熊本県 菊池渓谷は避暑地に最適!紅葉の季節までヤマメも食べられます!

スポンサードリンク

日本名水百選、日本の滝百選、水源の森百選、日本森林浴の森百選…

 

「水」「森」にまつわる名だたる名勝地に選ばれているところこそ
熊本県にある「菊池渓谷」です。

スポンサードリンク

菊池渓谷はこのほか、熊本の自然百選やくまもと緑の百景などにも選ばれています。
1,193万平方メートルにも及ぶ広葉樹林で囲まれた菊池渓谷には、
川、滝、瀬といった自然の起伏に富んだ豊かな場所です。

 

“火の国熊本”にあってその平均気温は夏でも22℃!
まさに天然クーラーというほかありません。
ちなみに水温も14℃前後と、来るだけで涼むことができます。
ただし菊池渓谷は流れが速く、遊泳禁止です。

 

菊池渓谷に入るには清掃協力金として、高校生以上一人100円をお願いしているようですが、
展望所や休憩所、遊歩道などがきちんと整備されたとても過ごしやすい施設です。
基本的に4月1日~11月末日までの8時30分~17時までが入谷期間、時間となっています。
これ以外の期間、時間でも入谷はできますが、事故のないよう気をつけてください。
なお駐車料金は普通車200円、マイクロ500円、大型1,000円となっています。

 

菊池渓谷は空気が澄んでいて本当に涼しいので、
天気の悪い日、夕方、8月の後半になると少し肌寒いほどです。
寒さの苦手な方は羽織物などを用意しておくことをおすすめします。

 

また夏から、紅葉が楽しめる11月にかけてはヤマメをいただくこともできます。
ヤマメの塩焼きは売店で500円で購入可能です。
紅葉のピークは11月上旬を予定しています。
夏に涼みに来て、また秋に紅葉を見に来るのもいいですね。

 

もちろん夏や秋以外もみどころはたくさんあります。
4月には山藤、6月にはあじさいなど季節ごとの顔を見せてくれるのも菊池渓谷です。
防寒対策をしっかりして、ぜひ見に来てくださいね!

 

また菊池市には有名な「菊池温泉」もあります。
菊池渓谷で散策したら、ゆっくり温泉につかって汗を流し、疲れを癒すというのもおすすめです。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました