この記事の所要時間: 412

清水寺の名前の由来は、清い水の地に建立されたお寺だからだそうです。京都でも群を抜いて人気の観光スポットで、外国人も含めいつも多くの観光客でにぎわっています。特に桜の時期と紅葉の時期の人出は相当な数になりますが、それぐらい満足度の高い絶景を観せてくれます。今回はそんな大人気の「清水寺」について以下の見出しで書いてまいります。

  • 清水寺の紅葉シーズンはいつ?ライトアップの時間は何時から何時まで?
  • 近隣の駐車場おすすめは?近い所と安い所をピックアップしてご紹介
  • お土産の定番は?御朱印をもらえる場所と時間は?
  • まとめ

スポンサードリンク

清水寺の紅葉シーズンはいつ?ライトアップの時間は何時から何時まで?

京都観光ランキングでも堂々の1位の清水寺の紅葉は境内全体が赤一色に染まり、その景色に多くの人々が魅了されています。そんな清水寺の紅葉シーズンですが、京都市内の紅葉シーズンは例年11月中旬~11月下旬頃ですので、清水寺の紅葉も同時期に見頃を迎えると思われます

 

また、2016年の夜間特別拝観のライトアップの期間は11月12日~12月4日となっています時間は18:00~21:00(受付終了)で、日中の開門時間は6:00~18:00となっています。

c

https://farm4.staticflickr.com/3847/14904108269_1cb52d5bed_m.jpg

 

近隣の駐車場おすすめは?近い所と安い所をピックアップしてご紹介

清水寺は人気の観光スポット故に、車で行くとかなりの混雑を見込まれるため、ホームページ上でも電車やバスなどの公共交通機関の利用が勧められています。また、清水寺境内には駐車場がありませんので、周辺の駐車場を探すしかありません。しかし、歩くのがちょっと大変だったりする方もいらっしゃるとおもいますので、今回はお車で行かれる場合の清水寺周辺駐車場を少しご紹介いたします。

タイムズ茶わん坂清水寺前

こちらは清水寺まで徒歩6分で一番近い駐車場です。しかし、収容台数が2台と競争率がかなり激しいため運が良ければ停められるかもしれません。

 

京都市清水坂観光駐車場

こちらは清水寺まで徒歩8分の距離にありながら、収容台数114台、料金は何と1日1000円と今回ご紹介する中で価格的にも位置的にも一番お得な駐車場です。

タイムズ清水道

こちらは平日の7:00~21:00の間の利用であれば最大2000円で土日祝は同時間内で最大3200円です。料金は少し高いように見えますが、清水寺までの距離は8分ですし、清水寺だけでなく京都中をゆっくり観光したい方にはぜひおすすめしたい駐車場です。

パラカ京都市清水第1

こちらも徒歩8分で清水寺に着きます。収容台数は15台と少し少なめですが、平日であれば入庫後12時間の最大料金が1200円ですので、平日に観光を予定されている方にはおすすめです。

 

 

お土産の定番は?御朱印をもらえる場所と時間は?

 

清水寺に行く途中の参道にはいくつものお土産屋さんが立ち並んでいて、八ツ橋ひとつにしてもどこで買うか迷ってしまいます。今回はその中でもおすすめのお土産を少しご紹介します。

 

  • 本家西尾八ツ橋

こちらは八ツ橋発祥のお店として有名で、こちらのお店の八ツ橋は約20種類ほどあり、清水寺に来たら絶対買う定番お土産のひとつです。

 

  • よーじや 祇園店

こちらはあぶらとり紙で有名なお店です。電車の駅から清水寺まで行く途中にありますので、観光のついでに立ち寄れるので大変便利です。

 

  • 祇園辻利

こちらは様々なお菓子や飲料に使われる、京の抹茶の代表格のお店です。お茶だけでなく、抹茶を使ったお菓子などどれも絶品です。こちらではお土産だけでなく併設のカフェスペースで自慢の抹茶を使ったスイーツも食べることが出来ます。

 

それでは、最後に清水寺の御朱印についてご紹介いたします。

 

清水寺の御朱印は全部で8種類あり、料金もそれぞれ300円です。もらえる場所ですが、清水寺境内の各お堂と地主神社でもらうことができます。地主神社に行かれる際は、別途拝観料(大人300円、小中学生200円)が必要となりますのでご注意ください。

d1

https://farm4.staticflickr.com/3235/3073210383_f32fe1a877_m.jpg

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?清水の舞台とも言われる清水寺本堂は国宝にもなっており、毎日多くの人が観光に訪れています。もしかしたら学生の修学旅行以来行ってないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?年を重ねると様々なモノが奥深く見えるようになります。ぜひ、この秋は新たな体験をしに清水寺に訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク