乾燥肌に使えるプチプラの美容液まとめ

ファッション

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 155

■乾燥の時期こそチャンス!

乾燥が厳しくなる、寒い季節。朝起きて喉がカラカラになってしまったり、唇がガサガサになってしまったり…嫌な気分になりますよね。普段使っている化粧品の他に、身体のいろんなところを保湿するために更にクリームや、マスクを買い足して、なんてことをしていると、あっという間にお財布がすっからかん! 更に嫌な気分になってしまいますよね~。しかし実は、

スポンサードリンク

こんな嫌なことだらけな寒い乾燥の時期ほど、美容液を自作するのには最適な時期なんです! しかもこの自作の美容液、プチプラな材料で作ることができるので、節約にも役立つんですよね~!

■自分の肌に合わせて完全カスタマイズできる

自作の美容液のメリットは、何といっても「自分好み」に完全カスタマイズすることができるというところです。例えば、材料の水ひとつとっても、水素水を使うのか、深層水を使うのか、それともアルカリ電解水を使うのか、それぞれのメリット、デメリットと自分が美容液に求める効果を研究しながら、オリジナルの美容液を作っていくのもの楽しいですよね。

その中でも特におすすめしたいのは、「オイル」。最近注目されているココナッツオイルをはじめ、オリーブオイルやカシューナッツオイル、アルガンオイル等、様々なオイルが簡単に手に入るようになってきました。ぜひオイルにこだわりながら、自分に合った最強の美容液を作ってみてください。

■コツは「たっぷり」使うこと

最強の美容液を作っても、効果的に使えなければ意味がありません。

特に肌の乾燥を防ぐためには、化粧品の使い方にもコツが必要です。

顔を洗った後、乾燥対策を考えるあまり、あわてて美容液をつける人がいますが、実はその方法だと効果が半減されてしまうんです! 美容液をより効果的に使うためには、まず洗顔後、たっぷりとオイルが入っていない「化粧水」を付けることをおすすめします。化粧水をまずしっかりと肌の内部に浸透させ、肌を内側から保湿した後に、その保湿状態に栄養を与え、更にフタをするために使うのが「美容液」なのです。この①栄養を与える、②フタをするというふたつの目的を考えながら、プチプラな美容液作りを楽しみましょう!

 

DAISOの美容液を使ってみた!

YouTube

(890字)

スポンサードリンク