海のデートで着る水着の選び方【女性編】

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 233

憧れのデートスポット、海。

 

 

いざ、行くとなると、

勝手がわからず、悩むものです。

 

特に、水着の選び方は、その後の2人の関係を左右するといっても

過言ではない!くらい重要なポイントになってきます。

 

 

そこで、失敗しない水着の選び方をまとめてみます。

 

 

 

  • ビキニにするか?

スポンサードリンク

大雑把にいうと、10代、20代くらいまではビキニで攻めることをおススメします。

30代でも、普段から露出が多い服を着る方などはビキニの方がいいでしょう。

 

ただし、パンツからお腹の肉がはみ出ない場合に限り!です(笑)

 

はみ出ても大丈夫。ビキニでなくともかわいい水着は沢山あります。

 

セパレートタイプでも、露出が少ないものもあり、

形によって、つなぎタイプよりも体系をカバーしてくれます。

 

 

お店の人に、体型の気になる部分を

正直に相談してみて決めるのがいいでしょう。

 

  • 水着の大きさ

これは試着できるなら試着した方がいいです。

特に、足が細い人の場合、

パンツの足を出す部分がガバガバということがあります。

 

特に海外で買う水着などは要注意。

 

中が丸見えになる><ので、困り度MAXです。

 

 

・お店では出来る限り試着できるところで買い、試着すること。

・家で水着を一度濡らしてみること。お風呂などで試着してチェックする。

 

バストにも同じことが言えます。

 

 

特に海の水着は、いつも選ばないくらい派手目のものをおススメします。

色がきれいなだけで、きれいに見える部分もありますし、

地味な水着だと、海では全く目立たないからです。

 

パーソナルカラーを知っている人はそれに併せて、

オータムやウィンターの方でも、やや明るめよりでいいでしょう。

 

 

サンダルや、アクセサリも、明るめを使うのがおススメです。

 

 

そして、最後に当日の心構え。

 

色々事前準備をして、いざデートとなると、

選んだ水着が正解だったかとか、脱毛が漏れてないかとか、

彼にどう見られているかとか、色々気になるものです。

 

 

でも、一番大事なことは、その場を楽しむこと。

 

 

多少失敗があって、隙があるのも、実は魅力だったりします。

 

あまりうまく立ち振る舞うことばかりを気にしすぎず、

心から楽しめるといいですね。

 

 

今回の海デートが、次の展開へのステップになるといいですね。

 

 

スポンサードリンク