この記事の所要時間: 942

冬の登山は他の季節にはない楽しみやワクワクがある一方、怪我や遭難などの危険とも隣合わせ、登山中の不注意はもちろん装備不足・準備不足も命取りになります。また、万が一、冬山で遭難してしまうと、あなた自身の命だけでなく、救助者も危険にさらすことになりますよ。冬の登山を安全に楽しむためには、十分な装備と準備が大切!ということで、今回は冬登山に必要な装備や服装、冬登山におすすめの帽子などについて、

  • 冬の登山に必要な装備。アウターやインナーにかかる費用は
  • 帽子の値段別防寒性能違い。素材や形によるメリット・デメリットは?
  • 遭難してしまった時の対処法。準備しておくといい道具、救出にかかる費用は?
  • まとめ

の項目に分けて、ご紹介します。

スポンサードリンク

冬の登山に必要な装備。アウターやインナーにかかる費用は

冬の登山では、日帰り・低山だからといって油断は禁物です。十分な寒さ対策をしてください。冬登山の服装はこんな感じです。

  • アンダーウェア、インナー

透湿性(汗を吸収・蒸れない)と保温・発熱性にすぐれた冬用のアンダーウェアやインナーを着てください。一枚目に透湿性に優れた通年タイプ(夏用の涼感インナーは×)を着て、二枚目に保温・発熱効果のあるインナーを重ねるのもおすすめです。スポーツ用でも登山・アウトドア用でもどちらでもかまいません。インナーに限らず登山ウェア全般に関していえることですが、値段は高ければ高いほどよいです。登山ウェアでケチり登山中に後悔しても後の祭り、遭難したときはウェアの機能性が生死の分かれ道となることもあります。奮発してよいものを購入してくださいね。アンダーウェア、インナーの予算は5000円~です。

  • モンベル (montbell mont-bell) スーパーメリノウール L.W.ラウンドネックシャツ メンズ:http://item.rakuten.co.jp/od-tengoku/mbl-1107263/
  • モンベル (montbell mont-bell) ジオラインM.W.Vネックシャツ メンズ アンダーウェア インナー:http://item.rakuten.co.jp/od-tengoku/mbl-1107554/

ボトムスの下には防寒用タイツを履いてください。

  • モンベル mont-bell スーパーメリノウールM.W.タイツ MEN’S:

http://item.rakuten.co.jp/mix/mob-1107239/

ヒートテック厳禁?登山ウェアでありがちな失敗【冬の低山編】:

  • ミッドレイヤー

アンダーウェアの上にはミッドレイヤーを重ねます。フリースやインナーダウン、ソフトセルなどがおすすめ、予算は10000円~です。

  • モンベル(mont-bell) クリマエア ジャケット メンズ フリース 無地:

http://item.rakuten.co.jp/yamakko/1106527dknv/

・】【THE NORTH FACE】ザ ノースフェイス NY31603″THUNDER ROUNDNECK JACKET”サンダー ラウンドネック ジャケット:

http://item.rakuten.co.jp/jaipur/thenorthface496/

  • ボトムス

起毛裏地がついたボトムスがおすすめです。雪山を歩くときは、裾から雪が入ってこないよう裾にジッパーがついたものがよいでしょう。予算は10000円~です。

  • ノースフェイス(THE NORTH FACE) テクニカルウールトレックパンツ TECHNICAL WOOL TREK PANT ZC/ミックスチャコール NB81602:

http://item.rakuten.co.jp/esports/9980380191268/

  • アウター

一番上には、ハードシェルやソフトシェルの登山用ジャケットを着ます。雪山は天候が変わりやすいので、一枚購入するのであれば、急な雨や雪にも対応できるハードシェルがおすすめ、できればゴアテックスを購入してください。二枚目にはソフトシェルがおすすめです。ソフトシェルは動きやすく、蒸れにくいので快適な登山を楽しむことができます。ただ、ハードシェルのような完全防水ではないので、雨のときは×です。小雪程度なら大丈夫ですよ。こちらの予算は15000円~です。

  • THE NORTH FACE メンズ ジャケット ザ・ノースフェイス Dot Shot Jacket ハードシェル オールシーズン マウンテンパーカー:

http://item.rakuten.co.jp/apworld/np61530/

  • マムート Mammut マサオ ジャケット 防寒 ハードシェル メンズ:

http://item.rakuten.co.jp/glv/mmt-85/

  • MAMMUT マムート トレイルジャケット メンズ:

http://item.rakuten.co.jp/canpanera/m13141/

  • シューズ

トレッキングシューズはハイカットでゴアテックスのものがおすすめです。予算は20000円~です。雪山登山のときはアイゼンやレッグカバー(ゲイター)なども用意しておきましょう。

  • その他

登山用手袋、ネックカバー、ストック、携帯カイロ、エマージェンシーシート、ヘッドランプなどなど、冬登山に必要なものを用意しましょう。

https://pixabay.com/ja/%E9%9B%AA%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0-%E9%9B%AA%E5%B1%B1-%E9%9B%AA-%E5%86%AC-%E9%A2%A8%E6%99%AF-%E5%86%B7-%E9%9B%AA%E3%81%AE-5566/

 

帽子の値段別防寒性能違い。素材や形によるメリット・デメリットは?

