町田天満宮でおみくじを引ける時間は?駐車場は?アクセス方法

お寺

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 258

東京都町田市にある『町田天満宮』は、地元の町並みにとけこんだ『いい雰囲気』の神社です。

ちょっと参拝しに行ってみようかしら?なんてフラッと立ち寄れてしまう雰囲気。

 

明日のテストで失敗しませんように・・・

なんてお願いしに行ってみようかな??

 

そんな時、ふと思うのが…

『おみくじ』や『御守り』って何時でも入手できるものなの??という疑問。

 

調べてみました!

スポンサードリンク

町田天満宮ってどんなとこ?

tera

町田天満宮が建立されたのは、1580年前後(天正年間)頃といわれています。

1582年(天正10年)に原町田村が本町田村から分村されました。その際に原町田村の鎮守の菅原神社と同じ祭神を祀る神社が、分村に先だって原町田村にも建立されたのではないかという説が有力のようです。

 因みに、現在の神殿は、昭和42年(1967年)に造営されたもの。

菅原道真公を御祭神とし『学問の神様』で知られている町田天満宮ですが、恵比須様を祭ったお社も境内にはある為、合格祈願をはじめ、お宮参りや七五三詣、家内安全・商売繁盛まで様々なご利益を求めて日々参拝客が訪れています。

社殿も立派で、明るい雰囲気の神社だと、地元の人々からもなかなかの評判。

車で訪れる方の為に、無料駐車場もありますよ。

 

予約をすれば、地鎮祭や上棟祭、家のお払いなどの、出張奉仕も受付ているようです。

 

 

 

『おみくじ』や『御守り』は?

omamori

社務所にて毎日頒布されています。

 

 

町田天満宮の公式HPには、『御守り』などが入手可能な時間について、“8:30頃~夕方まで”と記載されているだけで、詳しい時間の表記はありません。

スポンサードリンク

「お祓い」の受付時間が10:00~16:00となっているので、16:00頃までであれば、確実に入手できそうですね。

 

毎月開催『がらくた骨董市』

年中行事が多いのも町田天満宮の特徴のひとつ。

毎月1日には『がらくた骨董市』が開かれ、たくさんのお店が並び賑わっています。

※11月と1月は日程が変更になることもあります。

 

董品に興味がある方は、一度足を運んでみては?

陶器や額縁、着物等、掘出し物が見つかるかもしれませんよ。

 

 

【がらくた骨董市】

開場:町田天満宮境内(東京都町田市原町田1-21-5)

時間:7:00~16:00

 

 

町田天満宮へのアクセス

 

最寄り駅はJR横浜線、小田急線の町田駅です。

 

駅を出てルミネや東急ハンズがある大きな通りを線路沿いに歩いて下さい。

ある程度歩きますと表示がありますので、橋を渡りますと町田天満宮につきます。

 

駅からは10分もかからない近い距離なのでわかりやすいと思います。

 

現地の駐車場は?

町田周辺は駐車場が少ないのでバスや電車で行ったほうがいいのですが、車で行く場合は市営の駐車場や民営の駐車場あります。

初詣シーズンは混雑すると思うので車はおすすめしません。

 

地元の人々に愛されている『町田天満宮』をご紹介しましたが、いかがでしたか?

駅からも近いので、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

2016年町田天満宮のお祭りはいつからいつまで?

2015年は9月の最後の土曜日と日曜日でした。

ですので2016年度も同じ時期に開催される事が予想されます。

 

スポンサードリンク