Warning: Use of undefined constant filter_estimated - assumed 'filter_estimated' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/estimated/estimated.php on line 34

Warning: Use of undefined constant filter_estimated - assumed 'filter_estimated' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/estimated/estimated.php on line 35

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45

Warning: Use of undefined constant REQUEST_URI - assumed 'REQUEST_URI' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/functions.php on line 73
三島由紀夫の作品の特徴とは… いま見直されている名著の数々 - ブンブーンのお役立ちメモ

三島由紀夫の作品の特徴とは… いま見直されている名著の数々

芸術

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 157

戦後を代表する大人気作家にして 昭和45年の11月25日に割腹自殺という壮絶な最期を遂げたことでも知られる 三島由紀夫の小説がいままた注目を浴びているようです。

幼いころから詩人としての才能を知られ、 あらゆる文体を使いこなしたとまでいわれる三島文学の特徴をご紹介します。

スポンサードリンク

 

三島由紀夫作品の特徴

三島由紀夫の作品群はよく本を読む人の中でも 読み進めるのが楽しかった/苦痛だった と両極端な感想を持たれることがあります。

その原因のひとつに挙げられるのが、三島文学の耽美性と装飾語の多様さでしょう。

普段から花やひとの美しさを言葉に変えられる感受性を持っている方には 三島文学に使われる言葉が脳裏に重厚な風景図を描き出します。

鳥が飛ぶ、花が散るといった当たり前の所作に動かされる感情が鈍っている方には 破綻すれすれのただ難しい作品を書く人というイメージしか持たれないかもしれません。

三島由紀夫は生前「美しい日本語を書きたければ古典を読め」といっていたそうです。

これは古典文学という意味でなく、和歌や俳句の域かもしれません。

ことばに詠み込まれた幽玄の美は受け手が感じるべきで、感じなければ無教養という 平安時代のインテリジェンスを持っていた作家だと思います。

三島由紀夫の凄さ

語彙力(ボキャブラリー)ひとつとっても三島由紀夫の作品は凄まじいものを感じさせます。

ワープロなどなかった時代、手書きだけで 今まで書いた文章と全くカブらないことばを使える稀有な作家だったのです。

スポンサードリンク

作家志望の方の文章力上達法に、写経と呼ばれるものがあります。

既存の作家の文章を一字一句間違えずに書き写すことでその作家の執筆を追体験でき、 なぜこのことばを選んだのか・なぜこんな構成ができるのかがわかります。

三島文学は写経に向いているかといわれると、 あまりのオリジナリティに個人の個性が吹っ飛ばされてしまう危険さえありますが、 もしプロ作家を目指されているならやって損はない体験ではないでしょうか。

初心者でも楽しめる三島由紀夫作品

まずは「真夏の死」「詩を書く少年」など、 三島由紀夫のパーソナリティが垣間見える短編がオススメです。

「金閣寺」や「潮騒」「仮面の告白」などの有名長編は読み物としてどうぞ。 以降の数々の作家に多大な影響を及ぼした大作家に触れてみる 贅沢な読書の秋に浸ってみてください。

スポンサードリンク