 

 

スポンサードリンク

 

ウールコートの料金相場はいくら?

ウールコートは定番品、皆さん、一着くらいは持っているでしょう。クリーニング店の料金表にある「コート」は大体、ウールコートの料金を指しています。なので、ウールコートをクリーニング店に持っていったとき、ムートンやカシミヤコートのように目を剥くようなクリーニング料金を請求されることはありません。安心して、クリーニング店に持って行ってください。

ウールコートのクリーニング料金の相場は500円~2500円です。

c2

http://girlydrop.com/girls/2180

 

Pコートの料金相場はいくら?

Pコートもウールコートと同じく、特別に高いクリーニング料金を請求されることはありません。Pコートのクリーニング料金の相場は500円~2500円です。

ただ、ウールコートでも共通していえることですが、コートの一部に皮革や毛皮(ファー)などがついていると、その分、クリーニング料金は高くなります。たとえば、肩やポケットの縁に皮革が使われている場合、追加料金がかかることがあるので注意してください。

c3

https://www.pakutaso.com/201602580562-7.html

 

カビてしまった時はクリーニングで落ちる?追加料金は?

冬のコートシーズン以外はクローゼットで眠っているコート、あるいは毎年は着ないコートでは、カビがついてしまうことがあります。「いざ、着よう」と何年かぶりにクローゼットから出してみると、白カビが!!なんて経験、お持ちの方も多いのでは?

コートのカビはクリーニングで除去することができますカビ抜き料金として、数百円(500円程度)かかります。

クリーニング店でカビ抜きをお願いするときには、クリーニングに出すときに「カビ抜きをお願いします」と言い、店員さんにカビの箇所を伝えておきましょう。

コートの生地の素材によってはカビ抜きができないこともあります。詳しくはクリーニング店に問い合わせてみてください。

c4

http://www.irasutoya.com/2014/09/blog-post_57.html

 

以上が、コートクリーニングの料金の相場についてでした。上記の通り、コートクリーニングでは、コートの生地の素材によって料金が決まります。まずは、ご自分のコートの素材を確認してみてください。素材が分かれば、大体のクリーニング料金が分かりますよ。また、ベルトやフード、ファーなどは追加料金がかかりますコートをクリーニングに出す時、クリーニング不要の付属品は外してクリーニング持って行くのがおすすめです

スポンサードリンク