栗ご飯の水の量はどれぐらいが適切?

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 240

炊き立てのご飯の中に、ごろっとした黄金色の実。

栗ごはんって魅力的ですよね~。しっかりお腹にも溜まるし、幸福感も満足感も申し分ない逸品です。

私は栗ごはん大好き人間ですので、栗ごはんがあればおかずは簡単なもので十分!と思えてしまうぐらいです(笑)。

 

 

あまーい栗とごはんが合わさったところに、ちょっと塩気が感じられて、余計ご飯が進んじゃうんですよね~

子供のころは「甘いものがごはんだなんて…」とちょっと敬遠していたこともあったのですが、今ではその反動なのか、とっても大好きです。

 

 

 ちょっと前までは、栗ごはんというと、やれ栗を剥くのが大変、やれお米を炊く準備をするのが面倒、と外食ですましてしまうことが多かったのです。

が、栗がスーパーで簡単に、しかもお安く手に入るようになってきたので、そうは言ってられません! 

安ければ家でたくさんつくって、たっぷり食べられるのです! 

そう考えた私は一生懸命に「いかに自宅で楽に栗ごはんを作るか」という方法について調べました。

結果…あれ? 

意外と栗ごはんって簡単に作れる?(笑) ということが分かったのです。

 

View this post on Instagram

おうちごはん 秋の味覚 栗ごはん 大学芋 鳥手羽とゆで玉子のこってり煮 丸こんにゃくのピリ辛炒め ピーマンの昆布茶和え いつかのよるごはん 娘と一緒に収穫した 栗やさつまいも 秋の味覚盛りだくさん 間違えて削除してしまい💦💦 再投稿…… #おうちごはん#よるごはん#dinner#クッキングラム#デリスタグラマー#鳥手羽のこってり煮#大学芋#丸こんにゃくのピリ辛炒め#ワンプレート#栗ごはん#栗#秋の味覚#食欲の秋#馬渡新平 #instafood#cooking#cookingram#lin_stagrammer#wp_deli_japan#tablephoto#foodpics#うつわ#日々のこと#日々の暮らし#料理写真#テーブルコーディネート#Japanesefoods#iegohanphoto @ie.gohan

A post shared by natsue (@natsue1979) on

 

スポンサードリンク

 

栗ごはんを作るとき、一番気になるのは「水の量」ではないでしょうか。

 

炊飯器で上手に栗ごはんを炊くために重要なのは、そう、確かに「水の量」なのです。

ですが、心配はいりません。

実は栗ごはんを作るときの水の量ってふつうにご飯を炊くときとあまり変わらないのです。

 

作り方としては、まず、栗を入れる前に、普段のご飯を炊くときの目盛に合わせて、お出汁やお醤油、お水を入れます。

そして、その後に、お出汁とお米が入った炊飯器にそっと栗を入れ、炊飯ボタンを押すだけ。これだけなんです。

 

もちろん、炊飯器によっては、きちんと栗を混ぜ込みながら炊かないと芯が残ってしまう、なんていうものもありますが、現在普及している炊飯器としては、この方法で栗ごはんを作ることができるようです。

ひと安心ですね!

 

「栗ご飯」の作り方(炊飯器レシピ) – How to make Chestnuts Rice (Kurigohan)

 

もち米を入れる時

 

通常のお米に栗を入れるのではなく、米の一部を持ち込めにすることで、粘りが出ます。

その際は米ともち米を合計した量に一致する水の量を入れます。

 

一合ならば一合分の水が炊飯器の目盛りに記載されていますので、そのラインまで水を入れます。

炊く際に栗からも水が出ますので、パサッとした仕上がりではなく、もちもちした仕上がりになります。

 

スポンサードリンク