2014年の富士登山は山開きしてすぐよりお盆前がオススメ

スポンサードリンク

世界遺産登録で例年より注目の高まっている今年の富士山は、静岡県側からの山開きが2014年7月10日~9月10日まで、山梨県側からは2014年7月1日~9月14日までと発表されています。
誰よりも早く富士登山を楽しみ、登頂したいという気持ちは日本人の誇りとして皆さんが持たれていますが、その分混雑が予想されます。特に7月の12・13日の週末は日の出を見に集まる方も多く、駐車場も停められないという場合があります。

スポンサードリンク

富士登山道の主なルートで、山歩き初心者でも登りやすいのは静岡県側の富士宮口登山道・山梨県側の河口湖口登山道・須走口登山道です。特に須走口登山道は山小屋が少ないため混雑しにくく、自力で装備を整えられる方にオススメのルートになっています。
河口湖口登山道は首都圏からの便がいい上に山小屋が多いので安心して上れるのと坂の緩やかさで人気ですが、その分混雑するとなかなか先に進めないというケースも想定されます。
富士宮口登山道は最短ルートで登れるのと、天候次第で眼下に広がる駿河湾を楽しみながら登下山できますが、やはりこちらも人気が高いのと、登り・下りのルートが全く同じため少しでも混むと身動きが取れなくなる可能性があります。

富士登山はルートも整備され、一合ごとに山小屋がありますから、未整備の日本アルプスなどと比べるとずっと登りやすくなっています。しかし自分のペースで歩けること、また夏でも富士登山用のしっかりした装備が揃っていることが安全な登頂に必要です。
街の中でも、人ごみで自分のペースで歩けない道は疲れるのが早くなってしまいます。できれば混雑時を避けて、休みたいときに休めるよう、軽く食べられるものや水分の携帯も余裕を持って見積もっておくのが良いでしょう。

山開きからすぐよりも、ほかの方が忙しくなるお盆の前(8月2・3日や9・10日)は気候も安定し、人出も少なくなっているので、体力に自信がない方でも無理のない富士登山ができる絶好のチャンスです。
9月に入ると下界はまだ暑い日が続いても、山頂では雪が降ることがあります。9月中の富士登山を計画されている場合は、必ず新聞紙・ビニールシートなど、体温を保持できる軽い装備を用意していきましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました