この記事の所要時間: 26

熊本県山鹿市で行われる「山鹿灯籠まつり」は熊本を代表する祭りとしても非常に有名です。

熊本県内からはもちろんのこと、熊本県外からも多くの来場者が訪れます。  

また来場するだけでなく、いくつかの条件を満たせば山鹿灯籠まつりに 参加できるのも魅力のひとつとなっているのです。

スポンサードリンク

山鹿灯籠まつりの由来と今年の日程は?延期の時はどうなる?

山鹿灯籠まつりは第12代景行天皇が山鹿を訪れた際、松明で案内したことがその始まりだそうです。

その後様々な形を経て、現在では和紙で作った灯籠を女性たちが頭に乗せて踊る 「千人灯籠踊り」がメインイベントとなっています。  

日程は2014年8月15日(金)、16日(土)を予定しています。

8月15日、16日の開催というのは固定で毎年変わりません。

15日(金)の午後、それぞれの町内で「奉納灯籠」をしてまつりが幕を開けます。

18時30分~大宮神社にて「奉納灯籠踊り」があり、 18時30分~23時はおまつり広場にて「灯籠踊り」が行われます。

その間の20時~21時に開催されるのが「花火大会」です。  

荒天の場合は、17日に延期されます。

花火大会では2つの花火業者による競演が魅力で、仕掛け花火、 クライマックスのスターマインなど迫力を感じられるでしょう。  

 

千人灯籠踊りは何時から?

16日(土)は18時45分から山鹿小学校グラウンドにて、 メインイベント「千人灯籠踊り」の第1部が行われます。

21時~22時には第2部もあるので、都合のよい方で鑑賞することができるでしょう。  

時間は重なりますが、20時15分~菊池川河畔で「景行天皇の奉迎儀式」、 20時45分~21時10分には市内各所で「たいまつ行列」、 22時~各町内から大宮神社に向けて「上がり灯籠」が行われるなど、 見どころ満載のお祭りのとなっています。  

 

電車でのアクセスは?駐車場は?

アクセスはJR玉名駅からバスで約50分、大橋通りを降りると歩いて10分ほどで着くでしょう。

車では九州道菊水ICから15分ほど、植木ICからは20分ほどになります。

駐車場は「山鹿中学校」「カルチャースポールセンター」などに、約2,000台分用意される予定です。

駐車場代は1日500円、マイクロバス1,500円、大中型バスは3,000円となっています。

会場までの距離が遠い駐車場からは無料のシャトルバスを利用することができます。  

問い合わせ先は、山鹿温泉観光協会(0968-43-2952)です。  

 

ツアーは?

スポンサードリンク