Warning: Use of undefined constant filter_estimated - assumed 'filter_estimated' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/estimated/estimated.php on line 34

Warning: Use of undefined constant filter_estimated - assumed 'filter_estimated' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/estimated/estimated.php on line 35

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45

Warning: Use of undefined constant REQUEST_URI - assumed 'REQUEST_URI' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/functions.php on line 73
いちじくのドライフルーツ 食べ方のオススメは? - ブンブーンのお役立ちメモ

いちじくのドライフルーツ 食べ方のオススメは?

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 214

そのままでも、スイーツにも、サラダのトッピングや肉料理のソースなどにも使える
ドライフルーツのいちじくはぎゅっと濃縮されたうまみとさまざまな栄養が入っています。

食べ方を工夫すればドライフルーツが苦手な方にも取り入れていただけますよ。

スポンサードリンク

 

ドライフルーツの中でもやさしい味が人気の
干しいちじく・ドライいちじくを使ったレシピといえば、
まずケーキやタルト・マフィンなどのスイーツを思い浮かべられるかもしれません。

スイーツでは一般的に、ドライフルーツを洋酒で柔らかくして使います。
ご家庭で作れば、アルコールが苦手な方やお子様にも安心ですね。

使いやすいソフトタイプのドライいちじくを利用したり、
フレーバーティなどでさっと煮て香りをつけると美味しいですよ。
個人的にはお酒は飲み物で、食べ物からアルコールの味がするのは少し苦手なため
アールグレイティーに漬け込んだドライいちじくを使っています。

セイロンティーなど、クセの少ない紅茶でも美味しいと思いますよ。

サラダに使う場合は食感もそのまま楽しめるよう、
キッチン鋏で切れる程度の硬さのものをちりばめると美味しくなります。

生ハムやベーコンなど塩気のあるお肉との相性が良いので、
以前ネットで流行っていた鳥ハムを合わせてみても良いかもしれませんね。

シーザーサラダのような味の濃いドレッシングでも、
ドライいちじくは他のフルーツと比べて喧嘩しにくいため、
食べ方やレシピが簡単にアレンジできるのも嬉しいポイントです。

フランス料理では木苺やさくらんぼなどがお肉料理のソースに使われていますが、
ドライいちじくをワインやブランデーに漬け込んだり、煮たものを
ローストした鴨やウサギなどのソースに使います。

漬けておいたものならそのまま刻んで、漬けたワインと混ぜればすぐに使えます。
柔らかくなるまで煮込む場合ならアルコールも飛ぶので、
やさしい味わいになってくれますよ。

生のいちじくを天日干しやオーブンで乾かして作る
手作りドライいちじくもいま注目されています。

いちじくは常温で置いておくとすぐにカビが生えてしまうので、
冷蔵庫に入らないときはドライいちじく作りに挑戦してみても良いかも知れませんね。

オーブンの場合は半分に切った生いちじくを焼き網にならべ、150度で一時間温めたあと
裏返して30分ほど追加で温めるとすぐにできます。

天日干しの場合は天気がいい時期に4、5日ほど日光に当てましょう。
夜や雨の日は冷蔵庫にしまっておくのが良いですね。

スポンサードリンク