この記事の所要時間: 415

エアコンによるトラブルがご近所間で以外に多いってことご存知でしたか?それは、エアコンではなく外に繋がれている室外機の音です。一度「ガタガタ」と振動音が耳に付くと、部屋の窓を閉めても気になってしまう方が多いみたいで、それがトラブルの発端になってしまったりするのです。ということで今回はエアコンの「室外機」の騒音について、

  • 室外機から大きな音が出てしまう原因は?寿命はどれぐらい?
  • 修理をする場合の費用はいかほど?振動対策に使えるグッズは?
  • 隣に住んでる人の室外機がうるさい時の対処法は?大家さん?管理室?
  • まとめ

以上の見出しで書いてまいります。ぜひ、問題解決のご参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

室外機から大きな音が出てしまう原因は?寿命はどれぐらい?

室外機は一般的に暖房を使用しているときに大きな音がします。その理由は熱を外部へ出す冷房より、暖かい空気を外部から集める暖房の方が大きな出力を必要とするからです。ですが、それを踏まえても気になるぐらいの騒音を感じるのであれば、以下の原因が考えられます。

  • 送風用のモーターなどの室外機の部品が劣化している
  • フィルターにごみやほこりが詰まっている

上記の原因を解決してみても、室外機から騒音、異音がする場合は買い替えのタイミングかもしれません。そもそものエアコンや室外機の寿命はだいたい10年と言われています。しかし、屋外に設置されている室外機はその期間より早く故障してしまう可能性が高いですので、長持ちさせたい場合は、エアコンや室外機に汚れが詰まったりしないよう定期的なメンテナンスを行いましょう。

s

http://www.photo-ac.com/main/search?q=%E5%AE%A4%E5%A4%96%E6%A9%9F&srt=dlrank

 

修理をする場合の費用はいかほど?振動対策に使えるグッズは?

室外機のメーカーや購入時期によっては無償もしくは数割負担で補償してくれるところもあります。しかし、そのような保証が無い場合はメーカーにお願いするか、修理業者に自分で依頼しなければいけません。その際の料金の目安としてはだいたい10,000円~20,000ぐらいが相場のようです。内容としては出張料・技術料・部品代となっています。

 

スポンサードリンク

また、修理とまではいかない、もしくは業者に修理を依頼する前に自分でどうにかしてみてそれでもだめだったら業者に依頼しようと思っている方もいるとは思いますので、そんな方におすすめの室外機騒音対策グッズを少しご紹介します。

防振ゴム

4個入りで約700円です。修理代を考えればまずこちらを試してみたほうがいいかもしれません。室外機の下の四隅に差し込んで防振するタイプです。

http://item.rakuten.co.jp/iefan/kace-3417/

制振シート

こちらは室外機の外側に直接貼って防音するシートタイプのグッズです。30cm×40cmのシートが5枚入りで約1,700円ですのでこちらも試す価値ありです。

http://item.rakuten.co.jp/yamakishi/22397423/

 

隣に住んでる人の室外機がうるさい時の対処法は?大家さん?管理室?

様々あるご近所トラブルの中で騒音は常に上位を占めています。それぐらい騒音はトラブルに発展しやすいということです。今回はどのように騒音に対処すればよいかご紹介します。

マンション、アパートの方

この場合はマンションなどの管理会社か大家さんにまず相談しましょう。管理側としては契約者の住居環境を守る義務を有しておりますので、何かしら対策を講じてくれるはずです。

一軒家の方

役場や市役所の生活課などを尋ねてご近所の騒音について相談すると良いでしょう。事前に騒音計などで音の度合いを測って相談の際の資料にすると話が早く進みますが、勝手によそ様の住居スペースに侵入するのは許されませんので、役所の方に音を計測してもらいましょう。「騒音」と認定されれば、騒音の出所である主人に対処を講じるよう指示がでると思います。

 

この問題の最大のポイントは「当人同士のみで解決しないこと」です。直接騒音先の相手に注意をしてもなかなか聞き受けてもらえないばかりか、関係が悪化してその後の生活に支障をきたす可能性もありえます。

s1

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img.ac-illust.com/illust_data/000347/347877/347877s.jpg

 

まとめ

エアコンをつける時は、部屋を閉め切っていたりするので意外と自分では室外機の音など気にならないものですが、マンションの隣や下の階の人の耳には結構入っているものです。故障していれば買い換えればいいですが、まずは防音グッズなどで試してみて、お財布にも隣人にも優しい対策をしたいものです。

 

スポンサードリンク