この記事の所要時間: 413

空気の澄んだ秋空に打ちあがる3,000発の花火を求めて、毎年約6万人の観光客が訪れるのは神奈川県で行われる江ノ島花火大会です。全国でも5本の指に入る人気で、今では湘南の秋には欠かせない大イベントとなっています。日帰り旅行や1泊して見るもよし、ドライブの途中で見るもよし、今回はそんな江ノ島花火大会について以下の見出しで書いていこうと思います。

  • 花火が見えるホテルはどこ?
  • 無料で花火を見られる場所は?場所取りにおすすめの穴場はどこ?
  • クルーズで会場から花火を楽しむ方法は?
  • まとめ

スポンサードリンク

花火が見えるホテルはどこ?

花火の打ち上げ場所である片瀬海岸は、湘南、江ノ島、鎌倉と日本有数の観光地がありますので、花火大会だけでなく、周辺の観光も楽しみたいものです。ということで、今回は花火大会会場周辺のホテルを調べてみました。

BREATH HOTEL

片瀬海岸の近く、湘南海岸公園が目の前にあり、客室も場所によっては花火が見えるかもしれません。客室から見えなくとも、歩いて15分で、花火打ち上げ場所に到着できますので、大変おすすめです。

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/147040/147040.html

 

岩本楼本館

こちらは江ノ島大橋を渡ったすぐにあります。海が近く、花火も見える客室があるということでこちらは大変人気のお宿となっております。江ノ島の海を間近で感じながら、お宿でゆったりと花火鑑賞……こんな贅沢してみたいです。

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/84915/84915.html

 

恵比寿屋

江ノ島大橋を渡ってすぐにある風情溢れる旅館です。花火が見えるだけでなく、海が眺望できる大浴場や湘南ならではの生シラスなど新鮮な海鮮料理などもおすすめするポイントです。

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/15437/15437.html

 

 

無料で花火を見られる場所は?場所取りにおすすめの穴場はどこ?

江ノ島花火大会は無料席と有料席が設けられていますが、有料席は会場のごく少ない一角で、無料観覧席は、片瀬海岸西浜、同じく東浜、江ノ島大橋近辺と約10ヶ所弱設けられています。しかし、これでも人気の場所によっては大変混雑しますので、今回は公式の花火観覧会場ではないものの無料で、しかも花火が良く見える穴場スポットを調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

片瀬漁港

普段は釣りをする人で賑わっていますが、このときばかりは多くの花火目当ての観光客ですぐいっぱいになります。江ノ島花火大会は打ち上げ場所が、2.つ設けられており、有料席はそのどちらも正面から見られる席なのですが、実は、この片瀬漁港もどちらも正面から、しかも無料で見られる数少ない観覧席のひとつなのです

 

 

新江ノ島水族館

江ノ島水族館は、打ち上げ場所の片瀬海岸が目の前ということもあって、夕方頃になると観覧できる席はいっぱいになり、立ち見になることも多々あるらしいです。江ノ島水族館で観覧予定の方は、昼過ぎぐらいから水族館を見てまわって夕方には席を取りに行く計画で見に行ったほうが良いかもしれません。

 

 

湘南海岸公園

打ち上げ場所からは、少し離れてものの、芝生が引かれている場所もあるため、ゆったりシートでくつろいで花火を見たい方やお子様連れ方などにはおすすめの観覧スポットです。

 

 

湘南モールフィル屋上駐車場

花火大会当日は花火観覧のため屋上が開放されています。打ち上げ場所から距離はあるものの、十分見えるため、車で来てもあまり混雑せずに帰られるということで、地元の人に人気のスポットです。

 

 

クルーズで会場から花火を楽しむ方法は?

江ノ島花火大会は海上で打ち上げられるということで、実は、船上で花火をたのしむこともできるんです。いくつか方法をご紹介いたします。

 

やまゆり倶楽部に入会して船上観覧する

やまゆり倶楽部という団体主催の会員のみ乗船可能で定員は25名、参加費は食事つきで5,000円となっています。会員になる方法などはホームページに詳しく乗っておりますのでそちらでご確認ください。

やまゆり倶楽部 http://yamayuri-club.jp/

 

船をチャーターする

大人数の場合におすすめです。葉山にある葉山マリーナで船をチャーターして、船の中で食事をとりながら花火を楽しむことができます。料金が少しかかることと、船舶免許の有無など利用するハードルは少し高めです。

葉山マリーナ http://hayamamarina.com/index.html

a3

https://farm3.staticflickr.com/2186/1957473133_32676346bf_m.jpg

まとめ

 いかがでしたか?クルージングしながらの花火なんて素敵ですよね。たまには、こういったおしゃれな演出で花火を見てみると、また違った楽しみ方が出来るかもしれませんね。

スポンサードリンク