結婚式のスーツの色は白?黒?ネクタイやシャツの選び方

お祝い

スポンサードリンク

秋冬は結婚式に呼ばれる機会も多く、 ドレスや着物を着て髪型を整えれば何とかなる女性と違い 男性の服装についてのしきたりは少なく感じ、 逆に何を着ればいいのかわからなくなってしまうものです。

スポンサードリンク

 結婚式に呼ばれたけど、とりあえずスーツを着ればいいか、 ぐらいのイメージしかない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結婚式に呼ばれた男性が一味違う洗練された雰囲気をまとうなら カラーシャツやラペルピンなどでアクセントをつけてみましょう。

結婚式スーツの色選び。白と黒の違いは?

結婚される方との間柄によっておしゃれできるかどうかが多少変わってきますが、 まず黒系(黒・紺・濃灰・ストライプなど)のスーツがメインの服装になります。

白のスーツは花婿専用です。

暗い色のスーツに白シャツは大丈夫ですが、できれば黄色・ピンク・水色など カラーシャツをお召しになると明るい印象でお祝いの場に合わせることができるでしょう。

白と黒はどちらかといえばお葬式のカラーリングですし、 紅や青、サテン地などのきついカラーのシャツはお祝いには向きません。

 

[youtube id=”SiLwRsHcg1g”]

 

ネクタイの色はどうやって選べばいい?

ネクタイは暗くない色調で、シャツの色味に合わせると無難です。

薄いピンクのシャツならピンクのネクタイなど、浮かない色あわせが良いでしょう。

スポンサードリンク

例えば黄色のシャツに真っ青なネクタイや、青いシャツに真っ赤なネクタイなど 目立ちすぎる色調はお祝いする立場としても相応しくない上に よほどセンスが良くないとただの勘違いさんにしか見えなくなってしまいますね。

どうしても決められないという方の場合、白シャツ・白ネクタイに ネクタイリングやラペルピンで差をつけましょう。 ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーが使える女性と違い、 男性の結婚式ファッションは地味になりがちですが、 お顔の周りでもある襟元にワンポイントのお洒落を取り入れることで 洗練された印象を演出できるでしょう。

あまり大きなアクセサリーは軽薄な印象になってしまいますから、 指先くらいの大きさのものを基準にされると無難です。 ネクタイと色を合わせたポケットチーフもオススメですよ。

通販などでも取り扱っている、セット販売のものを選ぶと良いですね。

 

髪型は?

髪型はできるだけ清潔感のある感じにまとめましょう。 女性ほどこだわらなくても良いとはいえ、 新郎新婦にとっては一生写真などに残る一大イベントです。

派手すぎず華やかに、結婚式の少し前に美容室に行って相談して見るのもオススメです。

 

結婚式のスーツをレンタル出来る場所は?相場は?

結婚式に来ていくスーツをレンタルする場合は、レンタル業者さんを使うことになります。

有名ブランドのスーツやシャツ、ネクタイやコートを一式貸してくれて、価格は1万円程度からが相場のようです。

自分で用意できるものは用意して、普段余る使わないものはレンタルするというのが賢い使い方かもしれません。

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました