この記事の所要時間: 529

夏の注意事項といえば熱中症がまず頭に浮かびますがが、夏バテも心配ですよね。夏バテによる体調不良や落ち込み・憂鬱、さらに夏バテの体は元気なときよりも熱中症になりやすいです。夏バテが何日も続くと、せっかくの夏休みも台無しですよね。海にも花火にも行けません。夏バテは長期化・重症化する前に対処することが大切!ということで、今回は夏バテの症状や対処法などについて、

  • 夏バテの症状チェック法。初期症状の特徴と対処方法は?
  • 病院に行く際は何科に行けばいい?一般的な治療方法は?
  • 夏バテ対策に効果がある食事とサプリメントは?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。今年の夏は夏バテ知らず!夏バテも熱中症も防いで、楽しい夏休みにしましょう。

スポンサードリンク

夏バテの症状チェック法。初期症状の特徴と対処方法は?

夏バテの初期症状は心身両方にあらわれます。主な夏バテの症状はこちら。

  • だるい、全身の倦怠感
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 消化器官の機能低下による下痢や便秘、腹痛
  • 頭痛
  • 立ちくらみやめまい
  • むくみ
  • 微熱
  • イライラ
  • 無気力
  • 落ち込み、憂鬱

夏バテは「暑すぎて食欲がない」「アイスクリームしか食べたくない」「急に下痢が……」など、消化器官の不調から始まることが多いです。また、女性や冷え性の方では、冷房の冷たい風に当たったり、屋内と屋外の温度差による自律神経の乱れから夏バテが始まることも。自律神経が乱れると、体温調節がうまくできなくなるので、頭痛や吐き気、全身の倦怠感などの症状があらわれます。汗をかきすぎる/汗をかかなさすぎるなど発汗に影響が出ることもありますよ。汗をかきすぎると、今度は水分不足ミネラル不足になるので、熱中症に似た症状(熱中症)が起きます。

夏バテの症状が出たときには、

  • 安静にすること、屋内で休むこと
  • 食事をしっかりとること、食べられないときにはスポーツドリンクでミネラルと糖質、水分を補給!
  • 頭痛や冷え性のときは体を温めること。冷房の設定温度は25℃に!長袖やカーディガン、ひざ掛けを使って体を冷やさないようにしてください。

http://www.irasutoya.com/2012/06/blog-post_13.html

 

病院に行く際は何科に行けばいい?一般的な治療方法は?

夏バテの症状が重く日常生活に支障をきたしていたり(学校や会社に行けない、朝起きられない、食事を摂れなくてふらふらするなど)、発熱や嘔吐があるとき(夏バテではなく夏風邪や食中毒の可能性あり)、さらに夏バテの症状が2週間以上続くときには病院に行きましょう。病院は内科がよいです。胃などの消化器に症状があるときには消化器科でもよいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

夏バテの一般的な治療方法は、

  • 点滴で糖質やミネラル、水分補給
  • ビタミン剤の処方

あとは、症状に合わせて、胃腸薬や鎮静剤が処方されることもあります。

http://www.irasutoya.com/2014/07/blog-post_4685.html

 

夏バテ対策に効果がある食事とサプリメントは?

夏バテの改善・予防には栄養価の高い食事を摂ることが一番大切!特に以下の栄養素や食材を意識して食べましょう。

  • ビタミンB群

疲労回復に効果があります。うなぎや豚肉、レバー、ニラ、大豆、青魚に多く含まれています。うなぎは土用の丑の日以外も食べてくださいね。レバニラも夏バテ予防におすすめのメニューです。

  • ビタミンC

野菜や果物に多く含まれていて、免疫力を高める効果があります。水溶性ビタミンなので、食事ごとに摂取するように心がけてください。加熱せずに生のまま食べること!サラダやフルーツヨーグルトがおすすめです。

  • ビタミンA

こちらも免疫力を高める効果があります。夏バテや夏風邪のときに意識して摂取したいビタミンですね。レバーやにんじん、かぼちゃに多く含まれています。かぼちゃの煮物やサラダがおすすめです。

・クエン酸

疲労回復の効果があります。梅干しやレモンに多く含まれています。梅干しは塩分補給にもなりますよ。ただ、梅干しについては血圧が高い方や腎臓に疾患のある方は、医師に相談のうえ食べるようにしてください。

【夏バテ】 疲労回復定食を作る! 【リクエスト】:

上記の栄養素を毎日の食事から摂取するのが理想ですが、夏バテのときは食欲が落ちてしまいがち、全ての栄養素を食事から摂るのは難しいですよね。そんなときはサプリメントを利用するのがおすすめです。夏バテに効果のあるサプリメントは、

  • ビタミン剤(マルチビタミン)

ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル:

http://item.rakuten.co.jp/rakuten24/c022279458072/

  • 貧血気味の方は鉄分サプリメント

DHCヘム鉄120粒60日 41.6g(347mg×120粒):

http://item.rakuten.co.jp/zagzag/g4511413404997_mail/

水溶性ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC)については不要な分は体外に排出されますが、脂溶性ビタミン(ビタミンAなど)は摂りすぎると体内に蓄積されてしまい、内臓に負担がかかります。食事をきちんと摂っている方は脂溶性ビタミンは足りているので、サプリメントで補給しない方がよいでしょう。サプリメントを購入するときは、マルチビタミンよりもビタミンCやビタミンBなどビタミンごとのサプリメントがおすすめです。

http://www.irasutoya.com/2016/04/blog-post_90.html

 

まとめ

以上が、夏バテの症状と対処法についてでした。毎年夏バテになってしまう方は、夏が始まる前から夏バテ予防を始めてください。夏バテ予防では、栄養価の高い食事を摂る・貧血やミネラル不足を解消する・適度な運動をして発汗機能を鍛えておくのが効果的です。また、夏バテになったら、安静にしてなるだけ早い体調の回復につとめてください。夏バテは長引けば長引くほど、症状が悪化し体力も奪われます。「あれ?食欲がないな」「ちょっと歩いただけなのにふらふらする」というときには無理をせず、早めに布団に入ってくださいね。

スポンサードリンク