この記事の所要時間: 414

寒くなってくると温かい飲み物でホッと一息つきたくなりますよね。特に夜は寝る前に温かい飲み物を飲むとリラックスできるので、ホットミルクやココアなどを作られる方も多いのではないでしょうか?でも、ミルクは問題ないとしてココアってカフェイン等含まれているのでしょうか?だとしたら夜に飲むには不向きですよね。今回はそんな気になる「ココア」について以下の見出しで書いていこうと思います。

  • 実はココアにはカフェインが入っている?その量は?コーヒーと比較すると多い?
  • リラックス効果があるココアを寝る前に飲むのはOK?
  • ココアの糖質の量は?他の飲み物と比較すると?
  • まとめ

スポンサードリンク

実はココアにはカフェインが入っている?その量は?コーヒーと比較すると多い?

コーヒーや紅茶、緑茶にカフェインが含まれているのは有名です。しかし、ココアにカフェインが含まれているかどうかはあまり知られていないことかもしれません。実はココアにもコーヒーと比べると少ないですが、カフェインが含まれています。その含有量は以下のようになっております。

 

100mlに含まれるカフェイン含有量

  • ココア・・・30mg

ちなみにコーヒーなどのカフェイン含有量ですが、

 

100mlに含まれるカフェイン含有量

  • コーヒー・・・60mg
  • 紅茶・・・30mg
  • 煎茶・・・20mg

という結果です。ココアのカフェイン含有量は紅茶と同様で意外と多いです。ですので、妊婦さんには不向きですし、睡眠前によく飲まれる方は摂取量に注意した方が良さそうです。

a

https://farm9.staticflickr.com/8177/8014205710_1656e840b9_m.jpg

 

リラックス効果があるココアを寝る前に飲むのはOK?

ココアは冬の寒い夜に体を温め、ホッと一息つけるドリンクというイメージがあります。しかし、先ほどお伝えしたように紅茶と同量のカフェインが含まれている飲み物でもあります。果たして寝る前にココアを飲むのは問題ないのか疑問なところです。ここではココアのある成分に着目していきます。

 

 

スポンサードリンク

 

それが、「デオブロミン」というカフェインに似た成分です。この成分は以下のような働きがあります。

  • 体温を上昇させます。
  • セロトニンに働きかけ、脳内から癒し物質を放出させ、リラックスさせます。
  • 利尿作用があります。
  • 覚醒効果があります。

 

以上のようにココアを摂取することによりリラックスすることができます。しかし、覚醒効果や利尿作用により睡眠の質が落ちることも懸念されます。ですので、ココアは寝る直前ではなく朝や昼に飲むことをおすすめします。夜ならば読書や勉強などをする前に飲むと集中力が増す効果もありますのでおすすめです。

a1

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSxrz1B_3DhYuaIsEEnLjuBVpwprdFTsxg-e2a88G476alS19RE9OY7AP3V

 

ココアの糖質の量は?他の飲み物と比較すると?

ココアはカフェイン以外にも糖質の量も気になるところです。最近では、「純ココア」や「ピュアココア」などの商品名でカカオオンリーのココアも手に入れやすくなりました。しかし、よく飲まれるのはやはり甘い「ミルクココア」でしょう。ちなみにこの2種類の糖質の量ですが、

 

100gあたりの糖質量

  • 純ココア・・・16g
  • ミルクココア・・・74.9g

 

とかなりの差があります。そしては今回は他のいくつかの飲み物の糖質量も調べてみました。

100gあたりの糖質量

  • コーラ・・・11.4g
  • オレンジジュース(100%)・・・10.7g
  • コーヒー・・・0.7g
  • 紅茶・・・0.1g
  • 抹茶・・・0g

 

この結果から、他の飲み物と比べるとココアに含まれる糖質量はかなり多いことが分かります。妊娠中の方は糖質過多は厳禁ですし、ダイエット中の方も摂取量は注意されたほうがいいでしょう。

a3

https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcStIoVd7CpaEAv-DJnr61yfK8Nnk3d8O5yD-LOYPzQfhH6eUEYv_kGooOPI

 

まとめ

いかががでしたか?ココアの糖質量が他の飲み物に比べると多いだろうということは何となく予想できていましたが、カフェイン含有量があんなに多いとは思いませんでした。紅茶と同量ですので今後は寝る直前ではなく、テレビや読書など1日のリラックスタイムの前に取り入れようかと思います。皆さんもぜひココアを上手く生活の中に取り入れてホッと一息入れてみてください。

スポンサードリンク