この記事の所要時間: 46

冬も本番になってくると心配なのがインフルエンザです。受験生がいらっしゃる方や小さなお子さんがいらっしゃる方、妊娠されている方は特に神経を使ってらっしゃると思います。そこで今回はインフルエンザ予防接種後に気をつけることやインフルエンザと入浴の問題などについて描いていこうと思います。詳しい内容は以下の見出しのようになっております。

  • 予防接種を受けた日のお風呂。子どもや妊婦が入っても大丈夫?
  • 風呂に入っても大丈夫なタイミングは?治りかけの時は?
  • 予防接種を受けた日のお酒は大丈夫?予防接種の副作用は?
  • まとめ

スポンサードリンク

予防接種を受けた日のお風呂。子どもや妊婦が入っても大丈夫?

 

インフルエンザの予防接種は大人になると中々毎年できなかったりしますが、小さなお子さんは毎年されていると思いますし、妊娠されている方は気をつけていらっしゃると思います。

 

大体インフルエンザの予防接種が終わったら、お医者さんがその場で「24時間以内の過度な運動と飲酒は控えるように」と指示されます。それは、予防接種後何か副作用があるときおそらく発熱などの症状で見分けるからでしょう。運動や飲酒をすると副作用による発熱かどうか分からなくなってしまう恐れがあります。

 

では、入浴はどうでしょうか?

 

入浴に関しては、少し前まではシャワーのみOKでしたが、最近では注射部分をあまり浸けない、こすらないようにすれば入浴も大丈夫と言われるお医者さんが増えました。これは子どもや妊婦さん皆同じようですので、予防接種後も入浴して大丈夫です。

a2

https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQlb8VFZ7IG6GYy069ZH0h6gAk4CRLXqsLxbuajfqi76kMO88IvvjvcGAQ

風呂に入っても大丈夫なタイミングは?治りかけの時は?

 

インフルエンザを発症してしまった後の入浴についてですが、まず原則的に入浴等は汗をかき体力を結構消耗してしまいますので、ウイルスが活発な時期に入浴してしまうとそれだけウイルスと戦う体力を使ってしまうことになります。ですので、体がまだだるいときや熱が高いときは入浴は控えて、濡らしたタオル等で体を拭き、こまめに着替えをする程度にしましょう。

 

スポンサードリンク

入浴できるタイミングですが、だいたい37度前後になって体のだるさも軽くなったら大丈夫でしょう。いきなり湯船に浸かると体力が戻り始めたばかりでまた疲れてしまいますので最初はシャワーぐらいにしておきましょう。

a3

https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQe6sBI_81hIa6gJqUGed3jV4Maj6rDfKS1vJXpmWvItP-_Ia-I43-TeAI

予防接種を受けた日のお酒は大丈夫?予防接種の副作用は?

 

予防接種を受けた日の飲酒は控えるようにお医者さんから必ず指示があります。理由はインフルエンザ予防接種の副作用と関係があります。

インフルエンザワクチンは接種後以下のような副作用が起こる可能性があります。

  • 接種箇所の赤み、腫れ、痛み
  • 発熱、頭痛、悪寒、だるさなど風邪のような症状

 

こちらは必ず起こるわけではありませんが、接種した方の約10%が起こりうる副作用です。上記の副作用の中で、「発熱」とありますが、もし接種後飲酒や激しい運動などしてしまったら、副作用による熱かどうかの判断が難しくなり、対応が遅れることが考えられます。また、稀に起こる副作用としては、アナフィラキシーショックのような症状で発疹、じんましん、かゆみ、呼吸困難などが起こることもあります。予防接種をした日は、1日安静に過ごしましょう。

a4

https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSrzQ0U93FziRoyPPvkimtcOjCdZfEZbeDCdOZ51hJm_V06_fhrBE-QLpg

 

まとめ

今回の内容をまとめますと

  • インフルエンザワクチン接種後の入浴は妊婦さん、幼児ともにOK。飲酒はNG。
  • インフルエンザ治りかけの入浴は熱が平熱近くまで下がったらOK。

 

ということでした。今まで接種後の飲酒と運動を控えるように言われていた理由など意外と思い違っていましたし、最近までは接種後の入浴も控えるように言われていたのが変わっていたりと、改めて知ることもたくさんありました。命に関わることですので、正しい情報を取り入れてこの冬も健康に過ごしていきましょう。

 

 

スポンサードリンク