喪中はがきの書き損じはいつまで交換してもらえるの?手数料は?切手は?

喪中ハガキ3 時候の挨拶

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 49

日本の古き良き風習のなかに、「年賀状を送る」という行為があります。

現在ではメールや電話の連絡手段がとても発達していて、年賀状をメールで送るという方も多いのではないでしょうか。

 

そんな中でも、目上の方、普段連絡を取ることが少なくても大切な知人、

仕事を通して繋がりのある方など、お送りされる機会はまだまだ多いと思っております。

 

残していきたいというのが個人的な意見かもしれません。

 

ですが、喜ばしい新年のご挨拶も、場合によっては失礼にあたってしまうことがございます。

それは、親戚・家族に不幸があったときです。

スポンサードリンク

喪中はがきを送らなければいけないのはどんな時?親戚の不幸でも喪に服さないとダメ?

気持ちにもよりますが、一般的には2親等(兄弟、姉妹)までの身内に不幸があった時、

1年間は喪に服し、お祝いごとを避けます。

いつまでも悲しんではいられないとは思っていても、

やはりそうすぐには「あけましておめでとうございます」とお祝いする気持ちにはなれませんよね。

 

喪中ハガキ

 

そこで、お付き合いのある方々に、こちらから先にご報告するのが喪中はがきでございます。

 

 

喪中はがきが余った時はどうすればいいの?金券ショップで買い取ってくれるの?

 

準備する際には、書き損じがあった時のために予備を含めて少し多めに作るかと思うのですが、

お送りした後には使い道がなく残ってしまいますよね。

書き損じの喪中はがき、そのまま処分しようと思われている方がいらっしゃいましたら、

郵便局で交換をしてもらえますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

また金券ショップで買い取ってもらうことも出来るので、現金化したい時は金券ショップに持ち込むのもいいでしょう。

金券ショップでは喪中はがき用の葉書、切手ともに買取販売をしています。

ですので、喪中はがきを大量購入する前に金券ショップに行って購入をし、余ったらまた金券ショップに持ち込むことで費用を安くすることが出来ます。

 

スポンサードリンク

 

郵便局で交換してくれる条件と手数料について

★交換可能なはがき

切手部分の印刷がされているもの。私製はがき(切手を貼って送るもの)は対象外です。

★何に交換してもらえる?

官製はがきはもちろん、切手や郵便書簡、レターパックなどの特定封筒にも交換可能です。

★手数料は?

交換手数料というものが必要になってきます。

官製はがき・切手でしたら1枚につき5円、郵便書簡は1通につき10円、特定封筒は1通につき41円です。

例えば、書き損じた喪中はがきが10枚あった場合、50円をお支払いすれば、新しいはがき10枚に交換してもらえるということになります。

 

交換されましたら、それを年賀状を受け取った際の寒中見舞いに使ったり、切手に交換されてお手紙を送ったりして、ぜひ有効活用しましょう。

 

なお交換の期限はないので、急いで交換をしに行かなくても大丈夫です。

 

喪中ハガキ2

 

喪中はがきはいつまでに出すのがマナー?年内に出せなかった時はどうすればいい?

喪中はがきのマナーとしては、年内12月の15日まで出すのが理想です。

しかし仕事や年末の行事などでスケジュール的に難しいこともあると思います。

そういった場合は年明けになって寒中見舞いという形でお知らせをします。

 

寒中見舞いの中に、喪に服しているので新年のご挨拶は控えさせて頂きましたと書いて、年賀状を頂いた方に挨拶をすれば大丈夫です。

寒中見舞いは1月の7日以降に送り、松の内が過ぎた1月の8日から2月の4日までに届くように出しましょう。

 

喪中はがきの印刷はコンビニ出来る?24時間印刷できるお店

急な不幸ですぐに喪中はがきを出さなければいけない時があると思います。

そんな時、自分ではがきを買って文章を書いて…とやるのは大変ですよね。

コンビニやイオンに行くとはがき印刷が出来る機械が置いてあり、そこで喪中はがきというものを選ぶと、文章からイラストまで全部印刷してくれます。

コンビニなら24時間やっているので、急な時にも助かりますね。

ただし注文を受けてから3日から4日ほど印刷には時間がかかりますので、はがきを買ってすぐに使える郵便局や金券ショップとの違いには注意が必要です。

 

印刷を受け付けてくれてるのは、コンビニだとセブン-イレブン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ローソン、ミニストップ。

また、郵便局でも印刷を受けてくれています。

そしてイオンのような総合スーパーでも印刷可能です。

 

喪中はがきの切手の選び方は?

喪中はがきに貼る切手は普通の切手ではなく、弔辞用普通切手というものを選びます。

コンビニでの取り扱いはどこでも扱っているわけではないので、郵便局での購入が確実です。

土日祝日に緊急で出したいときは、土日でも営業している郵便局まで行けば、弔辞用普通切手を購入することが出来ます。

スポンサードリンク