この記事の所要時間: 148

お茶の名産地として有名な福岡県の八女市。
おいしいお茶はもちろんのこと、お茶を使った創作料理やお菓子、
お茶にまつわる伝統、文化、そしてイベントもたくさんある魅力的な場所です。

 

そうした八女市のイベントのひとつに、「矢部村花火大会」があります。

スポンサードリンク

矢部村は八女市街地からさらに車で小一時間ほどいったところにある、
山々に囲まれた自然豊かな土地です。
矢部村花火大会は地元の人たちに愛されたお祭りであり、動員も1,000人ほどとなっています。
しかし小規模だからこそのアットホーム感、また穴場感がたまりません。

 

山々に囲まれた地形というのも、花火大会にはうってつけです。
打ち上げ数は約600発と多くはありませんが、ひとつひとつの花火が周囲の山々にこだまし、
迫力を感じられるとともに、一発で何度も楽しむことができます。

 

2015年の日程は8月14日(木)21時~21時30分で、荒天時は翌15日(金)に延期予定となっています。
会場は矢部第一運動場河川敷で、打ち上げ場所と非常に近いのも魅力です。
仕掛け花火もあります。

 

花火大会に先駆けて、19時30分よりイベントも予定されています。
昨年は太鼓の演奏、ラムネの早飲み、お楽しみ抽選会などが行われました。
2014年もそうしたイベントを楽しむことができるでしょう。

 

アクセスはJR羽犬塚駅で矢部村行きのバスに乗って約1時間30分、鬼塚で降りるとすぐ会場になります。
車では九州道八女ICから1時間ほどで着くでしょう。
無料駐車場は約150台分あり、駐車場からは無料のシャトルバスが運行される予定です。

 

問い合わせ先は、八女市役所矢部支所建設経済課産業観光係(0943-47-3111)です。

 
矢部村ではこの時期、夏休みのイベントが開催されています。
「八女市矢部村杣(そま)の里渓流公園」では、ヤマメのつかみ取りができます。
その場で塩焼きして食べることができるのもうれしいですね。
ヤマメのつかみ取り、釣りともに1匹500円となっています。
つりざおは300円でレンタルもあるので、手軽に楽しめますよ。

スポンサードリンク