Warning: Use of undefined constant filter_estimated - assumed 'filter_estimated' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/estimated/estimated.php on line 34

Warning: Use of undefined constant filter_estimated - assumed 'filter_estimated' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/estimated/estimated.php on line 35

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45

Warning: Use of undefined constant REQUEST_URI - assumed 'REQUEST_URI' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/functions.php on line 73
エアコンのカビ掃除の方法

そのクーラー、カビをまきちらしてないですか?4つのカビ回避方法。

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 338

「蒸し暑い。

電気代をとるか快適さをとるか…」

 

クーラーの時期になると電気代との葛藤に悩むわけですが、

その前に、もっと心配した方がいいのが、目に見えないカビ。

 

 

エアコンを掃除するかどうかは、かなり個人差が大きいんですが、

掃除しないとカビを部屋中にまき散らすことになるので、要注意です。

 

スポンサードリンク

特に、冬に暖房器具としても使っていたエアコンは、

夏の冷房で出来た結露(つまり水)が暖められて、激しくカビが発生します。

 

 

まあ言ってしまえば、

エアコンを壊さない程度に掃除したところで、

ドレイン管に溜まった水からカビができるものです。

 

ドレイン管というのは、

冷房や除湿を使ったときに出る水を流す排水管ですが、

 

ここに溜まった水というのは、溜まりっぱなしになります。

大変不衛生なのですが、開けて掃除できないので、どうしようもないわけです。

 

 

 

じゃあどうしたらいいのか?

4つの方法があります。

 

 

1.エアコン掃除を業者に頼む

 

一番確実ですが、一番高いです。

 

エアコンを分解して中までしっかり洗ってくれます。

洗った後の真っ黒な水を見ると絶句します。

 

実は掃除自体は難しくないのですが、

エアコンを分解するとき(特にカバーを外すとき)に

壊れるトラブルが多いです。

 

これが、掃除専門業者より、

家電メーカーの掃除の方がよく利用されている背景です。

 

大体6000円/台 ~1万円前後が相場で、

複数台頼むと、安くなることが多いです。

 

 

2.クリーナーを購入

 

大変お手軽なのですが、

実は、やらないよりは少しまし?という程度です。

 

結局、見える部分しか掃除が出来ません。

 

内部やドレイン管の掃除が出来ないので、

大部分は掃除できないです。

 

ただ、目に見える部分だけでも掃除しないよりは

したほうがいいと言えます。

フィルターもきれいに洗って、乾かしましょう。

 

そして、自分で掃除する場合も、壊してしまうトラブルが付き物です。

カバーを外すときはゆっくりと。

掃除するときはあまりゴシゴシしすぎないこと。

 

 

3.自動掃除機能付のエアコンを使う

 

これから買い替えを検討しているなら、

自分で掃除してくれる機能がついているエアコンを使うのも

ひとつです。

 

これも残念ながら、完全にきれいにしてくれるわけではありませんので、

ないよりましくらいの位置づけと考えてください。

 

 

4.冷房を使った後送風を使う

 

この方法は他の方法と組み合わせられます。

そして、「発生したカビを除去」する方法ではなく、

「カビを発生させない方法」なので、効果的、衛生的です。

 

方法は、言葉にすると簡単で、

冷房を使ったあと、毎回1時間半くらい、送風するということです。

 

さっきも言った通り、結露のせいでカビが出るわけなので、

毎回きれいに水分を吹き飛ばしましょうということです。

 

やはり欠点は、せっかく冷房で部屋を冷やしたのに、

また送風で暑くするのか、ということですね。

 

 

結論

理想的には、

・毎回冷房を使った後1時間半送風すること。

・毎年、暖房終了~冷房開始の間に、業者に掃除をしてもらうこと。

 

といったところです。

 

エアコン掃除のプロの方の話ですと、

2-3年に一度でも掃除してもらうと違うそうですので、

 

理想通りにはいかなくとも、

出来る範囲でうまく業者を使ってみるといいのではないでしょうか。

 

 

 

この夏、上手に冷房を使って、快適に過ごせるといいですね。

 

スポンサードリンク