この記事の所要時間: 649

お気に入りのブーツ、毎日履いていると汚れや臭いが気になってきますよね。また、久しぶりに履いてみようと靴箱から取り出したブーツにカビが(;´Д`)なんてこともあります。汚れたりカビが生えたブーツはもう諦めるしかない?……いえいえ、そんなことはありません。クリーニングに出せば、汚れたブーツもきれいになってかえってきますよ。

「ブーツのクリーニングなんて初めて聞いた」「街のクリーニング屋さんに持っていけば、きれいにしてくれるの?」という方のために、ここではブーツのクリーニングや、さらに普段のお手入れ方法まで、

  • ブーツのクリーニング料金相場は?カビが生えてしまっても受けてもらえるの?
  • 普段の手入れ方法は?保管するときのコツは?置き場所は暗所?乾燥剤は?
  • 近くにブーツクリーニングをしてくれるお店がない時は宅配クリーニング。有名な業者と申込方法の流れ
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。お気に入りのブーツのお手入れ方法に悩んでいる方、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

ブーツのクリーニング料金相場は?カビが生えてしまっても受けてもらえるの?

ブーツのクリーニング料金は、ブーツの素材(皮革、スエードなど)やクリーニング方法にもよりますが、相場は以下の通りです。

  • ハーフ、ショートブーツ:2800円~5000円
  • ロングブーツ:3800円~7000円

撥水加工や補色加工が必要なときには、その分、追加料金がかかります。撥水加工は500円~、補色加工は数千円程度かかるクリーニング店が多いようです。

また、カビが生えてしまったブーツは、カビ取り加工をしてもらいましょうカビ取り加工は1000円前後~、が相場です。

a

https://pixabay.com/ja/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4-%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84-%E9%9D%A9-80-%E5%B9%B4%E4%BB%A3-%E3%83%AC%E3%83%88%E3%83%AD-%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84-%E5%8F%A4%E3%81%84-975103/

 

普段の手入れ方法は?保管するときのコツは?置き場所は暗所?乾燥剤は?

ブーツを長持ちさせるコツは普段のお手入れ方法をきちんとすること!です。ということで、ブーツのお手入れ方法をご紹介します。ちなみに、これからご紹介するお手入れ方法は皮ブーツのお手入れ方法です。

まずは、日常的なお手入れ方法から。ブーツを履いた後のお手入れ方法です。

  1.  靴ブラシでブーツの表面についた埃や汚れを落とします。埃や汚れがついていると、この後のオイルやクリームを塗るときに、ブーツ表面に傷がついてしまうほか、カビの原因にもなります。ブーツを履いたときには、その都度、靴ブラシでブラッシングをしてください靴ブラシは馬毛ブラシがおススメ!靴ブラシがないときには、使い古しの歯ブラシを使うとよいですよ。
  2. 乾いた布にミンクオイルをとり、ブーツの表面に薄く塗ります。皮の大敵といえば乾燥ミンクオイルを塗ることで、乾燥を防ぐことができます。ただし、塗り過ぎは禁物!ミンクオイルはブーツ表面の乾燥が気になったときに塗るだけで大丈夫です。また、一度に塗る量にも要注意!塗り過ぎるとカビの原因になってしまうので、ごくごく少量だけ塗ってください。
  3. オイルのついていない乾いた布でブーツ全体を磨きましょう。余分なオイルも拭き取ります。
  4. 最後に防水スプレーを吹きかけます

毎日のお手入れは①と乾拭き、②は1週間~1ヶ月に1度、もしくはブーツが雨で濡れたりひどく汚れたときに行ってください。防水スプレーの効果は数日~1週間程度しかもちません。1週間に1度、もしくは雨に濡れた後、乾拭きの後に防水スプレーを吹きかけましょう。

ブーツが雨で濡れてしまったときには、乾いた布で水分を拭き取り、風通しのよい日陰でブーツをしっかり乾かしてください。扇風機に当てるのもおススメ、ドライヤーなどの温風は皮にダメージを与えることがあるのでできるだけ避けてください。ブーツが完全に乾いたら、オイルを塗り防水スプレーをかけておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

ブーツを長期間保管するときには、シューキーパーと乾燥剤を使います。まずは型崩れを防ぐためにブーツにシューキーパーをセット、シューキーパーがないときには厚紙や丸めた新聞紙で代用してください。乾燥剤は靴(ブーツ用)のものを使うか、乾燥剤を不織布でくるんでからブーツに入れておきましょう。保管場所は、日差しの当たらない風通しのよいところ、靴箱に入れるときにはブーツの周りにも乾燥剤を置いておくとよいです。また、定期的に靴箱の扉を開け、空気を入れかえると、カビを防ぐことができます。

a1

https://pixabay.com/ja/%E9%9D%B4%E7%A3%A8%E3%81%8D-%E9%9D%B4%E3%82%92%E7%A3%A8%E3%81%8F-%E7%A3%A8%E3%81%8D%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7-%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%BF-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7-%E9%9D%A9-%E3%83%90%E3%83%95-72477/

 

近くにブーツクリーニングをしてくれるお店がない時は宅配クリーニング。有名な業者と申込方法の流れ

宅配でブーツクリーニングをしてくれるお店をご紹介します。

Lenet

http://www.kutsulenet.jp/

クリーニング料金3000円以上(北海道・沖縄は4000円以上)で往復送料が無料になります。ブーツのカビ取り、ムートンブーツなどの起毛素材にも対応。申込方法は簡単です。まずはLenetのサイトからクリーニングの申込手続きを行ってください。すると、指定した時間にクロネコヤマトが集配にくるので、それまでにダンボールなどの箱にクリーニングに出すブーツや靴を入れておきます。あとはクロネコヤマトの方に渡すだけです。最短14日できれいにクリーニングされたブーツが手元に帰ってきます。

クリーニング料金は、3足パックで1足あたり2993円、現在はキャンペーン価格として2480円(3足で7440円)です。クリーニング料金は1足だけよりも、まとめてクリーニングに出した方が1足あたりのクリーニング料金が安くなります。撥水加工などはオプションとして追加料金がかかります。

美靴パック

http://www.takuminuki.com/bikutsu/index.html

2足5500円(往復送料無料)のブーツ(靴)クリーニングサービスです。オプションで1足600円の保管料を支払えば、7か月間ブーツを保管してくれます。ロングブーツの保管場所に困っている方にはおすすめです。ちなみに、このサービスは2足で1セットのサービスです。3足目については、通常料金でのクリーニングになります。たとえば、3足クリーニングに出した位ときには、美靴パック+通常料金でクリーニングを頼むことになります。ロングブーツの通常料金は3700円です。

サイトの申込フォームから申込手続きを行います。確認メールが届いたら、クリーニングに出す靴を箱に梱包、佐川急便で着払いで送ります。

宛先)〒815-0082福岡県福岡市南区大楠3-28-33  (株)トゥトゥモロウ 靴みがき隊

   電話:092-521-9807

a2

https://www.pakutaso.com/20120820216post-1789.html

 

まとめ

以上が、ブーツのクリーニングや、さらに普段のお手入れ方法についてでした。お気に入りのブーツを長く履き続けたいときには、普段のお手入れを丁寧に行うことが大切!ブーツを履いた日は、ブーツの汚れをきちんと落としてあげてくださいね。ブーツがひどく汚れてしまったときやカビてしまったときには、プロの手を借りましょう。近くにクリーニング店がなくても、宅配クリーニングを利用すれば、お手頃な価格でクリーニングしてもらうことができます。ぜひ利用してみてください。

スポンサードリンク