この記事の所要時間: 540

シャツ一枚では寒い時やコートの季節にはまだ早い時、反対に「もうコートは着たくないな」という春の肌寒い日、キルティングジャケットがあると便利ですよね。キルティングジャケットは軽くて温かいうえに、カジュアルファッションにはもちろん、デザインによってはちょっとしたお出かけにも着ることができるとても優秀なファッションアイテムです。ただ、キルティングジャケットを着るとき、悩みの種になるのが着た後のお手入れです。ということで、今回は「洗濯の方法によっては縮むこともある!?」「洗い方は洗濯機?手洗い?」さらに「キルティングジャケットはいつから着ることができるの?」などキルティングジャケットの洗い方や時期について、

  • キルティングジャケットの縮まない洗い方コツは?縮ませたい時の調整方法は?
  • 洗う頻度はどれぐらい?年に1回のクリーニングのほうがよい?
  • キルティングジャケットを着る時期はいつからいつまで?保管方法は?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

キルティングジャケットの縮まない洗い方コツは?縮ませたい時の調整方法は?

まずはキルティングジャケットの洗濯表示を確認してください。水洗い可のキルティングジャケットは自宅で洗濯することができます。また、水洗い不可の洗濯表示であっても、中綿の素材がナイロンやポリエステルなら自宅で洗濯できることもあります。

キルティングジャケットを洗濯するときはおしゃれ着用中性洗剤(エマールやアクロン)を使用します。洗濯する前に襟の裏などで色落ちチェックをしておいてください。

キルティングジャケットでは襟やポケット、袖口などにはシミや汚れがつきやすいです。シミや汚れがあるときには、洗剤をつけ歯ブラシなどで叩いて落としてください。

キルティングジャケットは汚れている部分が表になるように折りたたみ洗濯ネットに入れ、洗濯機へ。ドライコース(手洗いコース・おしゃれ着洗いなど)で洗濯します。洗濯後、洗濯ネットから取り出したら折りたたんだまま両手ではさむようにして叩き、しわをのばしてください。厚みのあるハンガーにかけて陰干しします。ハンガーにかけるときは、ボタンやファスナーをしめ、襟の形を整えてください。中綿が偏ってしまったときは、中綿が均等に広がるように手のひらで調節するとよいです。乾いた後、しわが気になるときはスチームアイロンをかけましょう。

キルティングジャケットを洗濯するとき、柔軟剤を使用すると中綿がふわっとするので縮みにくいです。反対に、中綿がぎゅっとなったりへたると、キルティングジャケットは縮んでしまいます。キルティングジャケットを縮ませたいときには、中綿がへたるように、強めの洗濯や脱水にかけるとよいです。また、表の生地が綿の場合は縮みやすく、化繊は縮みにくいです。

a

https://pixabay.com/ja/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC-%E6%B4%97%E6%BF%AF%E6%A9%9F-%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9-%E6%B4%97%E6%BF%AF-1368552/

 

洗う頻度はどれぐらい?年に1回のクリーニングのほうがよい?

キルティングジャケットは洗えば洗うほど、中綿がへたってしまいます。洗う頻度はなるべく少なくした方が長持ちするので、毎日着るキルティングジャケットでも洗濯は多くて週に1度程度にしてください。シミがついたときは、その部分だけに洗剤をつけしみ抜きをするのがおすすめです。毎日着ないキルティングジャケットについては、1シーズンに1度洗濯もしくはクリーニングに出せばOKです。

 

スポンサードリンク

 

キルティングジャケットは、汗や皮脂が染み込んだまま長期間放置しておくと、中綿まで汗や皮脂、においが染み込んでしまい、洗濯しても落ちなくなってしまいます。キルティングジャケットのクリーニングは、シーズンに入る前(着始める前)ではなくシーズンが終わってすぐ出すのがおすすめです。

a1

http://www.irasutoya.com/2014/09/blog-post_57.html

 

キルティングジャケットを着る時期はいつからいつまで?保管方法は?

キルティングジャケットは秋~冬の最初にかけて、冬の終わり~春にかけて着ることが多いです。ものによっては真冬も着ることができます。基本的には、春と秋は同じアウターを着ることができますが、デザインや色味によっては「春だけ」「秋だけ」ということもあるので、購入するときに店員さんに確認しておくのがおすすめです。見た目の季節感を気にしないのであれば、春と秋で同じキルティングジャケットを着ることができます。

キルティングジャケットを保管するときは、洗濯もしくはクリーニングをして汚れを落とした上で、ハンガーにかけてクローゼットに入れておきます。キルティングジャケットは中綿が入っているので、畳んでしまうのは×!綿が縮んだりへたる原因になります。

a2

https://pixabay.com/ja/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88-%E6%9C%8D-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96-%E8%A1%A3%E6%96%99%E5%93%81-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-t-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%84-1209917/

 

まとめ

以上が、キルティングジャケットの洗い方や着る時期などについてでした。キルティングジャケットは基本的には自宅で洗濯することができます。自宅で洗濯するときは縮んだり中綿がへたらないように気を付けましょう。しわや中綿の偏りは洗濯後、乾かす前に伸ばしておきます。

キルティングジャケットは春と秋の2シーズン、着ることができます。なので、キルティングジャケットを購入するときは、春と秋両方で着ることができるデザインや色のものを選ぶのがおすすめです。また、軽いキルティングジャケットや普段使いできるキルティングジャケットが欲しいときには綿ではなく、ポリエステルやナイロンなどの化繊のキルティングジャケットがおすすめです。

スポンサードリンク