圧力鍋で栗を茹でるときのコツは?電子レンジで作るのとどっちがいいの?

フルーツ狩り

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 29

■拾いに行く派? スーパーで買う派?

 紅葉が進む季節、山に栗拾いに出かけられる方も多いのではないでしょうか。私も小さいときはよく行きました! 学校の行事で、栗拾い遠足があり、みんなで軍手をはめて栗を拾いました。で、拾ってきた栗を新聞紙の上に広げて置いておくと…置いておいた栗に小さい穴が…そう、栗についていた虫が中を全部食べちゃった! なんていう思い出があります。こんな悲しい(笑)経験をしなくとも、今ではスーパー等で簡単に栗が手に入りますよね。もちろん、虫に食われていないやつ!(笑) ゆでてそのまま食べるのもよし、栗ごはんにするのもよし、きんとんにするもよし。栗を食べると、やってきた秋を実感できますよね~。

スポンサードリンク

 

■栗の皮むきに悪戦苦闘

 栗を食べるときに苦労するのは、やはり固い皮ではないでしょうか。ナイフですこし切り目を入れてから蒸かしたり茹でたりして、スプーンや爪を使って中身を食べるひと、いらっしゃるのでは? でも、できればごろっときれいに中身をとれるとうれしいですよね。電子レンジで、ラップにくるんで蒸かして、せっせと皮をむいて…なかなか手間なものです。

 そんなお悩みをお持ちの方、実は圧力鍋を使うと簡単に栗の皮がむけるんです。しかも、この圧力鍋を使って栗を「茹でる」ことで、そんなお悩みを解消できてしまうんです。「蒸す」んではなく、「茹でる」。ここが重要なんですよね~。

 というのも、栗の実だけを柔らかくする「蒸す」作業に対して、「茹でる」作業は、栗の皮に対しても影響を与えます。結果、茹でた栗のほうが、皮もぐっと柔らかくなって、皮むき作業を楽にしてくれるんですよね。

 

■圧力鍋で栗の皮むき

 圧力鍋で栗を茹でる前に、ちょっとひと手間を加えることでもっと皮をむきやすくできます。そのひと手間とは、「皮に切れ目を入れる」こと。包丁の先で、栗の実に響かないぐらいの深さてちょっとだけ皮に切れ目を入れてあげましょう。ゆであがったあとは、その切れ目をとっかかりに、するっと皮をむくことができるのです。

 圧力鍋の種類にもよりますが、だいたい7~8分ほど茹でれば栗の実まで火を通すことができます。一気に圧力を加えて、自然冷却させてから栗の皮むきをしていきましょう。

 きれいにむけた栗を使って、どんな料理をするかは、あなた次第です。…私だったら、きれいにむけたことに感動して、そのまま食べちゃうかもしれません(笑)。

 

圧力鍋を使うと栗の皮がみかんのように簡単に剥けます!

圧力鍋を使うと栗の皮がみかんのように簡単に剥けます!

 

スポンサードリンク