スムージーダイエットの効果を3倍にする4つの視点

スポンサードリンク

美容、健康効果だけでなく、

ダイエットにも有効なことから

注目が集まっている スムージーダイエット

 

そんなスムージーを おいしく、

効果的に取り入れる法法を ご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

スムージーは野菜や果物を凍らせた シャーベットの様な飲み物です。

有名人やモデルが愛飲していることもあり、

最近話題になっています。

 

モデルさんが愛飲する理由としては、

栄養価が高く、健康的に痩せられる。

 

こういった点が評価されているようで、

今の食生活を変えること無く、

どんな人でも取り入れることが出来る魅力があります。

 

スムージーには、

ビタミン、葉酸、カルシウムといった

栄養価が高い成分が含まれていて、

免疫力を高めたり、

病気の予防にも効果があると言われています。

 

そんなスムージーですが、作り方を間違うと、

思ったよりも効果がでなくなってしまうこともあります。

 

スムージーに入れるものは、 水と野菜と果物ですが、

ヨーグルトや牛乳を一緒に入れてしまうと、

栄養が吸収されなくなってしまうんだとか。

 

スムージを作る時は、

ヨーグルトや牛乳を混ぜないように 注意しましょう。

 

またデンプンが含まれる野菜と一緒を入れるのもNGと言われていて、

具体的には、

にんじん、ブロッコリーの茎、 ズッキーニ、

カリフラワー、キャベツ、 かぼちゃ、オクラ、

とうもろこし、 こういった野菜はスムージーに入れないほうがいいのです。

 

その理由としては、でんぶんが含まれる野菜は、

フルーツとの相性が良くなく、腸内でガスが発生する要因になるんだとか。

 

また、でんぶんを特に多く含む、じゃがいもなどは、

腹持ちはいいものの、消化に時間がかかるため、

スムージーには混ぜないほうがいいでしょう。

 

スムージーに入れる野菜としては、

ほうれん草、小松菜、チンゲンサイ、水菜、

レタス、 といったものを、 毎日入れ替えながら混ぜていくといいでしょう。

 

同じ野菜を毎日撮ってしまうと、 飽きてしまいますからね。

 

また、多くの野菜を混ぜるよりも、

シンプルな組み合わせで作ったほうが 栄養を摂取りやすいと言われています。

 

野菜に関してはこんな感じですが、 果物は何を入れればいいのでしょうか?

 

これは皮をつけたまま、

りんご、バナナ、キウイフルーツ、 柿、

いちじく、きんかん、マンゴー、 桃、

すもも、洋なし、プルーン、 などを入れるといいです。

 

皮ごと入れることで、 果物の酵素や繊維、

ミネラルを摂取する事ができます。

 

ですから、果物をスムージーに入れるときは、

皮がついたまま入れるようにしましょう。

 

入れる野菜と果物がわかった所で、

最後にスムージーの飲み方についてです。

 

これは他の食べ物と一緒ではなく、

スムージー単体で飲むといいです。

 

また噛みながら飲むことで吸収率が高まります。

 

飲む量に関しては、1日1リットルから、

2リットルを飲むと 交換を感じやすいのですが、

難しい場合はコップ1杯から始めてもいいです。

 

余ったスムージーは冷蔵庫に保管をすることも出来ますが、

飲む際は常温に戻してから飲みましょう。

 

スムージを飲むことで、副作用かな?と感じる症状が出ることがあります。

これは眠気や吐き気、便秘や下痢のような 症状であることが多いのですが、

スムージーを撮る事で、 体内の老廃物を排泄しようという化学反応が出てしまっている状態。

 

ですので、ちょっと体調がおかしいな?と思ったら、

飲む量を減らしたり、加える水の量を増やすことで 体への負荷を減らすようにしましょう。

 

スムージーは健康にも美容にも効果的と言われています。

ですが、取り方を間違うと効果が感じられないばかりか、

体に異変を覚えてしまうこともあります。

 

正しいスムージーの取り方を学び、 健康と美容を手に入れましょう。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました