この記事の所要時間: 57

友達の結婚式前や年末年始やお盆、早めに交換しておけば何の問題もないとは分かっているのに、それがなかなかできないのが新札の準備ですよね。うっかり忘れてしまったり、ついつい後回しにしてしまい、気づけば結婚式前日や年末年始のお休みに入っていたという経験をお持ちの方は多いのでは?新札への両替といえば銀行の窓口!なので、私も銀行の窓口が閉まってしまうと「万事休す」だと思っていたのですが、実は新札に交換してくれるのは銀行の窓口だけではないのです。調べてみると、新札への交換は銀行以外にもいろんな手が!!

ということで、今回は新札に交換する方法について、

  • 新札が欲しい!手に入れる方法は?手数料はいくら?
  • ATMで新札が出てくる場所はどこ?夜でも新札は入手可能?
  • 土日に新札が必要。どうすればいい?郵便局でも新札両替は対応してくれる?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

新札が欲しい!手に入れる方法は?手数料はいくら?

新札を手に入れる方法はいくつかあります。主な方法はこちら。

銀行の窓口で両替

銀行に行くと、両替用紙が置いてあるので、それに両替する金額を記入して窓口に持って行きましょう。窓口では「新札に両替してください」と言ってください。両替用紙の備考欄に「新札で」と書いておいてもよいですよ。手数料は銀行によって違いますが、お札30枚以内であれば多くの銀行窓口では手数料はかかりません。この方法の注意点は、窓口の営業時間。基本的に銀行の窓口の営業時間は平日の9:00~15:00まで。営業時間外は、別の方法で両替してください。

【メガバンクの窓口両替手数料】

  • 三菱東京UFJ:50枚まで無料。51枚目以上は324円~。
  • 三井住友:100枚まで無料。101枚目以上は324円~。
  • みずほ:50枚まで無料。51枚目以上は324円~。

両替用ATM

銀行に行くと、いつも使う銀行ATMの脇に両替用ATMがありますよね。この両替用ATMで新札を手に入れることができます。両替用ATMもお札数十枚程度であれば、手数料はかかりません。窓口が混雑しているときには、こちらで両替するのがおすすめです。ただ、銀行によっては1日1回までというように回数制限があり、その回数を超えると手数料がかかることがあります。また、両替機ではキャッシュカードが必要です。キャッシュカードがないと利用できないので要注意!また、両替用ATMも銀行窓口の営業時間しか利用することができません。土日や夜間は利用できないのです。

【両替用ATMの手数料】

  • 三菱東京UFJ:1日1回500枚まで無料。2回目および501枚目以上は200円~。
  • 三井住友:1日1回500枚まで無料。2回目および501枚目以上は324円~。

郵便局で両替

郵便局の窓口でも新札への両替に対応してくれます。手数料は無料です。ただ、窓口に新札がないなど、場合によっては両替できないことがあるので要注意!郵便局の窓口は、平日は銀行の営業時間より遅くまで営業(集配局は19:00まで)しているので、銀行の営業時間に間に合わなかったときには、郵便局に走るとよいですよ。

ホテルのフロント、デパートの文房具屋

ホテルのフロントや祝儀袋などを取り扱うデパートの売り場には新札が置いてあるそうです。土日で銀行も郵便局も開いていないというときには、ホテルやデパートで両替してもらいましょう。ただ、ホテルやデパートのお客様でないとなかなか言い出しにくいのが難点ですが。祝儀袋をまだ用意していないときには、祝儀袋を買うついでに新札に両替してもらうとよいですよ。

v1

https://www.pakutaso.com/20120717188post-1670.html

 

ATMで新札が出てくる場所はどこ?夜でも新札は入手可能?

新札が出てくるATMは銀行の本店や支店のATMコーナーにある両替用ATMです。ただ、普通のATMでも運がよければ新札が出てくることも。土日や銀行や両替ATMの営業時間後、どうしても新札を手に入れたいというときには、夜間も開いているATMやコンビニのATMで新札が出るまでお金を引き出してみてください。とはいえ、夜間は引き出しに手数料がかかることもあるので、できるだけ昼間のうちに新札に替えておく方がよさそうです。

 

スポンサードリンク

 

v2

http://www.irasutoya.com/2016/03/blog-post_913.html

 

土日に新札が必要。どうすればいい?郵便局でも新札両替は対応してくれる?

土日に新札が必要なときには、ホテルのフロントやデパートで両替してもらうのがおすすめです。手数料はかかりませんが、祝儀袋を買うなり、ホテルの有料サービスを利用するなりしてから、両替をお願いするのがよいでしょう。郵便局でも新札両替を行っており、さらに郵便局の中には土日にも窓口が開いているところもありますが、新札への両替に対応してもらえるかは微妙な線……窓口が空いていて、且つ、窓口に新札があれば、窓口の方が気を利かせて両替してくれるかもしれません。可能性はゼロではないので、行ってみる価値はあります。ちなみに、土日に窓口が開いている郵便局とは、地域の拠点となっている集配郵便局やそれと同じくらいの規模の支店です。小さな郵便局の窓口は土日は閉まっているので、気を付けてくださいね。

v3

https://www.pakutaso.com/20150842216post-5845.html

 

まとめ

以上が、新札に交換する方法についてでした。銀行窓口の営業時間後に新札に交換したいときには、まずは郵便局に行ってみましょう。平日であれば銀行窓口が閉まった後も、無料で交換してくれますし、土日でも運がよければ交換してもらえます。郵便局がだめなら、ホテルやデパートへ!

また、アイロンでお財布のお札の皺を伸ばして新札に見せるという方法もあるそうです。ホテルやデパートに行く時間がないときには、ぜひお試しあれ

スポンサードリンク