カブトムシを捕まえる罠の作り方。木製の仕掛けやペットボトルを使う方法

夏休み

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 235

いつの時代も夏の時期になると虫取りをする姿が見られますよね!

 

最近では大人もハマっている方が増えているみたいですね。

 

中でもカブトムシは男の人が見るとわくわくするみたいで、

お子さんがいらっしゃるお父さんは子供と一緒になって楽しんでいる姿を見かける事もあります。

 

そこで、カブトムシを捕まえに行こうと考えている方に

カブトムシを捕まえる時の罠の作り方をご紹介いたします。

スポンサードリンク

カブトムシトラップ バナナversion

 

まず用意する物は、

バナナ・・・1トラップに2本くらい

焼酎、ドライイースト、砂糖です。

 

1 バナナを用意し2cmほどに切ります。

 

2 その上から焼酎、ドライイースト、砂糖をかけます。

ドライイーストは発酵を促すため、発酵した臭くて甘い匂いにカブトムシはつられてやってきます。

 

3 よく混ぜます

焼酎がない場合、バナナの糖分とイーストでアルコールが出来るので

それでも代用できます!が、やっぱりあったほうがいいですね!

 

4 発酵させる

ジップロックなどの密封する袋に入れて発酵させます。

半日ほどで袋がぱんぱんになるので、様子を見ながら空気を抜いてまた発酵させます。

 

これでバナナのカブトムシトラップの出来上がりです!!

 

 

カブトムシトラップ スイカversion

バナナは値段も手頃で仕掛けやすいですが、メロンなども効果があります!

 

しかし!値段が高くもったいない!!

 

そこでオススメなのが夏の果物!スイカ!!

 

スイカもバナナと同じ様に仕込むと同様の威力を発揮してくれます!

 

1  食べ終えたスイカの皮をジップロックに入れ焼酎を注ぎます。

この時のスイカはあまりがっついて食べずに少し赤い所を残しておいて下さいね!

 

2  ドライイーストを入れます。

するとスイカは発酵しだすと強烈な匂いがします。

そしてそのまま一晩寝かせると完成です!

スイカは夏に食べる機会も多いのでスイカを食べた後はぜひ試してみてください!

 

後はどちらも木に塗りつけてストッキングや網などを仕掛けておくか、

ペットボトルに入れて木に吊るして仕掛けてみてください!

 

この時、発酵させた果物はとにかく臭いしベタベタするので

直接触れてしまいますと大変後悔しますので、ビニール手袋などを用意しておくと便利です!

 

他にもハチミツやメープルシロップを使用することもできます!

 

メープルシロップは樹液ですので、最強説が出るほど期待大です!!

 

黒蜜を使用する場合は焼酎とブレンドするという方法もあるので参考程度に!!

カブトムシトラップ

以上、カブトムシトラップの作り方をご紹介いたしましたが、

1番大事なのはやっぱり仕掛ける木ですので、

せっかくのカブトムシトラップが無駄にならない様、

樹液を出しすぎる木や、反対に樹液を全く出さない木などを避けて

トラップを仕掛ける様にしてみてください。

 

それではこのカブトムシトラップでカブトムシ捕りを楽しんでください

スポンサードリンク