冬登山には、帽子も必須です。帽子はニット帽(ビーニー、丸型のふちなし帽)が一般的ですが、これも雑貨屋さんで売られているものではなく登山用のものを購入しましょう。アクリル製の安い帽子では寒いですよ。

帽子の予算は3000円~です。素材は化繊やフリース、ウール、ゴアテックスなどがあります。どれも温かいですが、雪や雨に遭うときのことを考えるとゴアテックスがよいでしょう。上にヘルメットをかぶるときには、化繊やフリースなどがおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

帽子では形も大切です。まず、耳まですっぽり覆うことのできるタイプか耳あてのついた帽子を選んでください。登山帽では耳あては必須です。

本格的な冬登山や、低山でも雪が降っているなか、山を登るときは目だし帽タイプがおすすめです。顔~首もしっかりカバーしてくれますよ。ただ、慣れていない方は、視界が狭く感じたり息苦しく感じるかもしれません。本格的な冬登山の前に、慣らしとして低山でかぶってみるのがおすすめです。

目出帽 バラクラバ 冬山登山の必需品 BC穂高:

 

  • Columbia コロンビア ホイールバード ウォッチ キャップ ビーニー:

http://item.rakuten.co.jp/canpanera/c02032/

  • カリマー ウールビーニー +d:http://item.rakuten.co.jp/canpanera/k03177/
  • MAMMUT マムート バラクラバ 帽子 目出し帽 Balaclava Arctic WS バラクラバ アークティック ウインドストッパー:http://item.rakuten.co.jp/kyuzo-outdoor/109002551zk-0001/

雪山登山では、雪からの照り返しで目を痛めやすいです。ニット帽や目だし帽をかぶったら、目はゴーグルやサングラスで保護しましょう。

https://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%BC-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%A2-%E4%BA%BA-%E6%B0%B4-%E6%BB%9D-1844740/

 

遭難してしまった時の対処法。準備しておくといい道具、救出にかかる費用は?

万が一、冬山で遭難してしまった場合は、まずは警察や消防に通報し、救助要請をします。その後は風や雨、雪を避けられる場所で救助を待ちましょう。救助者の目に止まりやすい場所に、赤色など目立つ色の布を結びつけておくことも大切です。冬山で遭難したとき、動き回ると体力を無駄に消耗します。風や雪を避けられる場所を見つけたら、そこから動かないでください。

遭難に備えて準備しておくべきものは、

  • シュラフ
  • テント
  • エマージェンシーシート
  • 食べ物(食事用とは別に。羊羹やチョコレートなど高カロリーのものがおすすめです9
  • ガス機器
  • ヘッドランプ
  • ホイッスル
  • 携帯電話、スマートフォン
  • 電池、バッテリー

などです。日帰り登山の場合もエマージェンシーシート、食べ物、ヘッドランプ、ホイッスル、電池(バッテリー)は最低限もっておきましょう。

遭難したときの救助費用についてですが、警察や消防、自衛隊など公的機関の救助活動については請求されないことがほとんどです。民間の山岳救助隊が出動した場合は、救助費用を負担します。冬の救助活動では、救助隊員一人あたりの日当が大体5~10万円、これにくわえて交通費や宿泊費、食費、謝礼金も必要です。また、ヘリコプターが出動した場合は1回で100~250万円程度かかります。

万が一遭難した場合の救助費用のために山岳保険やレジャー保険に加入しておくと、安心です。ちなみに、縁起でもない話ですが、救助活動した挙句死体が見つからないときには、生命保険は下りません

https://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%8A-%E3%83%92%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%A4%E5%B1%B1%E8%84%88-%E3%83%8D%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB-%E5%B1%B1-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-242482/

 

まとめ

以上が、冬の登山装備や帽子の選び方などについてでした。冬山登山に挑戦するときは、事前にしっかり準備をすること!装備や服装でケチってはいけません。冬山では、ダウン一枚の性能で命が助かることもありますよ。

もしも、遭難したときには、力が尽きるまで歩き回ってはいけません。体力を十分に残した状態で救助を待ちましょう。携帯電話が通じる場合は自分で消防や警察に通報してください。

 

スポンサードリンク