この記事の所要時間: 632

「いっぱい釣るぞ!」と大漁を期待して持って行った大きなクーラーボックス、空っぽのままあえなく帰宅ということ、ありますよね。クーラーボックスいっぱいの魚を釣れたときには重くかさばるクーラーボックスの持ち運びも全く苦ではありませんが、大きいだけで中身がすっからかんのクーラーボックスを運んだり車に押し込むのは大変!こんなことならもっと小さなクーラーボックスを持ってくればよかったと後悔してしまいます。また、大きすぎるクーラーボックスには氷や保冷剤もたくさん必要になり、予想外の出費につながります。釣りに使うクーラーボックスはサイズ選びこそが大切!ということで、今回は釣りに使うクーラーボックスの選び方について、

  • 釣りに使えるクーラーボックスの選び方。釣りたい魚とそれに適したサイズは?
  • 重さと性能のバランス。持ち運びやすく重さとのバランスがいいのはどれ?
  • 使った後の洗い方と保管方法は?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

釣りに使えるクーラーボックスの選び方。釣りたい魚とそれに適したサイズは?

釣りに使うクーラーボックスでは釣りたい魚や釣りのシチュエーションで適したサイズが決まります。釣りに使うクーラーボックスのサイズの目安はこちら。

  • 5~10l

アユやキス、ハゼなどの小魚

  • 10~20l

堤防釣りや船小物釣り、アオリイカ

  • 20~30l

一番使いやすいサイズです。縦型のクーラーボックスは堤防釣り、船釣り、磯釣り、どこに持っていくのにも便利です。横長なら、イナダやタイ、中サイズのヒラメも入ります。一つ目のクーラーボックスには、20~30l縦型のクーラーボックスを買いましょう。

シマノクーラーボックス SPA-ZA25Lを買ってみた  :

  • 35l~

中サイズのマダイ、アジ、イサキ(これらは大漁狙い)、スルメイカやマイカ(こちらも大漁狙い)

  • 50l~

大物狙いの船釣り、大物のマダイ、青魚やメダイ(大漁狙い)、タルイカ(サイズが大きい)

釣りたい魚や釣り場所でクーラーボックスのサイズを決めてくださいね。ちなみに、手にぶらさげて持ち運べるサイズは20lまでです。これ以上のクーラーボックスにはキャスター必須、キャスター付きを選んでください。

https://pixabay.com/ja/%E6%A5%8A%E6%B5%A6%E9%98%B2%E6%B3%A2%E5%A0%A4-%E9%87%A3%E3%82%8A-%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%8A-%E3%83%86%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88-401548/

 

重さと性能のバランス。持ち運びやすく重さとのバランスがいいのはどれ?

クーラーボックスではまず保冷力が重要ですよね。クーラーボックスの保冷力は、

真空断熱パネル>発泡ウレタン>発泡スチロール

ちなみに、値段もこの順番です。夏場の釣りには、発泡ウレタン以上のクーラーボックスが必要です。真空断熱パネルは、夏といえど日帰りの釣りにはオーバースペックかもしれません。冷蔵庫のない島や船の上で数日釣りをするときには必要ですが、日帰りの釣りなら発泡ウレタンでよいです。冬の釣りには発泡スチロールでも大丈夫です。

 

スポンサードリンク

 

クーラーボックス別のメリットデメリットはこちらです。

  • 保冷バッグ

キャンプやバーベキュー、お買い物バッグに使うソフトバッグですね。軽くて安い(100円ショップでも売られています)、折りたためるのがメリット、デメリットは保冷力や耐久性が低いこと、水漏れしやすいことです。バスや電車で釣りに行くときにはおすすめです。

  • 発泡スチロールの箱

安く保冷力もそれなりに高い、水漏れもしません。ただ、割れやすいこと、軽くて風に飛ばされること、かさばることがデメリットですね。クーラーボックスがない、クーラーボックスンに入りきらないほどに釣れたなど、応急的に利用するのにはおすすめです。

  • プラスチックタイプ

キャンプで飲み物を入れたりするクーラーボックスです。安くて丈夫、さらに上に座ることができる点が釣りのときには便利です。反面、保冷力は保冷バッグとそれほど変わりません。

  • 真空パネルではないクーラーボックス(1万円前後)

釣り用として購入するのならこのタイプが一番おすすめです。保冷力があり頑丈、メンテナンスもしやすいです。

  • 真空パネルのクーラーボックス

原理は魔法瓶と同じです。保冷力は一番ですが、高価でさらに重いです。金属製のパネルが入っているのですから重いのは当然ですよね。重いのでキャスターが必須です。

ということで、持ち運びやすさや保冷力、使い勝手などトータルで考えてバランスがよいのは1万円前後の真空パネルでないクーラーボックスです。釣り具屋さんで最も多く取り揃えられているクーラーボックスなので、釣り具屋さんで買ってきてください。

https://pixabay.com/ja/%E5%B0%91%E5%B9%B4-%E9%87%A3%E3%82%8A-%E6%B0%B4-%E5%A4%8F-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%90%E3%82%B1%E3%83%84-%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%A2-%E5%AD%90-909552/

 

使った後の洗い方と保管方法は?

クーラーボックスを使った後はすぐに洗ってください。クーラーボックスを水やお湯につけた後、スポンジでこすり、水洗いします。臭いがとれるまで、スポンジでこする→水で流すを繰り返してください。水洗いだけで臭いがとれないときには台所用洗剤や台所用漂白剤で洗いましょう。漂白剤を使用するときは、クーラーボックスに水を張り、規定量の漂白剤(パッケージに記載されている量)を加えてください。そのまましばらく放置した後、ゴム手袋をつけた手とスポンジでクーラーボックスをこすります。パッキンやふた、バルブなど取り外せる部品は取り外して洗います。

洗った後は、クーラーボックスのふたを開け逆さにした状態で陰干しをします。完全に乾かしてください。水分が残っているとカビや臭いの原因になります。

保管するときは、クーラーボックスの中に消臭用の炭や柑橘類(レモンやみかん)の皮を入れておくのがおすすめ、臭いを防ぐことができます。

https://pixabay.com/ja/%E9%87%A3%E3%82%8A-%E7%A9%BA-%E5%AD%90-%E5%B9%BC%E5%85%90-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%B0%B4-%E6%B5%B7-%E5%B8%BD%E5%AD%90-%E9%9D%92-%E5%B1%8B%E5%A4%96-759845/

 

まとめ

以上が、釣りに使うクーラーボックスの選び方についてでした。初めてクーラーボックスを購入する方は、釣り用で20~30lのクーラーボックスを買いましょう。このサイズが一番使いやすいです。

クーラーボックスを使用するとき、魚を直接入れるのではなく、まず袋やジップロックで密封してからクーラーボックスに入れることでクーラーボックスに魚の臭いがつきにくくなり、後の片付けが楽になりますよ。ぜひお試しあれ。

スポンサードリンク