福岡の夜景スポット米ノ山展望台は一年中楽しめる!住所、行き方は?

スポンサードリンク

福岡市全域から博多湾までを一望できる夜景スポットとして有名なのが
篠栗町にある「米ノ山展望台」です。
「若杉山の夜景」としても知られる同スポットは、山頂付近でありながら
次から次へと車が来るほどの夜景スポットとなっています。

スポンサードリンク

標高は594mほどなのですが、特徴は目の前に視界を遮るものがないことです。
よって180度、いや200度を超えるのではないだろうかという角度で夜景を楽しめます。
しかも山頂展望台付近は開けていて、車からも夜景を楽しめるというからまたたまりません。

 

暑い夏は冷房の効いた車内で、寒い冬は暖かい車内でゆっくりと夜景を観賞するのもいいでしょう。
カップルで行けばよりいっそうロマンチックな雰囲気になること間違いありません。
もちろん車から降りて、自然の空気を感じながら夜景を直接目で見るのもおすすめです。
芝生の斜面に座って鑑賞するのもまた二人の距離がグッと縮まりそうですね。

 

アクセスは慣れないと少し難しいです。
住所は福岡県粕屋郡篠栗町若杉で、福岡都市高速糟屋出入り口を降りて国道201号線を走ります。
途中県道607号線を走っていると、米ノ山展望台を案内する看板があるので、
そこを右折して40分弱といったところでしょうか。

 

夜の山道なので、明るいうちに下見をしておくことをおすすめします。
特にデートなどで行く場合は迷いたくありませんからね。
また日没直後の夕暮れ時がきれいなので、明るいうちに出発しましょう。

 

山頂は開けているといっても、車は50台ほどしか停められません。
その中いい場所で車内で夜景を楽しみたいというのであれば、かなり限られた場所になってきます。
そういった意味でも、やはり早めの到着が必須です。

 

なお、トイレ等もないのであまりにも早く来すぎてトイレに困るなんてことがないようにしてください。
小腹がすいた時用に食べ物や飲み物を準備していくのもいいかもしれませんね。
ちょっと考えることが多いですが、美しい夜景を一望できればきっと来てよかったと思えますよ。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました