ハロウィンの仮装は可愛い子供服のリメイクで手作りも!

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 26

近年一般に浸透したハロウィンは西洋のお盆とも言える行事ですね。
死後の世界とこちらの世界がつながるため、連れて行かれないよう子供たちが仮装して、
「トリック・オア・トリート(お菓子かいたずらか)」と家々を訪問する日です。

毎年10月31日がハロウィンの日になっていますが、その前の週あたりから
ディズニーランド・シーやUSJ等でもハロウィンイベントが予定されています。

スポンサードリンク

 

ハロウィンコスチュームは現在通販や100円均一ショップなどでも
簡単に手に入るようになっています。

特に人気なのがドラキュラ・魔女・妖精・お姫様・天使などでしょうか。
かぼちゃの仮面をかぶったり、頭にのせるのも手軽で素敵ですね。

海外からの輸入コスチュームはフリーサイズだと大きめに作られていることが多く、
買って試着して見たらぶかぶかだったというケースも多いようです。

もう着なくなった子供服のリメイクで簡単に手作りできる方法もご紹介しましょう。

喪服や入学式など黒いワンピースをお持ちなら、マントと帽子を揃えて
オレンジ・黒のハロウィンカラーのリボンをつけるだけで簡単に魔女っ子になります。
リボンは着脱できるようにしておけば元の服に戻すこともできますね。

白やパステルカラーのワンピースはパニエで膨らませ、レースを付けて、
羽や王冠を加えれば妖精やお姫様になれます。

スーツタイプの黒いツーピースもレースつきのブラウス・シャツを中に着て、
赤いリボンで蝶ネクタイにし、上からマントを羽織れば吸血鬼コスチュームにできますね。

いずれも帽子やマントのちょい足しでハロウィンコスチュームが楽しめます。
あとは100円均一で売られているカボチャをセットした髪に飾ったり、
モールをスカートにつけたりすればリーズナブルに仮装できるでしょう。

大人の仮装でも、もう着なくなって捨てようか迷っているTシャツを破いたり、
血のりやインクなどで汚してメイクするだけでゾンビや魔女になれますよ。

2014年の仮装でブームになりそうなのは「アナと雪の女王」ですが、
ハロウィンにしか使えない衣装を購入するよりも、
そう見えるワンピースとウィッグをご用意されるほうがオススメです。

ハロウィン仮装をいちから作るのは大変ですが、
既にあるものや今後も使えそうなものを取り入れて
賢くハロウィンを満喫されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク