この記事の所要時間: 339

埼玉県を流れます荒川の河川敷で毎年秋に開催される一大イベント「鴻巣(こうのす)花火大会」をご存知ですか?その時期が来るとツアーなども組まれ多くの地元の方と観光客で賑わいます。打ち上げ数は約1万5000発で、その中でも目玉は、ギネス世界記録に登録された世界一大きい4尺玉の花火と大会のラストに打ち上げられるスターマイン「鳳凰乱舞」でしょう。さて、そんな人々を魅了する「鴻江花火大会」について今回以下の見出しで書いていこうと思います。

  • 花火の時間は何時から何時まで?2016花火打ち上げ場所と交通規制について
  • 臨時駐車場は?満車の時の対策は?
  • まとめ

スポンサードリンク

花火の時間は何時から何時まで?2016花火打ち上げ場所と交通規制について

 

まずは、2016年の開催の日程は以下のようになっております。

2016年10月8日(土) 打ち上げ開始18:00~20:30を予定されています。

※小雨決行、荒天時は翌日9日(日)に延期されます。

 

2016年の花火の打ち上げ場所も例年通り、荒川の河川敷です。ですが、連年と変わるところは、世界一の4尺玉を打ち上げるため、立ち入り禁止区域が大幅に改正されました。そして、当日は、交通規制も敷かれています。当日朝7時~、夕方4時から、終日と3種類に分かれていますので、詳しくは公式ホームページでご確認ください。

 

鴻巣市商工会青年部公式ホームページ http://kounosuhanabi.com/

 

 

 

臨時駐車場は?満車の時の対策は?

遠方から来られる方でマイカー利用の方は駐車場のチェックも非常に重要ですよね。

鴻巣花火大会当は、日吉見総合運動公園が公式臨時駐車場となります、非常に広く駐車場所を忘れられる方も多数おられるということですので、利用される方は、事前に公式駐車場の地図をホームページでダウンロードして持ち歩けるようにされておくと良いでしょう。ちなみに、臨時駐車場の料金は2,000円/1日となっております。合計2,000台分の駐車スペースがありますが、午前9:30会場後夕方頃には満車になっていることがほとんどのようです。また、駐車場から花火の無料観覧席まで徒歩30分ということと、吉見総合運動公園内にも花火観覧場所、トイレと少し屋台ブースもあるということで、駐車場ないで観覧される方も多くいらっしゃいます。

 

スポンサードリンク

 

では、臨時駐車場が満車になった場合の対策ですが、花火の観覧場所まで徒歩だいたい30分~40分のところに有料のコインパーキングがあります。ですが、どこも台数に限りがありますので、駐車される場合はお早目に停められることをおすすめします。

 

タイムズ鴻巣本町  観覧場所まで徒歩約36分

言わずと知れた全国で有名なーコインパーキングチェーンです。収容台数は6台とあまり多くはありませんが、24時間入出庫可能ですし、駐車後24時間以内の最大料金は800円とかなりお得な駐車場です。

リパーク鴻巣駅前  観覧場所まで徒歩約33分

24時間営業の駅近コインパーキングです。入庫後12時間以内の最大料金は1,200円で12時間を過ぎれば、また規定の時間単位で加算されていくようです。ここは収容台数8台ということですので、平日でもよく満車になっております。

 

 

リパーク鴻巣駅前第2  観覧場所まで徒歩約30分

 

こちらも同じく24時間営業ですが、入庫後24時間以内の最大料金は800円と鴻巣駅前に比べ大変お得ですが、収容台数が5台と限られているレア駐車場ですので、駐車できたら運が良かったと思っておいたほうがいいかもしれません。

 

NPC24H鴻巣第2パーキング  打ち上げ場所まで約32分

24時間営業で、当日中でしたら最大1,800円で打ち切りとなっていますので、帰りも花火の余韻に浸りながら、ゆっくり帰ることが出来ます。収容台数は46台とご紹介したコインパーキングの中では最大です。

 

 

まとめ

有名な花火大会の一つですので、遠方から来られて、場所に不慣れな方も多くいらっしゃると思いますので、駐車場の場所や道路の規制などしっかり確認されてから行くと間違いないでしょう。皆さんの素敵な思い出作りに、お役に立てばと思います。

 

 

スポンサードリンク