この記事の所要時間: 149

平磯海水浴場は堤防で囲まれた穏やかな海が特徴の
こじんまりとした海水浴場です。

磯遊びや地層観察などもできる海なので、夏休みの自由研究にもオススメです。
県道沿いの民宿やホテルで一泊されると
都会の喧騒を忘れられる心地よい避暑ができます。

スポンサードリンク

 

平磯海水浴場は青く透明度の高い海が自慢で、
引き潮のときにはヒトデやイソギンチャク、小魚などや
恐竜の化石が発掘されたこともある太古の地層が観察できます。

まだ自由研究の内容で迷っているお子様がいらっしゃるならイチオシのスポットです。

多少深めですが波が穏やかなので、小さなお子様や泳ぐのが苦手な方、
高齢の方にもオススメのフレンドリーな海岸です。

200m×50mと小さめの海岸で目が届きやすく、
大洗や阿字ヶ浦などと分散されるのでさほど混雑しない印象です。

目の前にコンビニがあり、砂浜には食事や休憩、
シャワーなどが利用できる海の家もあるので便利です。

駐車場は100台程度、一日800円から、海の家の利用で無料になるところもあります。

車のアクセスなら東水戸道路ひたちなかICから県道108号線を経由し、
県道176号線を平磯方面へ5km程度で到着です。

電車でのお越しはひたちなか海浜鉄道平磯駅から徒歩10分程度です。
炎天下ならそれなりに歩くので、熱中症対策が必要かもしれません。

海に浮かべたクジラ型の滑り台「だいちゃん」はお子様に人気ですが
そのあたりの水深は大人でやっと足がつくかどうかというくらい深いので
お子様が夢中になっているときは特にお気をつけください。

監視員もいますが、お子様が今どこにいるか
いつも把握しておくのは大切です。
泳ぎが苦手なら、腕に装着するタイプの
浮き袋を使われると両手が使えて安心ですね。

家族連れが多く、お子様やお年寄りにも優しい海岸ですから
治安が不安になるようなタイプのお客は少ないとのことです。

アクアワールドや黒鉛海浜公園にも近く、
お泊りでご利用になって帰りに寄ってみるのもオススメです。

スポンサードリンク