大分県久住のおすすめ観光スポット「ガンジーファーム」 マップは観光協会で手に入れられる!

スポンサードリンク

雄大な自然が特徴で、阿蘇とならんで人気の観光地となっているのが
大分県竹田市久住町です。

 

通称「久住」では四季折々の自然が楽しめるのはもちろんのこと、
一年を通して様々な体験、観光をすることができます。

スポンサードリンク

ちなみに同じ大分県内で「九重」と書く地名があるのですがこれは「くじゅう」とは読みません。
「九重」は「ここのえ」で、「久住」が「くじゅう」なので間違えないようにしてくださいね!

 

そんな見どころ満載の久住でもおすすめの観光スポットが「ガンジーファーム」です。
変わった名前の牧場ですが、「ガンジー」とはこの牧場で飼育されている「ガンジー牛」
のことを言います。
ガンジー牛はイギリス原産で、日本国内では非常に珍しい種類の牛です。

 

ガンジー牛からとれるミルクは、普段口にする機会の多い「ホルスタイン牛」よりも
栄養価が優れていると言われています。
成分としては脂質、タンパク質、灰分などが豊富でかつバランスがいいそうです。
しかし1頭の牛からとれるミルクの量はホルスタイン牛の約半分となります。

 

このように栄養価が高いかつバランスもいいガンジー牛からとれるミルクは
「ゴールデンミルク」と呼ばれるのです。
ガンジーファームでは、そのゴールデンミルクを使った乳製品やデザートなどを販売しており
大変人気となっています。

 

ガンジーファームではこういった製品の製造過程を見学できる酪農工場、ウサギ、ヤギ、ヒツジ
に餌をあげることができる「ふれあい牧場」、春~秋の土日祝祭日に楽しめる「ポニー乗馬」など
子どもから大人まで楽しめる施設がたくさんです。

 

犬を自由に遊ばせることのできる「ドッグランスペース」は無料で使えるので、
長旅で疲れたワンちゃんの休憩に使うのもいいですね。

 

そのほか11時~16時まで(ラストオーダーは15時)営業している「高原のガンジーレストラン」、
お土産を買うのにも最適な「ガンジーハウス」、防腐剤など無添加の手作りパンを買える
「カントリーベーカリー」などがあります。
一日中、食べて、遊んで、楽しめるのがガンジーファームです。

 

アクセスは福岡方面からだと九重(ここのえ)ICもしくは湯布院ICで降りて、
やまないハイウェイを経由します。
最寄駅はJR豊後竹田(ぶんごたけた)駅ですが、駅からも20kmほど離れているので
バスやタクシーを使ってガンジーファームを目指しましょう。

 

ガンジーファームの問い合わせ先は9時~17時のフリーダイヤル(0120-76-1075)、
もしくは(0974-76-0760)となっています。

 

なお久住観光をもっと楽しみたい方は、久住高原観光協会でマップをもらうといいですよ。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました