この記事の所要時間: 459

湯西川温泉かまくら祭は関東圏では珍しいかまくらや雪道に灯されたイルミネーションを見物できます。加えて、源泉かけ流しの温泉やおいしい食事も味わうことができますので、毎年多くの観光客で賑わいます。今回はそんな栃木県の冬の人気イベントである「湯西川温泉かまくら祭」について以下の見出しで書いていきます。

  • 湯西川温泉かまくら祭2017年はいつ開催?会場はどこ?
  • 会場へのアクセス方法まとめ。飛行機で行く場合、電車で行く場合、車で行く場合のアクセス
  • 会場にアクセス条件がよいホテルは?
  • まとめ

スポンサードリンク

湯西川温泉かまくら祭2017年はいつ開催?会場はどこ?

 

  • 2017年の開催は1月28日(土)~3月5日(日)です。
  • 開催時間は9:00~21:00です。
  • 会場は湯西川温泉街一帯です。

メイン会場の平家の里を中心に日中はかまくら内でバーベキューが楽しめる体験ができます。日没後の16:00に一旦会場が閉まり、16:30に再度オープンするという方式がとられています。夜は河川敷にたくさん作られたミニかまくらにあかりが灯され、幻想的な景色を見ることができます。平家の里会場に入場される際は大人510円、子ども250円の入場料が必要になります。

他にも湯西川水の郷スノーパークの会場では長い雪の滑り台やなど関東では珍しい雪遊びが体験できます。ここでも大人800円、子ども500円の入場料が必要ですが、そり遊び料金や水の郷観光センター入浴料なども含まれているので結構お得です。

その他にもいくつか会場にがありますが、以上2ヶ所以外は無料で入場可能です。

a2

https://farm1.staticflickr.com/498/20010612889_192fcc670b_m.jpg

 

会場へのアクセス方法まとめ。飛行機で行く場合、電車で行く場合、車で行く場合のアクセス

かまくら祭の期間中は湯西川温泉駅から片道200円でシャトルバスも出ていますので、会場へのアクセスは電車とバスの併用がおすすめですが、今回は電車以外にも飛行機と車のアクセス方法もご紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク

 

電車

  • 新宿~(JR特急)~下今市~湯西川温泉駅。所要時間は約2時間です。
  • 浅草~(東武日光線)~下今市~湯西川温泉駅。所要時間は約2時間です。

 

飛行機

  • 成田~(リムジンバス)~日光。所要時間は約3時間40分です。
  • 羽田~(京急空港線)~浅草~(東武日光線)~東武日光。所要時間は約2時間40分です。
  • 福島空港~(リムジンバス)~郡山~(東北新幹線)~宇都宮~(JR日光線)~日光。所要時間は約1時間50分です。
  • 茨城空港~(リムジンバス)~水戸~(JR)~小山~(JR)~宇都宮~(JR日光線)~日光。所要時間は約2時間。

そして日光駅~(徒歩)~東武日光駅~(東武日光線)~下今市駅~湯西川温泉駅となります。

 

  • 東北方面~(東北自動車道)~郡山JCT~(東北自動車道)~矢坂ICで降りて日光市に到着です。
  • 北陸関越方面~(関越自動車道)~高崎JCT~(北関東自動車道)~岩舟JCT~宇都宮IC~(日光宇都宮道路)~日光市に到着です。
  • 中部方面~(中央自動車道)~高井戸IC~(首都高速道路)~浦和IC~(東北自動車道)~岩舟JCT~宇都宮IC~(日光宇都宮道路)~日光市に到着です。
  • 関西方面~(東名高速道路)~東京IC~(首都高速道路)~浦和IC~(東北自動車道)~岩舟JCT~宇都宮IC~(日光宇都宮道路)~日光市に到着です。

 

かまくら祭期間中はよく雪が降り、除雪が間に合わないことが多いです。車で来られる方は念のためスタッドレスタイヤかチェーンを装着しておいたほうが良いでしょう。

a4

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR1r1yZ_ylBkvL9LVlGHuvOjw3SlrJ_chmSVdLQd8ehf1pA5O_59yRRPRM

 

会場にアクセス条件がよいホテルは?

かまくら祭会場は温泉街ですので周辺にはたくさんの旅館やホテルがあります。どこも、メイン会場の平家の里までそんなに距離はありません。今回はその中でも特におすすめの宿泊処を3つご紹介していきます。

 

  • 湯西川温泉 高房ホテル

平家の里まで徒歩で行ける距離にありながら、周辺のホテルに比べ宿泊料金も手頃ですので、かまくら祭の観光客にも人気の宿です。

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/8260/8260.html

 

  • 桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄

こちらのホテルも平家の里まで徒歩圏内です。人気の理由は古民家のような落ち着いた佇まいと、10種類もある温泉です。

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/108937/108937.html

 

  • 湯西川温泉 平家直孫の宿 本家伴久

こちらの宿も歩いて平家の里まで行くことができます。340年も続く老舗の宿で少しリッチですが、囲炉裏料理と源泉かけ流し温泉で心も体も暖まってみてはいかがですか?

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/50216/50216.html

 

まとめ

関東圏と言えどもかまくらが作れる気温ですので相当寒いのは間違いないです。服装はダウンやブーツなどでしっかり防寒していきましょう。東北よりも近いですので、西日本の方も比較的行きやすいところだと思います。この冬はぜひ雪と光が作る感動の景色を見に湯西川温泉に訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク