この記事の所要時間: 442

あくびをしたり、大きく口を開けてモノを食べたりするときピリッと口の端が痛むことありませんか?治っては繰り返しの連続でなかなか治りにくいのですが、そもそもなぜ口の端が切れるか原因ってご存知ですか?

今回は口の端が切れる原因、治療法などを含めて以下の見出しで書いていこうと思います。

  • 口の端が切れてしまう理由って?治らない病気?
  • 治し方は薬?病院に行く場合は皮膚科?
  • 貧血や胃の病気との症状の違いは?
  • まとめ

スポンサードリンク

口の端が切れてしまう理由って?治らない病気?

気づいたら口の端が切れていて、食事をとったり、笑ったり、口を大きく開けるたびに治りかけていた傷口をまた切ってしまうという症状は比較的多くの方が経験されていることだと思います。この症状は口角炎(こうかくえん)と呼ばれ、原因は乾燥のせいと思っている方が多いと思うのですが、この症状の発症原因は実は乾燥だけではありません。今回はいくつかあるとされる原因の中で主原因とされる4つをご紹介いたします。

カンジダ菌(カビ)などの細菌感染

こちらは、細菌が直接的な原因というよりも睡眠不足などの生活習慣の乱れや過度なストレスを感じることで体内の免疫力が低下して引き起こされます。

ビタミン不足

こちらは食生活の乱れによるもので、特にその中でビタミンB2、ビタミンB6、鉄分などが不足すると引き起こされる可能性が高くなります。

アトピー性皮膚炎など

アトピー性皮膚炎の方は乾燥していると、少しの刺激でも皮膚にかゆみを感じたり、皮膚が切れたりしますので、それが原因で口の端が切れることがあります。

化粧品や薬剤などによるかぶれ

特に女性の方に多い原因で、使用している口紅やリップなどのその他化粧品などに含まれている添加物が肌に合わず肌に炎症を起こしてしまうことがあります。

 

スポンサードリンク

 

このように原因は様々ありますが、決して治らない病気ではありません。

b

http://www.photo-ac.com/main/search?q=%E5%94%87&srt=dlrank

治し方は薬?病院に行く場合は皮膚科?

 

さて、治す方法ですが一番手っ取り早いのは病院に行って診察してもらい症状に見合った薬を処方してもらうことです。その際、受診されるのは皮膚科で大丈夫です。

 

おそらく細菌の作用を抑制される抗生物質と原因によってはビタミン剤なども処方されると思います。

 

また、病院に行く時間がないので市販薬で治したいという方には、以下の薬がおすすめです。

 

モアリップ(資生堂薬品)

チューブスティックタイプで手を汚さずに塗れる便利な軟膏です。こまめに塗ることで完治の時間も短く出来ます。

http://item.rakuten.co.jp/rakuten24/m510630h/

 

レビオ(大正製薬)

こちらは、液体タイプのお薬です。口の中、唇どちらにも使用でき、甘い味でしみないので小さいお子様、赤ちゃんにもおすすめです。

http://item.rakuten.co.jp/kenkocom/e026680h/

 

メディリップ(ユースキン製薬)

ジャータイプで塗るたび手についてしまうのですが、その保湿力は多くの人の支持を得ています。口角炎の症状にはもちろん、普段の唇ケアのひとつとして取り入れている方も多いようです。

http://item.rakuten.co.jp/kenkocom/e138273h/

 

 

貧血や胃の病気との症状の違いは?

 

口角炎は口唇の状態が直接的な原因ではなく、胃の状態、貧血などからもたらされることもありますので、各病気の症状の特徴を紹介していきます。

 

まず、胃の病気に関してですが、主な胃の病気とされる胃がんや胃炎、胃潰瘍などの初期症状として口角炎が現れるということはあまりありません。ほとんどがみぞおち辺りの痛みや胸焼け、吐き気などを引き起こします。しかし、胃の調子が悪いことで引き起こされる肌荒れのように、体の免疫低下によって口角炎が発症してしまうことはあります。対処法としては、水分を取って、胃に優しい消化の良いものを摂取して、胃を休ませてあげることが大切です。

 

次に、貧血ですが、軽度ですと口角炎などの症状はあまり見られませんが、重度の貧血になると口角炎や唇がガサガサになるなどの症状が出てくることがあります。そのほとんどの原因が、貧血によって引き起こされた「プランマー・ビンソン症候群」という合併症によるものです。鉄分の欠乏により、上皮組織を正常に保っていた機能が作用しなくなり粘膜や皮膚、爪に変化をもたらします。もし、貧血気味で口角炎などの症状が発症されている方は、一度病院を受診されて、鉄剤など処方してもらうことをおすすめします。

b1

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img.ac-illust.com/illust_data/000492/492112/492112s.jpg

まとめ

口角炎は冬の乾燥によるものだと思っていましたので、正直今までそんなに重く受け止めていませんでした。薬を処方してすぐ治ればいいのですが、長引いた場合は、生活習慣や食生活の見直し、病院の受診が必要なものなどありますので、発症してしまった際には、ぜひ自分の健康状況を再度確認し直してみましょう。

スポンサードリンク