軍艦島コンシェルジュ予約方法は?キャンセル待ちは状況は?駐車場は?

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 242

世界遺産に登録されたことでも話題の長崎県の「軍艦島」。

日本の近代化を支えた産業遺産は、見るものに独特の感動をもたらします。  

無人となった今は、鉄筋アパートやコンクリート造りの廃墟の数々が 無機質ながらどこか重厚な雰囲気を醸し出しています。

その姿はまさに“軍艦”そのものです。

今回はそんな軍艦島について調べてみました。

スポンサードリンク

軍艦島に行きたい。でも、どうやって?

話題になるに連れて人気が高まっているのが、軍艦島へのクルーズツアーです。

長崎港から出港して、軍艦島を周遊するというのが各社取り扱っているツアーですが、 中でも人気なのが軍艦島に上陸するプランになります。  

 

「軍艦島コンシェルジュ」も軍艦島への上陸プランがあるツアーを持つ会社のひとつです。

基本的には1日2便の出港となっています。

 

午前便は10時10分頃、午後便は13時30分頃常盤ターミナルコンシェルジュラウンジに集合です。

そこで受け付け後、簡単な説明を受けたりDVDを見たりします。  

 

そして午前便は10時40分頃、午後便は14時頃出港となります。

約30分ほどで軍艦島周辺に到着します。

 

午前便は軍艦島の周遊が先で、午後便は軍艦島の上陸が先です。

近代遺産を間近で見て、感じることができる貴重な時間となっています。  

 

その後再び約30分かけて寄港となります。

3時間ほどのクルーズツアーなので、長崎観光の一環でプランニングすることが可能です。  

 

軍艦島コンシェルジェの料金はいくら?

料金は大人3,600円、中高生2,900円、小学生1,700円、小学生未満800円となっています。

このほか軍艦島入場料として大人300円、小学生以下150円が必要です。

なお、土日祝日および春、夏、冬休みは特別料金となります。

大人3,900円、中高生3,100円、小学生1,900円、小学生未満1,000円で、 同じく軍艦島入場料も別途必要です。  

貸切チャーターは45名で周遊コースのみ対応で9万円です。

天候、および軍艦島の状況によっては上陸ができないことやツアー自体が行われないことが あるので、その点は事前に確認しておきましょう。

 

軍艦島コンシェルジェの予約方法、キャンセル待ち方法

軍艦島コンシェルジェの予約は軍艦島コンシェルジェのホームページから行います。

空き席紹介をして日時が空いている所に予約を入れます。

 

キャンセル待ちは公式HPには項目がなかったので、直接問い合わせるか、旅行代理店に依頼をするといいでしょう。

 

駐車場はどこに停めればいい?

車で軍艦島にアクセスする場合は、常盤県営駐車場を目指して下さい。

ガストの裏にある2階建てのビル1階に軍艦島コンシェルジェラウンジツアーがあります。

 

カーナビには、

長崎市常盤町1-60

と入力すれば到着をします。

 

電車で行く場合は?

電車で行く場合はJR長崎駅から路面電車に乗ります。

 

乗り換えが2回ほどあり若干複雑です。

まず、正覚寺下行きに乗車して、築町で下車。

 

乗換券を下車時にもらい、石橋行きに乗車。

その後大浦海岸通停留所で下車をして下さい。

 

移動時間は20分ほどです。

スポンサードリンク