この記事の所要時間: 751

「山ガール」という言葉がはやったのは何年前かしら、もうずいぶん浸透していますね。山ガールの中には、行楽シーズンではなく冬の登山を楽しみたい!という方も増えているそうです。根性も寒さ耐性もない私は、小雪の中往復3時間程度の登山で死ぬほど後悔したことがあるので、もう二度としたくありませんが(^^;)

ということで、今回は女性の冬登山のファッションやリュックなどについて、

  • 山ガールの冬ファッション。揃えるべきものとその値段は?
  • 容量別リュックの違い。山登りに適切な大きさは?
  • 女性でも使えるリュックのご紹介
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。雪が降ったり積もっていなくても、冬の山に登るときはできる限りの装備が必要です。山の中に入って「あれを持ってくればよかった。これを買っておけばよかった」と後悔しないように、事前にきちんと準備してくださいね。

スポンサードリンク

山ガールの冬ファッション。揃えるべきものとその値段は?

冬登山の服装はこんな感じです。

  • インナー、アンダーウェア

冬用の吸湿性・保温性・発熱性に優れたインナーやアンダーウェアを着ます。アンダーウェアは首まであるハイネックタイプがおすすめ、首が苦しい方はジッパーで調節できるタイプがよいでしょう。予算は5000円~です。

下半身は冬用タイツを履いておきましょう。お尻や足が冷えません。

・モンベル (montbell mont-bell) ジオラインM.W.ハイネックシャツ レディース アンダーウェア:http://item.rakuten.co.jp/od-tengoku/mbl-1107528/

・モンベル (montbell mont-bell) ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ レディース:

http://item.rakuten.co.jp/od-tengoku/mbl-1107575/

・モンベル (montbell mont-bell) ジオライン EXP.タイツ レディース:

http://item.rakuten.co.jp/od-tengoku/mbl-1107523/

・ミッドレイアー

アンダーウェアの上、アウターの一つ内側にはフリースやインナーダウン、ソフトシェルを着ます。予算は10000円~、動きやすいデザインのものを選んでくださいね。

・マムート Mammut レディース アウトドアウェア GOBLIN Jacket ゴブリンジャケット:http://item.rakuten.co.jp/free-sports/mammut-2086/

  • ボトムス

起毛裏地がついたボトムスを着ます。裾は雪や冷気が入ってこないようにジッパーでしばることができるものがおすすめです。また、下に厚手のタイツを履くこともあるので、少しゆとりのあるサイズを選びましょう。

・レディース Phenix フェニックス アラートメランジパンツ:

http://item.rakuten.co.jp/arucoco/mac-2314/

  • アウター

一番外側にはハードシェルやソフトシェルのジャケットを着ます。ない場合は、レインウェアでもかまいません。風や雨、雪を防げるアウターで体を守ってください。長時間の登山(登山中に天候が変わる可能性がある場合)や雨や雪予報が出ているときには完全防水のハードシェルがおすすめですが、雪がちらつく程度の天気の場合はソフトシェルのジェットでもよいですよ。一枚だけ買うのであれば、ハードシェルです。

・THE NORTH FACE ノースフェイス ドットショットジャケット【ウィメンズ】:

http://item.rakuten.co.jp/canpanera/n17207/

  • その他

雪山を登るときはレッグカバーは必須です。さらに、冬用帽子、冬用手袋、雪山の場合はゴーグルも用意しましょう。シューズはハイカットのトレッキングシューズ(ゴアテックス)が一番です。

山ガールファッション(服装) えりかさんの場合:

 

 

 

https://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC-%E7%99%BB%E3%82%8B-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E9%A2%A8%E6%99%AF-%E5%B1%B1-%E7%99%BB%E5%B1%B1-%E5%B1%B1%E3%81%AE%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AF-1868253/

 

容量別リュックの違い。山登りに適切な大きさは?

日帰り登山の場合は、20~30lのリュックがちょうどよいです。

日帰りでも冬山(特に雪山)に登るときは、アイゼンやスノーシュー、余分な食べ物、エマージェンシーシートなどで、普段の登山よりも荷物が多くなるので、40~50lのリュックがおすすめです。

 

 

スポンサードリンク

https://pixabay.com/ja/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E5%9C%B0%E5%9B%B3-%E5%90%91%E3%81%8D-%E7%99%BB%E5%B1%B1%E9%9D%B4-%E5%B8%BD%E5%AD%90-%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%97%85%E8%A1%8C-%E4%BC%91%E6%97%A5-1312226/

 

女性でも使えるリュックのご紹介

女性、特に白人や黒人に比べて華奢な日本人女性は男性用リュックやユニセックスのリュックは体にフィットしないことが多いです。フィットしないリュックは、登山中の疲労を招くほか、肩や腰、背中に負担がかかるため筋肉痛やベルトの擦れなどによる痛みに襲われることもあります。女性用のリュックを選んでください。女性用のリュックは肩や腰のベルトが女性の体に合わせて設計されているので、華奢な日本人女性の体にもフィットします。

おすすめのリュックがこちらです。

・グレゴリー ジェイ33 Gregory J33 サイズS バックパック 登山用 女性用 リュック レディース:http://item.rakuten.co.jp/e-shopsmart/ggj33s/

容量33lのリュックです。

・【40L】 ミレー MILLET レディース リュックサック デイパック バックパック:

http://item.rakuten.co.jp/vitaliser/millet-1326/

容量40l、少し大きめのリュックです。

普段の登山よりも荷物が多くなる冬の登山では、荷物の詰め方も大切!背負っていて楽で、なおかつ、必要なものをすぐに取り出せるように荷物を詰めてください。基本の詰め方はこちらです。

  • 重い物が上、軽い物は下
  • 重い物は背中側、軽い物は外側

シュラフやシートなどをリュックの一番下、その上に食べ物(あれば調理器具)、一番上の取り出しやすい場所に雨具やダウンなどの羽織るものを詰めるとよいです。救急セットやホイッスルはリュックのポケットや小物を入れるスペースに、飲み物はリュックを下ろさなくても取り出せるサイドポケットなどに入れておきます。雪や雨でリュックが濡れてしまうこともあります。スマートフォンやラジオ、電池など、濡れて困るものはジップロックに入れておくと安心ですよ。

https://pixabay.com/ja/%E6%98%8E%E3%82%8B%E3%81%84-%E5%86%B7-%E9%9B%AA%E3%81%AE-%E5%A4%AA%E9%99%BD-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E6%97%A5%E5%BD%93%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%AE%E8%89%AF%E3%81%84-%E6%97%A5%E7%85%A7-%E3%81%BE%E3%81%B6%E3%81%97%E3%81%95-1209932/

 

まとめ

以上が、女性の冬登山のファッションや登山リュックなどについてでした。冬登山に挑戦するときは、万全の寒さ対策をしてください。冬の山では、フリース一枚、ダウン一枚で体感温度が全く違います。フリースやダウンはファストファッションのお店で安く購入することができますが、冬山に安いフリースやダウンは力不足です。冬登山をするのならケチってはだめ!きちんと登山用品のメーカーのものを購入してください。

登山リュックに関しては、大は小を兼ねません。大きすぎるリュックは背負っているだけで体力を消耗するもの、ジャストサイズのリュックを選びましょう。冬山に登るときは、まずは持って行く装備を書き出してみたうえで、持って行くリュックの容量を決めるのがおすすめです。初めて冬山に挑戦するときは、登山用品店の店員さんに教えてもらいながら、装備を整えるとよいですよ。

 

スポンサードリンク