この記事の所要時間: 416

夏が過ぎてしばらくすると風も冷たくなってきます。それを合図に木々が一斉に紅葉し始め、各地で紅葉ツアーなどが多く組まれます。今回は、紅葉の名所と名高い京都の中でも「東福寺」について、以下の見出しで書いていこうと思います。ぜひ、秋の行楽のご参考にしていただければと思います。

  • 紅葉が見ごろを迎える時期は?ライトアップは何時から何時まで?
  • 近隣の駐車場はどこがおすすめ?
  • 近隣に食事を出来る場所は?バーベキューの申込方法は?
  • まとめ

スポンサードリンク

紅葉が見ごろを迎える時期は?ライトアップは何時から何時まで?

紅葉には木々の水分と詰めたい空気が必要不可欠で、紅葉の見ごろもやはりその頃がベストです。具体的には11月の中旬頃で、その頃になると京都屈指の紅葉の名所である「東福寺」は多くの人で溢れかえっています。特に、おすすめなのは東福寺内に架かっている3本の橋の内、「通天橋」と呼ばれる橋の上からの眺めです左右見渡す限りに真っ赤な楓が望めます

 

東福寺の開館時間は紅葉の時期が一番時間が長く8:30~16:00となっております。この時間内に拝観する際は、以下の拝観料が必要となります。

通天橋、開山堂

  • 400円(小中学生)300円

国指定名勝 東福寺本坊庭園

  • 400円(小中学生300円)

また、紅葉の時期は日没後~20:30(受付は19:00まで)の間で紅葉がライトアップされ夜間特別拝観ができます拝観場所は勝林寺と天得院で、拝観場所で料金等異なる部分もありますので、詳しくは公式ホームページでご確認ください。

b

https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTWzcraZZjbL301jwlMREuSCSX7giTZAdfuiE6B6HuKFn2eRy4dzBN13ls

 

近隣の駐車場はどこがおすすめ?

東福寺境内には南北にそれぞれ駐車場が用意されていますが、紅葉のシーズンともなりますと、観光バスなども増え、満車になってしまうこともしばしばあります。そんな時のために、東福寺周辺の駐車場もしっかり押さえておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

タイムズ東福寺前

立地は東福寺野北側と、かなり便利なところにあります駐車台数も16台と割と多い収容台数です。平日であれば最大料金1,000円で利用できますので、こちらはかなり人気の駐車場となっています。

エコロパーク東福寺

駐車台数は11台と比較的多めで、東福寺駅から徒歩4分で、東福寺までは徒歩13分の立地です。料金も7:00~22:00は30分200円ですので、夜の紅葉ライトアップを少し見に行くぐらいだとそんなに料金も負担にならないかと思います。

リパーク伏見稲荷北第3

こちらは東福寺から徒歩だと少しかかるかもしれませんので、近くの七条駅から鳥羽街道駅まで電車に乗って行かれると東福寺のすぐそばで降りれます。駐車台数は12台で、1日最大料金が600円という安さなので、競争率はかなり高めかもしれません。

 

近隣に食事を出来る場所は?バーベキューの申込方法は?

東福寺は人気の観光スポットですので、車で10分圏内には多くの飲食店が立ち並んでいます。少しですが京都ならではの料理店や人気の行列店など紹介してまいります。

山水

ホテルセントノーム京都の1Fにある料亭で、見目も鮮やかな京料理を味わうことが出来ます。お昼時には昼膳と称したセットメニューを1,500円ぐらいでいただけます。夜でも3,000円ぐらいで楽しめるコースもあります。せっかくの京都ですから、京料理味わわないと損ですよね。

 

清水一芳園 京都本店

こちらのお店はカレーやマグロ丼などのランチメニューも大変おいしく人気があるのですが、やはり注目すべきはデザートです。茶問屋だからこそできたこだわりの抹茶スイーツは、1度食べたらやみつきになります。特に宇治抹茶氷エスプーマ仕立てと抹茶パフェは、味も見た目も満足度が高く、並んででも食べたい1品です。

 

最後に東福寺と聞いてあまりバーベキューというイメージはありませんが、東福寺のある東山区には1ヶ所だけバーベキューができるとことろがありますの以下ご紹介します。

 

焼肉の名門 天壇 祇園本店 鴨川スカイBBQガーデン

こちらはキャンプ場などではなく、5階の屋上から鴨川を眺めながらバーベキューが楽しめるスポットです。一望できる景色も素晴らしく、もともとが焼肉の名店ということもあり、予約がすぐに埋まってしまう人気店です。

 

まとめ

東福寺の紅葉は、赤一色ではなく黄色やオレンジが入り混じり、自然が造りなすその美しさには毎年多くの人を魅了しています。かなりの混雑が見込まれる紅葉シーズンですが、それでも行く価値のある絶景です。ぜひ、この秋は京都へ行って、思わず息をのむ体験をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク