この記事の所要時間: 73

毎日通勤に使っている鞄、ふと見ると、生地に白いものが……これってもしかしてカビ!?ということ、ありますよね。また、押入れやクローゼットにしまいっぱなしにしていた鞄、久しぶりに取り出してみるとカビだらけになっていた、なんてことも。靴ならまだしも、鞄にカビが生えるなんて、あまりピンときませんよね。でも実は、鞄は靴と並んでカビの生えやすいものです

ということで、今回は鞄がカビてしまう原因やカビの落とし方などについて、

  • カバンにカビが…。カビてしまう原因と対策方法は?
  • 布カバンについてしまったカビの落とし方は?
  • ナイロンについてしまったカビの落とし方は?
  • 革カバンについてしまったカビの落とし方は?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。お気に入りの鞄がカビてしまった方、泣く泣く処分するその前に、これからご紹介する方法をぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

カバンにカビが…。カビてしまう原因と対策方法は?

カビは温度が25度以上、湿度が80%以上の環境になると、繁殖・増殖します。つまり、日本の梅雨~夏にかけてはカビの楽園!どこにカビが生えてもおかしくないということです。もちろん、鞄もその例外ではありません。

また、鞄の内部は通気性がほぼ皆無。特に荷物を多く詰めていたり、押入れやクローゼットにしまいこんだ鞄は湿気がこもりやすいです。鞄にカビが生えやすい所以です。

さらに、革製の鞄は生地にカビの栄養となる植物タンニンや油脂が含まれています。革製鞄のケアに使う皮革用クリームもカビの栄養分!環境と栄養のダブルコンボ、これではカビが生えない方がおかしいですよね。革製の鞄以外、たとえば布鞄やナイロン鞄でも油断はできません。鞄の表面や内部、頻繁に手で触りますよね。手の皮脂やハンドクリームが鞄につくと、それがカビのエサになります。鞄の中に残ったお菓子のカスや鞄に染み込んだ汗、ジュースももちろんカビのエサです。

鞄にカビを繁殖させないための対策方法はこちら。

  • 通気性を確保すること

鞄に荷物を詰め込みすぎない。鞄に荷物を詰めたままにせず、一日の終わりには荷物を出して鞄の中の空気を入れ替える。

  • 風通しのよい場所で保管すること

押入れやクローゼットに入れっぱなしにしない。保管している鞄はときには取り出し、風通しのよい場所に置く。ときには天日干し(もしくは陰干し)をする

  • 鞄の中に食べ物・飲み物を入れたままにしないこと

鞄に残った食べ物カスは掃除機などで吸い出す。

  • 保護用クリームを塗った後は、乾いた布で余分なクリームを拭き取っておくこと
  • 鞄を濡れたままにしないこと

濡れた鞄は天日干しでよく乾かす。特に夏は汗が鞄に染み込みやすいので、定期的に天日干しをする。

c

http://girlydrop.com/girls/2497

 

布カバンについてしまったカビの落とし方は?

布鞄についてしまったカビの落とし方は3通りあります。

1.消毒用エタノールで拭き取る

カビのついた場所に消毒用エタノールをスプレーし(もしくは、布に消毒用エタノールを含ませカビの場所を拭き)、乾いた布でカビをこすりとるように拭く。

2.重曹でカビを取る

スプレーボトルに、水100ccに重曹小さじ1の割合で重曹水を作り、カビのついた場所に吹きかけます。数分おいたら、乾いた布で拭き取り、天日干しましょう。落としにくいカビやカビの臭いが気になるときには、重曹を粉末のまま振りかけ、一晩おいておきます。

3洗濯する

水洗い可の布鞄は洗濯で、カビを落とすことができます。手洗い、もしくは洗濯ネットに入れて洗濯機で回してください。また、ひどいカビにはワイドハイターなどの酸素系漂白剤を溶かしたお湯で浸けおきするのがおすすめです。1~2時間浸けたら、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗いましょう。浸けおきの後、カビの部分を歯ブラシでこするとさらにカビが落ちやすくなりますよ。

 

スポンサードリンク

 

上記の方法はいずれも色落ちや型崩れ(洗濯機で回した場合は特に)の危険があります。カビを落とす前に、裏地や端っこの目立たない箇所で色落ちをしないか、確認しておきましょう。

カビのついた布鞄をクリーニングに出したときの、クリーニング代は、鞄のサイズや価格(ブランドものかどうか)にもよりますが、安いところで3000円、相場は5000円前後です。

c1

https://www.pakutaso.com/20130954255post-3271.html

 

ナイロンについてしまったカビの落とし方は?

ナイロン鞄のカビの落とし方も基本的には布鞄を同じです。消毒用エタノールやワイドハイターで落とします。こちらも色落ちの可能性があるので、色落ちチェックをしてから、カビの箇所にエタノールやワイドハイターをつけましょう。水洗い可のナイロン鞄は洗濯機で洗ってみてください。

ナイロン鞄のクリーニングは、安いお店で3000円~、相場は5000円前後です。こちらも、鞄のサイズやブランド/ノンブランドもので料金が分かれているので、詳しくはクリーニング屋さんに問い合わせてみてください。

c3

https://pixabay.com/ja/%E9%9D%B4-%E4%BA%BA-%E6%97%85%E8%A1%8C-%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF-%E8%B6%B3-%E5%BE%85%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99-%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8-%E3%83%91%E3%82%B9-69682/

 

革カバンについてしまったカビの落とし方は?

革鞄のカビの落とし方をご紹介します。

  1. カビの部分を水で濡らしよく絞ったタオルで拭く
  2. 天日干しをする(紫外線にはカビを殺す作用があります)
  3. 完全に乾いたら保湿用クリームを塗り、最後に新しい布で乾拭きをする

これが基本の落とし方ですが、革によっては消毒用エタノールを使ってもよいでしょう。変色をしないことを確認してから、消毒用エタノールを含ませた布でカビの部分を叩くように拭いてください。その後、よく絞った濡れタオルで再度拭き、天日干し、アフターケアを行います。

革製鞄のカビ取りにはこのアイテムを使うのもおすすめです。

コロニル社製 ユニクリーム 50ml /バッグ・財布にスムースレザー用 油・カビ取りクリーナー【メンズ】【革】【レザー】【レディース】【バッグ・財布・革靴】本革:

http://item.rakuten.co.jp/side7/10000186/

革鞄のカビ取りで素人ができることは多くありません。頑固なカビはプロに任せましょう。革鞄のクリーニングは、安いお店で5000円~、相場は10000円前後、ブランドものなど高級な革鞄のクリーニングだと2000円以上かかることもあります。20000円というと、クリーニング代としては破格の値段ですが、安いクリーニングに出してしまったがために一生ものと決めていた鞄が台無しになったのでは元も子もありませんよね。ブランドものや高級品のクリーニングでは、料金はけちらない方がよいですよ。

革鞄の場合は、購入したお店やブランドショップに持ち込むのもおすすめです。

c4

https://pixabay.com/ja/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0-%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88-1410823/

 

まとめ

以上が、鞄についてしまったカビの落とし方についてでした。鞄にカビがついてしまったときには、とりあえずは消毒用エタノールで対処してみてください。エタノールにはカビのタンパク質を分解する力があるので、カビには効果てき面です。エタノールで落ちないカビには、重曹やワイドハイターなどで対処!逆にエタノールで色落ち・変色してしまった場合には、濡らしたタオルでカビの部分を拭き、天日干ししておきましょう。

スポンサードリンク