この記事の所要時間: 449

最近では様式の住宅が好まれていますので中々見ることができませんが、昔ながらの日本家屋には「床の間」って必ずありますよね。でも、そもそもなぜ「床の間」が設けられているかご存知ですか?今回はそんな「床の間」についての意味や現代風にアレンジした使い方などを含めた以下の見出しで書いてまいります。

  • 和室の床の間は何のためにあるの?飾るものとその意味は?
  • 床の間に仏壇はNG?収納場所に改変する際の注意点は?
  • 床の間にお正月に飾るものは何?
  • まとめ

スポンサードリンク

和室の床の間は何のためにあるの?飾るものとその意味は?

床の間の歴史は古く、諸説ありますが奈良時代から始まったと言われています。その始まりはまず「床(とこ)」というのは座る場所、寝る場所という意味があり、身分が高い方が座る場所を一段高くするために作られたようです。

その後、室町時代になると書院造という住宅様式が広がりました。この間に床の間には装飾が施され、その華やかさで家の力関係を示すようになりました。

江戸時代になると千利休が広めた簡素簡略の精神の影響で床の間も規模が縮小されたと言われています。しかし、床の間が上座という意識はそのまま残りましたので、生け花や掛け軸などで装飾した床の間側に身分の高い客人や主人などを座らせるという使い方が明治以降も続きました。

現代でも結納などの時期にきれいな生け花を床の間に飾ることには「この花のように美しい女性」や「この花のようにお嬢さんを大切にします」という女性側へのメッセージを伝えていると言われています。

b

https://farm4.staticflickr.com/3349/3444137774_dd91f30c89_m.jpg

 

床の間に仏壇はNG?収納場所に改変する際の注意点は?

先ほども言いましたが床の間とは他の場所より一段高くなっており、身分の高い方を迎える場所です。作法上大きな物を置いたりするのはいいこととはされていません。しかし、現代の住宅事情や生活で使いやすいものとするようにでしょうか、最近では床の間に仏壇を安置されている方も多く、それといって問題はないようです。

このように床の間を本来の形式以外の使い方をしている方がたくさんいらっしゃいます。さらに最近では床の間を新たな収納スペースとして活用している方もいるようです。活用方法として多いのが床の間のくぼみを利用したクローゼットです。簡単に方法と注意点をご紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク

 

まず、床の間の状態にすぐ戻せるように活用しましょう。

多少なりとも神聖な場所でありますし、将来また床の間として活用する可能性がありますので、ドリルなどで傷つけずに収納スペースとして活用しましょう。その際はつっぱり棒やカラーボックスなどを使うと簡単にクローゼットのようなスペースが完成しますよ。

最後は、床の間の板を傷つけないように活用しましょう。

床の間の板は上質な板が使用されていることが多いですので、板の上に3段ボックスなど置く際は必ず、シートなどを先に敷いてその上に置くと良いでしょう。

b1

https://farm4.staticflickr.com/3043/2957905964_90c2f77b79_m.jpg

 

床の間にお正月に飾るものは何?

床の間は神様を迎える場所でもあるようです。そのため、お正月になると神様を迎える用意として以下の物がよく飾りとして使われます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★掛軸 掛け軸 旭日松竹梅鶴亀 渡辺月峰作 送料無料 掛軸
価格:13800円(税込、送料無料) (2016/11/1時点)

  • 松竹梅などの生け花

 

この場合、床の間の向かって右に鏡餅、左に生け花を飾るようにしましょう。広い床の間をお持ちの方でしたら以上の装飾以外にも、

  • その年の干支の置物
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

干支 置物 土鈴 鶏 酉 錦彩招福酉(松竹梅)
価格:416円(税込、送料別) (2016/11/1時点)

  • 羽子板

  • 日本酒

などもよく飾られています。

 

まとめ

いかがでしたか?最近では床の間も和のインテリアのひとつとしてまた人気が出てきているようです。モダンなインテリアとして進化した床の間の空間がまた現代人に安らぎの時間を与えてくれそうです。ぜひそれぞれの方法で床の間を楽しんでみてください。

スポンサードリンク