長崎稲佐山展望台の夜景 車、タクシー、ロープウェイおすすめの方法は?

スポンサードリンク

「世界新三大夜景」に認定されたことで一層認知度が上がったのが
長崎県にある稲佐山展望台です。
展望台の標高は333mとそれほど高い方ではありませんが、長崎港と光の
コラボレーション、何より360度のパノラマで楽しめることが人気となっています。

スポンサードリンク

稲佐山展望台への主なアクセス方法は、車(マイカー)、タクシー、ロープウェイの3つです。
時間を気にせずゆっくりと夜景を楽しみたいのであれば、マイカーがいいのは言うまでもありません。
ただし、マイカーで行く場合は注意しなければならないことがあります。

 

それが「駐車スペース」の問題です。
稲佐山展望台付近の駐車場は約40台、これほどまでに有名になった稲佐山ですから当然足りません。
平日ならまだしも、連休など駐車場が空くのを待つのに1時間かかることもあるそうです。
いくら長崎市街地からのアクセスが抜群といってもこれではちょっとつらいですね。

 

駐車場のことを気にせずに夜景を楽しみたいなら、タクシーの利用がおすすめです。
ちょっとリッチですが、長崎市のタクシーであれば夜景用のプランなどもあるので、
普通に乗るよりもお得なこともあります。

 

「稲佐山展望台ツアー」を用意しているタクシー会社やバス会社もあるので、
ある程度時間の制約があってもいい方はそれを利用されるのもいいでしょう。
長崎市内のホテルから稲佐山展望台までタクシーでの送迎付きプランがある
宿泊プランもあるので、宿泊予定の方は相談してみてはいかがでしょうか。

 

ロープウェイもおすすめの方法です。
まず市街地からロープウェイ乗り場までは、無料の循環バスが走っています。
朝9時~22時まで15分~20分間隔で運行しているのでとても便利です。
所要時間も5分とあっという間で、ロープウェイからの眺めもたまりません。
往復料金は大人1230円、中高生920円、小学生および幼児610円となっています。

 

山頂の稲佐山展望台の2階には「ひかりのレストラン」があって、美しい夜景を見ながら
長崎の名物料理を楽しむこともできます。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました