藤子ミュージアムの駐車場は?チケット購入場所。電車やバスのアクセス

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 249

ドラえもん、パーマン、キテレツ大百科、、、、誰もが一度は目にし、子どもの頃夢中になった経験があるのではないでしょうか。

小さかった自分や自分の子ども、孫が時には笑い、涙し、勇気付けられたストーリーを作り続けた漫画家、藤子・F・不二雄の博物館が 川崎市にある「藤子・F・不二雄ミュージアム」です。

スポンサードリンク

貴重な原画が展示されているゾーンや、漫画を自由に読むことができるコーナー、そして、ミュージアム限定の映像が流れるシアター・・・。

そして、漫画に登場するキャラクターに出合うことが可能な「はらっぱ」 。

作品にちなんだ可愛くて美味しいオリジナルメニューが楽しめるカフェ。

今の漫画世代のお子様たちから、昔の漫画世代のお父さんお母さん、そしておじいちゃんおばあちゃんと、3世代で楽しむことができるミュージアムです。

 

 

チケットを販売している場所はどこ?当日購入できる?

チケットの購入は、ローソンでのみ可能です。 (ミュージアムでは購入できませんのでご注意ください!)

当日に空きがあれば近くのローソンでも購入することが可能ですが、前もって購入しておくことをお勧めします。

 

毎月30日に翌々月分のチケットが販売開始になりますので、予定が決まり次第、お早めにご購入ください。

入館料は、大人・大学生 1,000円、高校・中学生 700円、子ども(4歳以上) 500円です。

 

入館時間が1日4回(10時、12時、14時、16時)設定されており、各回とも入管締め切り時間が設定されていますのでご注意ください。

10時入館の場合、入館締め切り時間は10時半。12時入館の場合、入館締め切り時間は12時半。など、30分区切りで設定されています。

開館時間は10時~18時。

 

但し、9月3日(水)までは19時まで開館します。

通常期は火曜日が定休日ですが、8月31日(日)までは火曜日も開館しています。

 

カフェについて

カフェでの超人気メニューのカフェラテは、アイスでもホットでもドラえもんなどの可愛いアートをしてくれます。

カフェはとっても混雑するため、入場したらまずはカフェの整理券を取っておくことがお勧めです。

土日は特に混雑するので、カフェで2時間待ちということも普通にあります。

 

電車でのアクセス

電車でのアクセスは下記の通りです。 

複数の路線と駅が利用可能ですが、駅からやや遠いので、バスかタクシーを駅からは利用しましょう。

 

○小田急線 向ヶ丘遊園駅 徒歩16分

○JR南武線 宿河原駅 徒歩15分

○小田急線およびJR南武線 登戸駅から 川崎市バスによる直行便が運行

※約10分間隔で運行(所要時間 約9分)

※普通乗車料金(市内均一):ICカード 大人206円/小児103円、現金 大人210円/小児110円

 

登戸駅からのシャトルバスは、ドラえもん仕様に外装や内装がデコレーションされていますので、小さなお子様は喜ぶこと請け合いです!

 

ミュージアムの駐車場は?近隣の民間駐車場について

ミュージアムに駐車場はありませんので、公共交通機関を利用するか、近くのコインパーキングを利用することになります。

近隣にタイムズなどのコインパーキングがあり、タイムズ24やリパークなどはウェブで空き状況を確認することも可能です。 

スポンサードリンク